仏教と実業 (第26回一隅会より)

協和醗酵株式会社 会長
社団法人在家仏教協会 会長
加藤弁三郎氏 (当時の役職)

1972年8月19日、第26回一隅会においてご講演いただきました一隅会速記録をもとに、一部編集をしてお伝えいたします。
本講演内容は、ご自身の仏教とのかかわりをはじめ、仏念や在家仏教協会に関わる内容まで、実業と仏教のかかわりについて深い示唆を与えていただく講演内容です。

【第5回】1.伝教大師と山家学生式 - (5)

 謙遜といえば、伝教大師は非常に謙遜のお方でありまして、この『願文』の中に、これも非常に有名な言葉なのでありますが、これほどの秀才の仏教大師が、自分では「愚が中の極愚」愚かな中でも最も愚か者である。「狂が中の極狂」狂人、頭がどうかしておる。狂った中の大狂いの一人だ。「塵禿(じんとく)の有情(うじょう)」ちりあくたのような、まことに情けない人間。「底下の最澄」いちばん下の、下の下の最澄、つまりおろかな私ということですね。そういうことを言うて、そして謹んでものを申すという態度をとっておいでになるわけでございます。これはけっして形容詞でこう言われたのではないのでございます。それから、こう言わないと政府がなかなか許さんだろう、政府のごきげんをそこねたらいかんということではないのであろうと思います。真にこのように思っていらっしゃる。そうでなければ仏教は実はわからないのでございます。
 仏数というものは、いささかでも自分のほうに値打ちをつけているかぎり、私は絶対にわからぬものだと思っております。ですからこの下の下の最澄謹んで申すというのはそういうところでございます。