入社2年目、邦雄と学ぶ「会社の数字、基礎の基礎」

 “現場”“現物”“現実”の3つの“現”を重視する三現主義の考え方は、机上の空論ではない現実に即した問題解決を図るための戒めとして、JMAが長年にわたって重視してきた考え方です。
 ますます企業経営が複雑化・高度化する中、現実を捉えた問題解決を図るには「会社の数字」に関する知識が必要不可欠な武器となります。
 そこでこのシリーズでは「会社の数字」を利用するに当たり、必要となる知識を分かりやすく解説して参ります。

リースとレンタル(2)

「まずリースとは何か、その仕組みについておさらいしておこうか。リースは提供する側のリース会社が、利用者側の企業が選んだ機械設備等を購入して、その企業に対して比較的長期にわたって賃貸する取引をいうんだ。だから、提供するリース会社がその物件を購入し、その結果物件の所有権は利用する企業側ではなくリース会社側にある点が購入とは異なるが、利用側の企業は必要な物件を比較的自由に選択出来る点では購入と同じだと言える。
 一方レンタルの場合は、利用者側は利用するだけで所有しない点では同じだが、利用側はレンタル業者が予め購入した物件から選ぶしかない。リースは企業が必要とする物件をリース会社が借手企業の代わりに購入した後、貸し出す点が大きく異なるんだ。だから中古・新品であってもリースの対象になるんだが、実際には多くの場合、対象物件は新品になる点も相違点としてあげても良いかもしれない。どうだ?今の説明、お前のリースのイメージと違っている点はあるか?」
「うん。大体合っているよ」
「そうか。ところで、リースにも2種類あることを知っているか?」
「え、そうなの?」
「ああ、『ファイナンシャル・リース』と『オペレーション・リース』の2つがあるんだ」
「その2つは、どこがどう違うの?」
「うん。 ファイナンシャル・リースは解約不能(ノン・キャンセラブル)と、物件から得られるすべての利益を得るとともに、リース物件にかかわるコストをすべて支払う(フル・ペイアウト)という2つの条件を満たすものとされている。つまり、設備機器などの導入のための資金調達を目的とした手段の一つとして文字通り金融としての性格が強いものだといえる。
 一方のオペレーティング・リースは文字通り賃貸借的な色彩が強いリースのことで、リース期間が終わった後の残存価格の設定があったり、中途解約が可能だったりといった点がファイナンシャル・リースとは異なっているんだよ」
「そうか。つまり、ファイナンシャル・リースは購入により近いリースで、よりレンタルに近いリースがオペレーション・リースだということか」
「まあ、そういうことだな。だから会計上の処理も、この2つは異なっていてファイナンシャル・リースでは購入に準じたものになるし、オペレーション・リースではレンタルに近いものになるんだ。例えば、オペレーション・リースでは、対象資産をレンタルの場合と同様、貸借対照表に掲載しない(オフバランス)処理が認められるが、ファイナンス・リースではオフバランス処理は認められないといった違いも出てくる。
 ちなみに期間終了前の解約の際にリース会社に違約金を支払う契約になっていて、総支払額が期間終了まで借りた場合より安くならないような場合は、契約上中途解約の禁止条項がなくても、事実上途中解約は不可能なので、ファイナンス・リースに分類されるので、リース資産のオンバランス処理が求められることになるんだ」
(続く)

<豆知識>

経営分析(財務分析)
収益性分析を行う場合の主な指標(1)

※収益性分析:主に損益計算書のデータを用い、企業の収益性を分析する方法

<売上高利益率:利益/売上高>  損益計算書上の利益と売上高を比較することにより、企業の競争力(収益力)を、他社あるいは経年で比較する際に用いられる指標で、分析の目的によりどの様な利益を用いるかにより、主なものとして以下の指標がある。

1,(売上高)総利益率(粗利率):売上総利益(粗利益)/売上高
 売上総利益率(粗利益率)は、売上高から売上原価(製造原価)を差し引いた売上総利益(粗利益)を分子として計算されるもので、主に原価マネジメントの巧拙を検討するために用いられる。

2,(売上高)営業利益率:営業利益/売上高
 売上高営業利益率は、売上総利益から販売費及び一般管理費を差し引いた営業利益を分子として計算されるもので、提供する商品やサービスの内容と販売組織や本社運営の成果を合せた収益力を示すことから、本業の競争力を示す指標として用いられる。

3,(売上高)経常利益率:経常利益/売上高
 売上高経常利益率は、営業利益から営業外収益を加えて営業外費用を差し引いた経常利益を分子として計算されるもので、本業と財務活動とを総合した収益力を示すことから、会社全体の収益力を示す指標として用いられる。

4,その他の売上利益率
・(売上高)税引前利益率:税引前利益/売上高
・(売上高)当期純利益率 :当期純利益/売上高
・ EBITDAマージン: EBITDA/売上高
  ※EBITDA:Earnings Before Interest, Taxes, Depreciation and Amortization
・ EBITマージン :EBIT/売上高
  ※EBIT:Earnings Before Interest, Taxes
・ NOPATマージン:NOPAT/売上高
  ※NOPAT:Net Operating Profit After Tax