IoT7つ道具®コーナー

IoT7つ道具®コーナーとはOutline

現場で使えるDXツール/サービスを多数展示

企画協力日本能率協会コンサルティング(JMAC)

IoT7つ道具®コーナー
前回IoT7つ道具®コーナーイメージ
IoT7つ道具パビリオン
JMACIoT7つ道具認定製品パートナー17社によるDXツール/サービスの展示を行います。
JMACスマートファクトリー/
DXよろず相談ゾーン
JMACコンサルタントによる、DXやスマートファクトリー構築などのよろず相談ができます。
セミナーゾーン
JMACIoT7つ道具認定製品パートナー17社が、自社のDXツール/サービス紹介・導入事例発表を行います。

PAGE TOP

講演会・セミナーの聴講登録Registration

セミナーの聴講登録の受付は終了となりました。次回のご来場お待ちしております。

PAGE TOP

ミニセミナープログラム※セミナーはオンライン公開致しません。Mini seminar

  • 参加料無料
  • 完全事前登録制
  • 定員
    20名(予定)

※参加方法:完全事前登録制 各セッション完全入れ替え制
※発表会社の都合により、セミナーの中止、または会場・発表会社・テーマ・講演時間が変更になる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
※当日席に空きがあれば聴講頂けます。

(敬称略)

7月20日(水)
10:30

11:00
AIの目で稼働監視!ヒトもキカイも「まるごとIoT」

テクノア

詳細を見る

A-Eyeカメラは、ネットワークカメラで撮影された画像を元にAIが生産設備の稼働状況を判断し、「工場の見える化」を実現するシステムです。
生産設備の操作画面や積層信号灯の点灯状態の画像、ヒトのいる・いないなどの物理的変化の画像などさまざまな画像を認識することが可能です。
中小製造業様の製造現場にあるメーカーや年代の異なる機械や設備でも一元的に稼働データが収集でき、一つのシステムで稼働監視できるため、低コストで導入、ご利用いただけます。
機械や設備の稼働情報をもとにした「稼働率の見える化」だけではなく、生産計画と実績情報をもとにした「生産効率の見える化」が実現可能です。
A-Eyeカメラに蓄積されたデータを活用することにより、標準工数や時間単価の妥当性の分析ができるので、より精度の高い見積の作成も可能になります。
A-Eyeカメラの導入事例をおりまぜながら、製品をご紹介します。

11:30

12:00
ハイスピードカメラで「イベント検知」して自動で撮影するハイスピード監視システム:PhotoCamDetector
PhotoCamDetectorの製品の特長、システム構成、及び使用イメージをご説明致します。

フォトロン

詳細を見る

Photocam Detector は、コンピュータービジョンにより映像からリアルタイムでイベント検知し、イベント発生前後を撮影します。また、設備からの信号入力やタイマーによる定期撮影も併用可能なので、設備の状態監視を行いながら、スーパースローモーション動画を自動的に撮りためることも出来る「ハイスピード監視システム」です。
〔特徴〕
〇発生条件の分からない不具合、チョコ停の早期原因究明!
・コンピュータービジョンでカメラ映像からのリアルタイムイベント検知
・問題発生のプロセスをその場でスローモーション動画で確認できる
〇設備連携で迅速な対応! 問題をさらに詳しく解析できる!
・生産設備にイベント検知を出力!シグナルランプで警告を出し、同時に動画と設備状態も記録
〇誰でもカンタンに使える!
・マウス操作のみで各種イベント検知設定ができる
・超小型カメラだから、どこでも手軽に設置可能

13:00

13:30
「人とシステムの一体化」でスマート工場を実現する
インダストリアルIoTプラットフォームzenon

リンクス

詳細を見る

工場の生産性を向上させるためには、現場と上位とのつながりが非常に重要となってきます。
zenonを導入することで人が行っていた作業のデジタル化を実現し、システムの垂直統合が可能となります。
これにより、人の作業への依存を減らし工場の生産性を高める改善に大きく貢献します。
[高度なデータ収集、蓄積機能]
300種類以上のPLCドライバーを有しあらゆる設備・システムと簡単に接続可能
また、データ保存の柔軟な設定、外部データベースへのエクスポート機能により、効率的なデータ収集・解析に寄与
[スマートフォンやタブレットの活用によるオペレーションの改善]
各装置に取り付けられているHMIや中央監視室のモニタだけではなく、オペレータが携行するタブレットによって設備監視が可能
[豊富なテンプレート群]
チョコ停解析、消費エネルギー量の解析など現場改善から上位層における意思決定のためのレポートを自動で生成

14:00

14:30
企業のDXに貢献するユニークな位置情報システム

ソーシャルエリアネットワークス

詳細を見る

Social Area NetworksのLive Location Serviceは様々なシーンでの様々な位置情報の見える化を実現します。フラッグシップモデルのJcardは4㎜厚、24グラムの薄型、軽量なデバイスで屋内外測位(BLE / GPS)、加速度センサー、NFCを搭載。可視化ソリューションのWork Recorderは「誰が、いつ、どこに、どの程度滞留していたか」を可視化画面上にGantt Chart表示できます。Geofence機能も具備しておりGeofenceを張った場所に入退場するとメッセイジ表示しメール配信も可能にしました。ビーコンをユーザーデバイスとしたシステムもありユニークな4機種のビーコンスキャナー(屋内・屋外型)を配備し様々なシーンに活用が可能です。環境センサー付きビーコンスキャナーは位置測位だけでなくCO2濃度、温度、湿度情報も取得し人にやさしい位置測位システムを実現しました。

15:00

15:30
現場技術・技能伝承用人材育成DX環境構築

創造デザイン

詳細を見る

(1)技能伝承/映像電子マニュアル作成/作業比較分析ソフト
映像編集が短時間で⾏え、既存の⼿順書と映像を紐付けでき、本棚形式で誰でも探し易い環境を⾃社で構築可能。3密を避けたオンラインスキルアップ環境構築可能。作業者16⼈同時分析可能で技術レベルを数値化して、グラフ表⽰しながら作業改善が可能。
(2)遠隔地現場リアルタイム技術支援ソフト
映像圧縮技術が優れており無線LAN(1Mbps)でライブ映像と図⾯・⼿順書の共有ができ、双⽅向⼿書き・会話が可能。遠隔現場の制御装置を遠隔操作可能。強固なセキュリティ環境。国内外の遠隔現場技術⽀援を出張せずにオンライン対応可能な環境・テレワーク環境構築可能。

16:00

16:30
製造業向け稼動率改善ソリューション 
「m-FLIP™」を使った改善事例紹介

村田製作所/SCSK

詳細を見る

村田製作所でも実際に導入活用している製造業のための生産改善プラットフォームです。
ムラタ独自の設備稼働分析ソフトウェアと、現場経験者によるシステム導入と、活用支援サービスがワンパッケージになっており、ものづくり現場の生産性を高めることに貢献致します。

7月21日(木)
10:30

11:00
AI・IoTを活用した先端DXソリューションをご提供

丸紅情報システムズ

詳細を見る

丸紅情報システムズ(MSYS)は、丸紅の「商社」としての側面とITインテグレータとしての側面を併せ持ち、常に国内市場やグローバル市場を調査して、最先端の商材や技術など最新情報を収集しています。
また提案・設計・構築・保守・運用に至るまでワンストップでトータルソリューションを提供しています。
AI・IoTソリューション部では、Beaconなどのセンサー機器やAI・IoTなどものづくりから業務向けのソリューションまで幅広い商材を扱っています。製造・流通・サービス・小売・金融業などさまざまな業界での知見を基に、パートナーソリューションも組合せることでお客様の課題を解決し、業務を改善する先端ソリューションを提供します。

13:00

13:30
お客様のDX推進化を支援!『次世代型』製造業向け基幹システム
~設備IoT・MES情報を収集・可視化し、生産~アフターサービスまでの業務を一元管理~

SCSK

詳細を見る

「atWill」は、業務テンプレートと高速開発ツールのハイブリッド導入を可能とした製造業向け業務システムです。
製造業の生産~販売~アフターサービスまで一元管理するための業務テンプレートと、ローコード開発の機能を持つ高速開発ツールにより、お客様の業務にFitしたシステムを構築します。
本セミナーでは、製造業のDX化を強力に支援する「生産状況の見える化」「MES領域の統合管理」の機能や「アフターサービス」テンプレート、導入事例をご紹介します。

14:00

14:30
作業現場における腰痛原因作業の見える化を実現
-国際的な作業負荷評価基準のOWAS法(オワス法)による分析-

バイオネット研究所

詳細を見る

紹介製品 作業負荷自動計測システムPosCheck(ポスチェック)
製品紹介:PosCheckはAIと3Dカメラを用いた優れた作業負荷計測システムです。
作業者には非接触で、センサーなどを装着することなく立体的に正確に姿勢を計測し、作業負荷を自動判定し記録するシステムです。国際的な作業負荷評価基準でありますOWAS法(オワス法)の負荷基準に基づき4段階の負荷判定を1秒単位で自動で行い画像と共に記録します。このデータにより負荷の高い現場が可視化でき、改善を必要とする作業工程が把握できます。PosCheckは腰痛予防や作業環境の改善に役立つ製品です。

15:00

15:30
セキュアカメラを利用した製造現場での撮影業務効率化事例のご紹介

ジェーエムエーシステムズ

詳細を見る

自動車部品メーカーや半導体メーカー等、多数の製造業で導入いただいている簡単、安全、確実に撮影業務が行えるKAITOセキュアカメラをご紹介いたします。
KAITOセキュアカメラは、スマートフォン端末に専用アプリケーションをインストールするだけで利用可能で、撮影した情報(静止画、動画)は即時サーバに送信、関係者に共有が可能です。送信後、撮影データは端末から自動消去されます。お客様の要件に合わせてオンプレミスタイプ、クラウド(SaaS)タイプを用意しています。
研究開発部門や製造部門での各種撮影シーンで、情報漏洩リスクの低減や業務効率化を実現した導入事例を中心に、KAITOセキュアカメラの各種機能について、ご紹介いたします。

16:00

16:30
現場改善は即効性のあるスマートグラスで!

ウエストユニティス

詳細を見る

現場のDXを加速させる産業用スマートグラスソリューション!
遠隔地にある現場の状況を作業者目線のカメラ映像と音声通話により的確に現場をサポート、要領書に沿った作業を行うことで作業の標準化、作業エビデンスや実績の蓄積を行うことが可能。
●産業用スマートグラス「InfoLinker3」
4GLTE通信機能を搭載、防塵防水性能、音声コマンドによるハンズフリー操作、使用中のバッテリー交換による長時間使用など、産業用として必要となる機能を実装した日本製産業用スマートグラスです。
●遠隔支援ソフトウェア「LinkerWorks」
ビデオ通話時のペイント機能、スマートグラスの遠隔操作、複数人でのグループ通話機能、作業要領書に沿って作業を行うことで作業履歴を保存できる機能、通信ができない状態での写真動画の撮影、端末内のデータを閲覧する機能など遠隔支援に必要となる機能が実装されたソフトウェアです。

7月22日(金)
10:30

11:00
工場の生産設備を今のままでモニタリング「Quick IoT」

イーエルシステム

詳細を見る

メーカーや機種、装置の古さなどの制約なく、全ての稼働している製造装置から、生産数や停止時間、稼働状況などのモニタリングと記録を可能するQuick IoTを紹介します。
<製品の特徴>
1.導入簡単 -製造装置1台ごとに対応-
設置済装置に対応 / 装置メーカーを選ばない / 古い装置にも対応
2.低コスト
装置の入れ替え不要 / 月額コスト不要 / 追加工事不要
3.充実したデータ収集
装置の稼働状態がわかる
可動率の集計ができる
品番毎の実績サイクルタイムの集計ができる
停止理由の集計ができる
4.充実したデータ活用方法
リアルタイムデータの表示
ブラウザ表示で表示機器を選ばない(PC、スマホ、タブレット等)
エクセルで詳細分析ができる(csv出力)
基幹システムとの連携もできる(オプション)
5.多様なデータ入力方法
接点、光センサ、工業用センサ、電流センサ、バーコードリーダー 

11:30

12:00
スマホでできる点検効率化。管理業務の90%削減も可能
点検業務のDX、CHECKROID(チェックロイド)のご紹介

SCSK北海道

詳細を見る

巡回・点検業務では、人が紙のチェックシートを使って点検結果を記録しているケースが少なくない。
これらの業務を電子化すれば、点検の見える化や効率化が可能になるだけでなく、点検データの分析により生産性向上・品質向上のヒントが得られる。
製造業、電気・ガス事業、不動産業向けの巡回・点検ソリューション、CHECKROIDは2022年度で10,000ライセンスを突破!

13:00

13:30
Apple Watchを使って従業員の安心・安全を見守る
~工場DXを支援サービス「Factory Aile」とは~

アツラエ

詳細を見る

「Factory Aile」は、三菱ガス科学株式会社 水島工場様との実証実験により誕生したApple Watchで従業員の安心・安全を見守るサービスです。
従業員のヘルスケアデータを取得し、体調異常や転倒検知を自動化。
毎日の健康状態も継続的にモニタリングします。
本サービスが生まれた背景やできること、「Factory Aile」が現場で働く人にウェルネスをどうやってもたらすのかをご紹介します。

14:00

14:30
工具や計測器から始める、IoT機器やRFID装置、ICタグを活用した重要資産の管理方法や製造業やインフラメンテナンス業の活用事例
-保全・安全管理部門の方にはお勧め-

セールスワン

詳細を見る

製造業/インフラメンテナンス業の保全・安全管理ではの工具や計測器等の業務管理の課題を解決。
120社以上に導入された、製造業/インフラメンテナンス業向けの持出・返却管理に特化した「工具ONE」
課題1 管理用の用紙に記入したり、Excelへ入力する作業があり大変
記入忘れ、記入漏れ、入力間違い等、煩雑な作業を減らしたい!
課題2 現場ごとに、工具の廃棄計画や予算計画を立てることが難しい
各拠点、グループ会社等で共有資産として管理し、無駄な投資を抑えたい!
課題3 紛失管理ばかりで、校正管理や稼働管理を行えない
Tool Lifecycle Managementの概念を取り入れ、節税対策や監査対応に繋げたい!

15:00

15:30
簡単に「人の見える化」を実現して現場の改善を支援するデジタルツールのご紹介

イーアールアイ

詳細を見る

InQrossカイゼンメーカーは、工場や倉庫等で働く作業者の滞在位置や動作状況を簡単に「見える化」するデジタルツールです。
低価格で現場ですぐにに導入できることを特徴としていて、当社の屋内位置測位技術(特許取得済)を用いた画期的なシステムです。
アプリでは移動する人の「位置」、「滞在時間」、「歩数」、「運動量」、「作業状態」を見える化してリアルタイムに表示します。(※作業状態は停止中、作業中、歩行中の3種類が分かります。)
また、チャートやグラフによる様々な分析機能を持っていますので、市販のBIツールが無くても簡単に作業者の位置情報と動作情報を分析できます。外部ソフトへの連携機能も付いています。

16:00

16:30
作業進捗を見える化
~リアルタイム進度管理の手法~

シーイーシー

詳細を見る

スマートデバイスで簡単・手軽に作業計測する製品「SmartLogger」をベースに作業記録の手法とデータ活用例やその先の予実管理までの展望をお話しします。
SmartLogger(スマートロガー)は、タイムスタディや連続稼働分析などのIE分析を効率化し、人の作業の見える化により、製造や物流現場の生産性向上を支援するシステムです。
スマートデバイスの画面をタップするだけで、作業開始/終了時刻、作業内容などの作業者実績データを簡単・手軽に収集できます。
これを設備やモノのデータと紐づけて分析することで、作業動作のムダや生産プロセスにおけるロスを顕在化し、製造現場に求められる継続的な改善活動をバックアップします。

PAGE TOP