第10回 素材展(仮称)

素材展(仮称)とはAbout

  • 素材展(仮称)とはどんな展示会ですか?
    わが国の素材産業は、新興国企業の台頭により、製品のさらなる高付加価値が求められている。
    また、一方で、石油価格の高騰や資源の枯渇など地球規模の問題を解決するための手段として、またあらゆる商品の
    省エネルギー化を進めるために、高機能素材は、用途拡大が見込まれている。『素材イノベーション(旧:先端材料展 
    イノベーション・プロダクツ)』では、エネルギー、環境、エレクトロニクス、自動車・部品、ライフサイエンスなどの
    分野・用途に焦点を絞り、有機・高分子材料から複合材料、セラミックス、金属、バイオミメティック(生体模倣技術)までの各種機能性材料に焦点をあて、各種材料利用技術者の課題解決の支援を通じて機能性材料の用途開発、用途拡大など販売促進とユーザーニーズの把握を目的としたテストマーケティング促進を通じて新しいビジネスチャンスの場として開催する。
  • どのような製品・サービスが出展しますか?
    各種高機能材料・部材・部品をはじめとして、制御・計測、分析・ラボ機器、安全機器・装置、
    マイクロ化学プロセス&デバイス、化学機械、粉粒体機器、流体輸送機器、プラント部材、プラント付帯設備、化学品物流機器の出展を募集しています。 出展対象の詳細はこちら

PAGE TOP

出展対象・来場対象Target

出展対象

  • 下記(1)〜(7)の各分野・用途の以下のような各種高機能材料・部材・部品 (1)エネルギー
    (2)環境
    (3)エレクトロニクス
    (4)情報通信
    (5)自動車・部品
    (6)ライフサイエンス
    (7)その他
    • 高分子材料、有機材料、無機材料、金属材料、セラミックス材料、炭素製品、ハイブリッド材料、ナノテク関連材料、インテリジェント素材、コーティング材料、セパレ ートマテリアル、ウレタン材料、電池関連材料、液晶材料、有機EL材料、光触媒関連素材、耐熱性素材、導電性材料、発光材料、機能性色素、表示部材、プラスチック成型品、膜関連材料、化学繊維、不織布、無機繊維、高機能樹脂、工業用薬品、フィルム材、シート材、合成ゴム、添加剤、界面活性剤、土木建築材料、レアメタル代替材料、レアアース代替材料、バイオミメティック(生体模倣技術)関連材料

来場対象

  • 環境、エネルギー、エレクトロニクス、情報通信、自動車・部品、ライフサイエンスなど各分野の材料利用技術者をはじめとした製品設計者、加工技術者、購買担当者

PAGE TOP

PAGE TOP