INCHEM TOKYO 4つの強みStrength

  • POINT01
    50年以上継続開催してきた信頼と伝統!

    1966年から日本企業の強みを活かした技術開発力、設計力を国内外に継続発信!出展リピート率約70%。約300社以上、900ブース以上の業界関係者が集結。

  • POINT02
    国内第2位(出荷額約40兆円)の化学・プロセス産業に特化!

    国内の雇用86万人を確保し、全製造業の約14%を占める化学プロセス産業に加え、食品・医療のプロセス産業まで網羅した日本で唯一の展示会。

  • POINT03
    来場者増のために講演セミナーがパワーアップ!

    各ゾーンと連動させた関連セミナーを開催。2019年は講演会場を698m2から1,044m2拡大/!(300名収容規模が3会場)SDGs、ビッグデータ活用など時流に合わせた豊富なテーマを企画中!!

  • POINT04
    販路が拡大、世界へのゲートウェイ!

    アジア、欧米等の展示会主催団体と協力、日本の化学・プロセス産業に関心を持つ海外来場者を動員。日本にいながら海外の専門家と商談・情報交換ができます。前回は32ヶ国/377名の海外来場者が来場、今年は500名以上の来場を目指します!

  • 工場の写真
  • 研究している様子
  • ひらめいた様子
  • 楽しく研究している様子

INCHEM TOKYO 2017:来場者内訳

業種
来場者の役職グラフ
職種
次回のご出展グラフ
役職
次回のご出展グラフ

来場者からも高評価!

「化学×プロセス産業における関心テーマ アンケート調査」(抜粋)
調査期間:2018年10月17日(水)〜26日(金)

男性アイコン

新商品・新技術の情報収集,業界の潮流の把握をしたいと考え参加した。
事前に、水処理製品技術,廃液廃棄物処理,蒸留分離技術が出展しているのを確認した上で、機器メーカー開発あるいは技術担当に直接、要望を伝えられたこと、また、問題点の解決に、アドバイスをいただけたことがよかった。

業種:化学 /従業員:300名未満 /課長クラス 60代 /購入金額1,000万円未満

関心のあるセミナーがたくさんあったので、毎回参加している。
特にプラントの生産性向上や合成技術、その他に滅菌クリーン技術製品、ビックデータの活用状況など、出展企業の方から製品の情報や業界の情報が得られるのがありがたい。

業種:食品・医薬 /従業員:1,000名以上 /課長クラス 50代 /購入金額1億円以上
女性アイコン
女性アイコン

プラントの保安技術やプラントの設備機器に関心があり参加しました。
展示物やその後の面談から発想される技術もあり、カタログでは見えない部分も紹介いただいて参加して良かったです。

業種:産業機械・機械部品 /従業員:300名以上 /一般社員 30代 /購入金額100万円未満

前回出展者からのご意見Performance

前回出展者の約80%が次回出展・検討すると回答!次回のINCHEM TOKYO2019への出展検討状況についてお聞かせください。
男性アイコン

『前回、同じく主催する「INCHEM TOKYO 2017」に出展した際、 出展直後に契約が成立しました。出展の効果はすぐに見込めることが魅力です。』

業種:プラントエンジニアリング 企画部/従業員:1,000名以上/資本金:100億円以上

『これまでの営業の仕方では会えなかった人に会える、という部分が非常に大きなメリットになっています。
特に、西日本の地域の方や、北海道のお客様からもお声がけをいただけているので、大変ありがたく思っています。 』

業種:プラント解体・計測 企画部/従業員:300名未満/資本金:4億円以上
男性アイコン
男性アイコン

『お付き合いのなかった企業の担当者様と、知り合えているという実感があります。つながりのなかった部分に、新しいつながりができるのが大きなメリットになっていると思いますね。 』

業種:プラント水処理 事業部/従業員:1,000名以上/資本金:80億円以上

『この会場には弊社の工場や廃棄物処理業者といった、弊社の主要な顧客層に多数ご来場いただくことができ、満足しています。
また、幅広い業界・業種の方々にお越しいただけますので、業界のトレンド把握と情報収集の為に時間をつくって他社のブースを積極的に見て回るようにもしています。
特にこれから動きそうな分野ですとか、将来的にどのようなニーズがあるのかを日ごろから調べておくことは、営業の武器になります。』

業種:産業廃棄物処理 営業部/従業員:80名以上/資本金:5,000万円以上
男性アイコン

PAGE TOP

スマートエンジニアリング展(2018年度)の動画Movie

PAGE TOP

PAGE TOP