講演会


会場
東5ホール内
座席数
150席
事前登録
聴講無料

3日間にわたる店舗・商業空間デザインをテーマにした講演会です。
業界における最新情報・知識などインプットの機会として活用ください。

11月15日(水)


11:00

12:00

美しいをデザインする
~フラワーデザインから提案する上質な空間とは~

今野 亮平

今野 亮平
株式会社ベル・フルール
代表取締役/フラワーデザイナー
ジャパンディスプレイクリエイターアカデミー講師・JDCA協会・賛助会員

上質な暮らしへの関心が高まる今、「美しいをデザインする」をテーマに、自然美からインスパイヤされたフラワーデザインや、日本の美意識が感じられる苔やグリーンを使ったアレンジメント事例をご紹介します。最新のフラワーデザインとともに、上質な空間へと昇華させる空間コーディネートについて学べるセミナーです。

12:30

13:30

GINZA SIX ~東京の新たな磁力~

栗原 弘一

栗原 弘一
森ビル株式会社
執行役員
営業本部 商業施設事業部
統括部長

1959年生まれ/東京都出身

1982年
早稲田大学 理工学部 建築学科 卒業
1982年
森ビル(株)入社
以降、一貫して同社の再開発プロジェクトの企画・開発業務を担当。
1998年
(株)ヴィーナスフォートへ出向
以降、商業施設の開発・運営業務を担当。
2005年
(株)ヴィーナスフォート 代表取締役社長
2013年
森ビル(株)営業本部 商業施設事業部 統括部長
(株)ラフォーレ原宿 常務取締役(現任 兼務)
2014年
森ビル(株) 執行役員(現任)
2015年
GINZA SIXリテールマネジメント(株) 取締役(現任 兼務)
14:00

15:30

ブランドイメージを打ち出すカフェの空間づくり

加藤 匡毅

加藤 匡毅 氏
Puddle株式会社 代表

横川 正紀

横川 正紀 氏
株式会社ウェルカム 代表

塩田 健一

塩田 健一 氏
月刊商店建築 編集長

11月16日(木)


11:00

12:00

私とVMD
〜ディスプレイ業界の現在・過去・未来〜

井上 太久哉

井上 太久哉
株式会社 デコレートデザイン・トミー(創業50年を越える老舗のディスプレイ会社)
代表取締役/1級商品装飾展示技能士(厚生労働省国家資格)
JDCA協会・賛助会員

商品を引き立てる影の立役者、ディスプレイ業界を影で支える「黒子」としての30年を踏まえ、陳列、装飾と言われていた時代から「ディスプレイ」として脚光を浴びたバブル時代、そして戦略の時代に問われ続けている今の「VMD」との関わりまでを紐解きます。ディスプレイ業界を振り返りながら、未来を示唆するセミナーです。

12:30

13:30

商業店舗と住空間の照明デザイン

内木 宏志

内木 宏志
株式会社ナイキデザイン事務所
代表取締役 照明デザイナー
日本照明学会会員 IALD国際照明デザイナーズ協会(北米) プロフェッショナル会員
IALD-J 日本国際照明デザイナーズ協会 理事 青山学院大学 総合文化政策学部 エリア文化論担当講師

1969年
横浜市本牧に生まれる。
1990年
KOIZUMI LCR光環境研究所入社
1991年
華道 草月流 勅使河原宏家元 男子専科に入門し、造形表現と光をテーマに創作開始。
1995年
フリーの照明デザイナーとして独立、建築・インテリア・プロダクトなど、照明に関わる全てのフィールドで活動開始。
2006年10月
株式会社ナイキデザイン事務所設立。
GOOD DESIGN AWARD(日本デザイン振興会)グットデザイン賞 IESNA(北米照明学会)国際照明デザイン賞
Section Award DSA(日本空間デザイン協会)空間デザイン賞 など数々の賞を受賞。
ナビゲーター
長根 寛
(アカリ・イマージュ実行委員会 代表 照明デザイナー)
15:30

16:30

渋谷における東急の開発事業

三木 尚

三木 尚
東京急行電鉄株式会社
都市創造本部 開発事業部 渋谷開発一部・統括部長

昨今、渋谷駅周辺の再開発が本格化しています。まちづくりの中 心的存在のひとりである東急電鉄として、渋谷のまちをどう捉えたか、まちづくりの方向性、実際の基盤整備内容、各街区で の開発内容などを紹介します。

1990年 3月
早稲田大学理工学部建築学科卒業
1990年4月
東京急行電鉄株式会社入社
2006年4月
同 渋谷開発本部事業開発部 主幹
2007年12月
同 渋谷開発本部企画創造部 課長
2008年4月
同 開発事業本部渋谷開発事業部開発第一部 課長
2009年4月
同 都市生活創造本部渋谷開発事業部開発第一部 課長
2010年10月
同 都市生活創造本部渋谷開発事業部開発部 課長
2012年4月
同 都市開発事業本部渋谷開発事業部事業計画部 課長
2013年4月
同 都市開発事業本部渋谷開発事業部開発第二部 課長
2013年10月
同 都市開発事業本部渋谷開発事業部開発第二部 統括副部長
2014年4月
同 都市開発事業本部渋谷開発事業部開発第二部 統括部長
2016年10月
同 都市創造本部開発事業部都心開発部 統括部長
2017年4月
同 都市創造本部開発事業部渋谷開発一部 統括部長

11月17日(金)


11:00

12:00

~五感空間ディレクターが考える~
新時代VMD+フォトジェニックな店舗空間づくり

大髙 啓二

大髙 啓二
フォーハーツ株式会社
代表取締役/VMD+五感空間ディレクター
ジャパンディスプレイクリエイターアカデミー講師・JDCA協会理事

VMDの専門家として、大型商業施設を初めさまざまな業種の店舗を魅力的に見せる大髙啓二氏。昨年ニューヨークで視察した情報を店舗・施設・環境といった視点で、今求められるリアル店舗の新たな価値や魅力について事例を交えながらご紹介いたします。今後の価値空間づくりのヒントとなるメッセージをお伝えいたします。

12:30

13:30

商業施設における空間ライティングと特注照明の関係《HOTEL》

金田 篤士

金田 篤士
株式会社ワークテクト
代表取締役 デザイナー
IALDプロフェショナルメンバー、日本照明学会会員。

照明デザイン・コンサルタントオフィスWORKTECHTの設立は、1994年。
前職のホテルプロジェクトマネージメント時代に、世界中の建築家・インテリアデザイナー・照明デザイナーと共に数多くのホテルを立ち上げてきた経験がきっかけとなる。
1980年代後半~90年代における日本の照明デザインといえば、建築ファサードのライトアップが主流で、ホテル等のインテリア照明は海外からの照明デザイナーが多く起用されていた。
そこで、いずれ日本国内でのインテリア照明デザインが大きな価値を持つ、とWORKTECHTを設立。
現在では、国内プロジェクトのみならず、海外企業とのプロジェクトも数多く手掛ける。
2010年には香港オフィス、2014年にはアフリカオフィス、2017年には台湾オフィスを新たに立ち上げ、更なる活動の幅を広げる。

ナビゲーター
長根 寛
(アカリ・イマージュ実行委員会 代表 照明デザイナー)
14:00

15:00

空間デザインを通じた新しい価値観の創出

鬼木 孝一郎

鬼木 孝一郎
株式会社鬼木デザインスタジオ
代表

京都の町家を改装した「エルメス祇園店」、GINZA SIX内のギャラリー「Artglorieux」、日本ブランドに拘ったセレクトショップ「STUDIOUS」を中心に、空間デザインを通じて新しい価値観の創出を目指した事例を紹介いたします。

1977年東京都生まれ。
早稲田大学大学院卒業後、株式会社日建設計勤務。
その後、有限会社nendo入社。10年間に渡りチーフディレクターとして国内外の空間デザインを手がける。
2015年、鬼木デザインスタジオ設立。
2017年、株式会社鬼木デザインスタジオに組織変更。
建築、インテリア、展示会の空間デザインを中心に多方面にて活動。
Singapore interior design award 金賞受賞(2017)
A+Award 審査員賞受賞(2017)

15:30

16:50

「快適なサード・スペース」で集客する新しい商業施設のトレンド

百瀬 伸夫

百瀬 伸夫
中心市街地商業活性化アドバイザー、静岡市まちづくりアドバイザー、町田市街づくりアドバイザー
武蔵野美大建築学科卒 (株)電通にてスペース開発部長、電通スペースメディア研究会、電通集客装置研究会を主宰、その後(株)ロッテ専務取締役。ロッテグループのホテル・百貨店・SC・飲食チェーン・アミューズメント施設・劇場・映画館、ネットビジネス等の開発をサポート。現在、一般社団法人IKIGAIプロジェクト理事、一般社団法人日本ガーデンセラピー協会顧問、テンポロジー未来コンソーシアム(株)代表取締役。著書に『新・集客力』他がある。

モノを買う場所から、時間を過ごす場所へ、商業施設の役割が変化する中、街と店舗をつなぐ第3の空間利用に、新たな活路があります。都市と商業空間のあり方を、みせづくりとまちづくりの視点から探ります。

※発表者の都合により、セミナーの中止またはテーマが変更になる場合がありますのでご了承ください。