インフォメーション & トピックス


日本能率協会(JMA)では、「個人の成長・組織御活性化・組織の広がり(社会性)」を同時実現することにより、社会価値を創造していく経営の在り方として、「KAIKA経営」を提唱しています。
このたび、国連グローバル・コンパクトボードメンバーで元富士ゼロックス社長の有馬利男氏(写真右)と、長期投資の代表的企業、コモンズ投信創業者渋澤健氏(写真左)らが、『未来志向の経営のあり方』を伝授する「新価値創造にむけた KAIKAな企業・組織づくり 研究フォーラム」を10月より開催します。

開催概要
参加対象:経営企画、CSR、事業開発、人事等の幹部およびその候補者
会  期:2017年10月〜12月(3回会合、合計3日間)
会  場:東京都内を予定
参加費用:会員企業
【1名参加】15万円(税別)【2名参加】24万円(税別)

詳細は、下記サイトをご覧ください。

http://kaikaproject.net/forum201710/