ニュースリリース

日本最大級の病院・福祉設備に関する展示会 『HOSPEX Japan 2009』

資料配布先:厚生労働省記者会/厚生日比谷クラブ/東商記者会
2009年11月02日

報道関係各位

社団法人日本能率協会

日本最大級の病院・福祉設備に関する展示会 『HOSPEX Japan 2009』

新型インフルエンザはじめ感染対策の展示がさらに充実  11月11日開催迫る!

社団法人日本能率協会(JMA、会長:山口範雄)ならびに一般社団法人日本医療福祉設備協会(HEAJ、会長:大道 久)は、2009年11月11日(水)〜13日(金)の3日間、東京ビッグサイト(有明・東京国際展示場)にて『HOSPEX Japan 2009(ホスペックスジャパン)』を開催する。1975 年の初開催以来34 回目となる今回は、感染防止対策製品、病棟設備、ICU設備などを取り扱う226社(435小間)が出展する。
本展示会は最新の医療関連設備・機器などの展示紹介に加え、医療経営など業界が抱える課題に呼応した企画コーナーを設け、医療業界に向けた幅広い情報の発信を目指している。
今回は、集中展示企画として「感染対策」「病院のセキュリティ対策」「CO2削減対策」の3テーマで特集を設けた。なかでも、現在最も関心の高い感染対策特集には44社(84小間)が出展参加し、病院・介護福祉施設などにとっては関連製品・サービスを一度に比較・検討できる内容となっている。
感染対策特集内の「新型インフルエンザ対策コーナー」には、新型インフルエンザウイルス(H1N1)を4時間で100%分解・除去することを世界で始めて実証した空気清浄機(ダイキン工業)、インフルエンザ発生時の初動体制を迅速に進めるための感染症対策用資材・陰圧式エアーテントシステム(伊藤忠商事)、高密度ポリェチレン製不織布を使用したタイベックソフトウェア防護服(旭・デュポン フラッシュスパン プロダクツ)などの出品が予定されている。
また、本集中展示企画内では無料のミニセミナーを連日開催し、出展者のプレゼンテーションにより新製品や新サービスの詳細な説明を行う。ここでは、ウッドノート(共催 : ヘルスケアーテック)、キッコーマン食品、大幸薬品、ピーエス、モレーンコーポレーションなど、開催3日間で27社のプログラムが開かれる。
なお主な来場者として、病院・診療所、介護・福祉・保険サービスのほか自治体などを予定しており、現在公式ホームページ(http://www.jma.or.jp/hospex)にて入場料1,000円が無料になる入場事前登録を受け付けている。

展示会概要(2009年10月30日現在)
■名称:『HOSPEX Japan 2009(ホスペックスジャパン)
■会期:2009年11月11日(水)〜11月13日(金)10時〜17時
■会場:東京ビッグサイト(有明・東京国際展示場)東4・5ホール
■主催:一般社団法人日本医療福祉設備協会、社団法人日本能率協会
■展示規模:226社/435小間
■予定入場者数:35,000名
■来場対象:病院・診療所、介護・福祉・保健、官庁・自治体・団体、教育・研究機関、建築・設計・商社・ディーラー、メーカー、シルバーサービス事業者、医療関連サービス事業者など
■入場方法:¥1,000(税込)
※ただし、展示会入場券、Web事前登録証持参者は無料。
 ニュースリリース全文 -->  (2000.8KB)

 

【本件に関するお問合せ先】
HOSPEX Japan事務局 担当:金井、内田
  TEL:03-3434-1988 / FAX:03-3434-8076
E-mail:hospex@convention.jma.or.jp
ホームページ:http://www.jma.or.jp/hospex
〒105-8522 東京都港区芝公園3-1-22(社)日本能率協会内
  広報室 担当:亀山、丸田
TEL:03-3434-8620 / FAX:03-3433-0269
※取材のご希望がございましたら、事前に上記までご連絡ください。
※記事掲載の際は、見本誌を一部上記宛にお送りくださいますようお願い申しあげます。

 

 Adobe Reader
Adobe ReaderPDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。