ニュースリリース

CeMAT(セマット) 2018(国際イントラロジスティクス専門展示会)2018年4月23〜27日、独・ハノーバーで開催


2017年08月04日

報道関係各位

一般社団法人日本能率協会 ドイツメッセ日本代表部

CeMAT(セマット) 2018(国際イントラロジスティクス専門展示会)2018年4月23〜27日、独・ハノーバーで開催

次回は製造業向け専門展示会であるハノーバーメッセと同時開催、サプライチェーンを一気通貫で見せる初めての試み


 物流の展示会として世界最大規模を誇る「CeMAT 2017(セマット)」が、2018年4月23日〜27日までの5日間開催されます。前回2016年には、世界44カ国・地域から約950社が出展、70カ国・地域から約36,000名が来場しました。
 従来、CeMATは偶数年5月に単独開催していましたが、次回2018年度は4月に会期を移し、製造業向けの専門展示会である「ハノーバーメッセ」と同時開催します。流通業と製造業という、異なる分野の展示会が同時開催することにより、来場者はサプライチェーンを一気通貫で見ることができ、また出展者にとっても、製造業という新たな来場者層の増加が見込まれます。
 サプライチェーンのデジタル化に対する関心の高まりを受け、次回は「Logistics 4.0」をテーマにした特別展示「Logistics 4.0 Experience Hub」を設置。オーダーピッキング(Jungheinrich社)、バキューム技術を使った製品ハンドリング(SMI Handling Systems社)、荷下ろし・パレット積載にかかるソリューション(Copal Handling System社)、認証ソリューション(Pepperl + Fuchs社)、拡張現実ソリューション(Unimax社)をはじめ、流通分野における輸送、出入庫、製造、保管、ピッキング、包装に関する最新の技術・製品が展示され、企業によるプレゼンテーションも予定されています。

【開催概要】※2016年度実績

  名  称 :「CeMAT 2018」(セマット)
  会  期 :2018年4月23日(月)〜27日(金)
  会  場 :ドイツ・ハノーバー国際見本市会場
  出展企業数:44カ国・地域から約950社
  日本企業数:9社(海外現地法人含む)
  来場者数 :約36,000人

※出展申込の早期割引締切は9月15日(金)。小間割は締切終了後の9月下旬から始まるため、
 良い小間位置を確保するためにはお早目のご検討をお勧めします。
 出展に関する問い合わせは、下記事務局まで。
 ニュースリリース全文 -->  (361.1KB)

 

【本件に関するお問合せ先】
 一般社団法人日本能率協会 ドイツメッセ日本代表部
 担当:竹生(たけお)、橋本(はしもと)、大津(おおつ)
 〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-2-2 住友商事竹橋ビル14階
 TEL: 03-3434-6447 / FAX: 03-3434-8076 / E-Mail: DMS@jma.or.jp
 ※取材のお問い合せは、広報室(TEL:03-3434-8620、担当:斎藤)へお願いいたします

 

 Adobe Reader
Adobe ReaderPDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。