ニュースリリース

高付加価値トマトの生産・流通のための最新技術を一堂に展示する「トマト・イノベーション」を初開催


2017年07月03日

報道関係各位

一般社団法人日本能率協会 産業振興センター

高付加価値トマトの生産・流通のための最新技術を一堂に展示する「トマト・イノベーション」を初開催

農業生産と青果物流通技術の専門展示会「アグロ・イノベーション2017 」特別展示


 一般社団法人日本能率協会(JMA、会長:中村 正己)は、2017年10月4日(水)〜6日(金)に、東京ビッグサイト 東7ホールで、農業生産と青果物流通技術に関する専門展示会「アグロ・イノベーション2017」を開催します。その中で、今回初めて高付加価値トマトの生産と流通に関する最新技術を紹介する特別展示「トマト・イノベーション」を開催することとし、同特別展示への出展者を募集します。農産品分野の国際競争が激化する中、本特別展示では国内最大の施設園芸作物であるトマトに特化して、生産から流通に至る最新技術・製品(約70ブースを予定)を一堂に会して関係者間の交流を促進し、トマト市場ひいてはアグリビジネス業界振興の契機となることを目指します。
 本展示の出展ブース料金(税込)は、1ブース(間口・奥行2.97m×高さ2.7m )あたり日本能率協会会員が37万8,000円、会員外は43万2,000円。出展申し込み締め切りは2017年7月24日(月)。お申し込みは日本能率協会(TEL:03-3434-1988)まで。

 ※詳細は下記全文PDFをご覧ください。

名  称:トマト・イノベーション(http://www.jma.or.jp/ai)
     (アグロ・イノベーション2017内 特別展示)
会  期:2017年10月4日(水)〜6日(金)10:00〜17:00
会  場:東京ビッグサイト 東7ホール
主  催:一般社団法人日本能率協会
予定規模:トマト・イノベーション:30社/70ブース
     (アグロ・イノベーション2017全体では150社/200ブースを予定)
出展募集製品:トマト生産および流通にかかわる製品・サービス(詳細は次頁ご参照)
来場予定者数:12,000人(合同開催展「アグリビジネス創出フェア」含む)
合同開催展 :アグリビジネス創出フェア
同時開催展 :JAPAN PACK 2017 (東1〜6ホール)
出展料金  : 日本能率協会会員:378,000円/1ブース(間口2.97m×奥行2.97m×高さ2.7m)
(税込)      協賛団体会員:388,800円/1ブース(間口2.97m×奥行2.97m×高さ2.7m)
             会員外:432,000円/1ブース(間口2.97m×奥行2.97m×高さ2.7m)
       農業参入受入自治体:291,600円/1ブース(間口2.97m×奥行2.97m×高さ2.7m)
申込締切:2017年7月24日(月)
 ニュースリリース全文 -->  (303.8KB)

 

【本件に関するお問合せ先】
 アグロ・イノベーション事務局 
 一般社団法人日本能率協会 産業振興センター(担当:栗橋、山口、肥本、田中)
 〒100‐0003 東京都千代田区一ツ橋1-2-2 住友商事竹橋ビル14階 
 TEL: 03-3434-1988/FAX: 03-3434-8076
 ※取材に関するお問い合せは、広報室(担当:斎藤/TEL:03-3434-8620)へお願いします。

 

 Adobe Reader
Adobe ReaderPDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。