ニュースリリース

「和食産業展2017」3月7〜10日、幕張メッセでFOODEX JAPAN 2017と同時開催


2017年02月08日

報道関係各位

一般社団法人日本能率協会 産業振興センター

「和食産業展2017」3月7〜10日、幕張メッセでFOODEX JAPAN 2017と同時開催

和食に関する食品、飲料、テーブル・キッチンウェア、厨房設備の専門展示会


 一般社団法人日本能率協会(JMA、会長:中村正己)は、2017年3月7日(火)〜10日(金)に、幕張メッセ(千葉県千葉市)で、「和食」に関連する食品・飲料、調理機器、食器などを集めた展示・商談会、第3回「和食産業展2017」を開催します。
 本展は、歴史と伝統のある和食文化の継承と発展、および海外への和食文化の普及を通し、わが国の食品・飲料をはじめとする関連産業のさらなる振興を図ることを目的として開催いたします。2013年に和食がユネスコの無形文化遺産に登録され、一昨年開催されたミラノ万博でも日本館に長蛇の列が出来るなど、今、世界的に和食文化に対する関心が高まっています。
 また、2016年の訪日外客数は前年比21.8%増の2,403 万9 千人(日本政府観光局(JNTO)調べ)となり、過去最高を記録するなど、訪日外国人に向けた和食ビジネスにも追い風が吹いています。
 こうした背景から、3回目となる今回は59社が、農産品、水産・畜産品、調味料、厨房機器、調理器具、食器などを紹介します。
 あわせて、和食分野の第一線に立つ料理人や専門家らが、和食の魅力と最新動向などを披露する「和食ステージ」を開催します。会期4日間で、国内外のフードサービス、ホテル、流通、商社など関係者5万名の来場を見込んでいます。
現在、公式ホームページhttp://www.jma.or.jp/washokuにて、展示会への入場登録料5,000円が無料となる招待状請求を受け付けています。

 みどころの詳細は下記全文PDFをご覧ください。

<開催概要>
展示会名:和食産業展2017
主  催:一般社団法人日本能率協会
企画協力:一般社団法人国際観光レストラン協会
後  援:農林水産省
協  賛:公益社団法人日本全職業調理士協会
開催期間:2017年3月7日(火)〜10日(金) 10:00〜17:00 (最終日は16:30まで)
会  場:幕張メッセ11 ホール
予定展示規模:59社/80ブース ※共同出展含む 2017年1月31日現在 (前回58社/81ブース)
来場方法:¥5,000(税込) ※招待券持参者は無料
同時開催:◆FOODEX JAPAN2017(第42回国際食品・飲料展)/幕張メッセ 1〜10ホール
     ◆アジア水産・冷食展/幕張メッセ 11ホール
 ニュースリリース全文 -->  (572.7KB)

 

【本件に関するお問合せ先】
 一般社団法人日本能率協会  産業振興センター内
 和食産業展事務局 (担当:山野辺・中野) E-mail : washoku@jma.or.jp
 〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-2-2 住友商事竹橋ビル14階
 ※取材のお問い合せは、広報室(TEL:03-3434-8620/担当:斎藤)へお願いいたします。
 ※会場写真などをご要望の際は、広報室までご一報ください。

 

 Adobe Reader
Adobe ReaderPDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。