ニュースリリース

日本能率協会「日-インドネシア化学技術フォーラム&商談会」2月22日、ジャカルタで開催


2017年02月06日

報道関係各位

一般社団法人日本能率協会 アジア共・進化センター

日本能率協会「日-インドネシア化学技術フォーラム&商談会」2月22日、ジャカルタで開催

国産化学機械メーカーなど10社が、インドネシアでASEAN市場向け技術PR


 一般社団法人日本能率協会(JMA、会長:中村正己)アジア共・進化センターは、2017年2月22日(水)、インドネシア・ジャカルタ市内のインドネシア経営者連盟セミナールームで、「日-インドネシア化学技術フォーラム」を初開催します。本フォーラムは、インドネシア共和国大使館、インドネシアを代表する学術機関のインドネシア大学と同国最大の経営団体であるインドネシア経営者連盟(APINDO)との共催で、化学品や食品製造といったプロセス産業向けエンジニアリング技術に関する日本・インドネシア両国の企業・研究者が一堂に会し、技術発表と商談会を通じた両国における新事業創出を目的に開催します。
 本催しには、最先端の化学技術などを取り扱う国産機械メーカー10社が日本から参加し、ASEAN市場における販路開拓やパートナー企業候補の発掘を目的に、フォーラムに来場するインドネシア学術団体や産業界のエンジニアとの商談会と技術展示を通じた情報交流を行います。
 また来場者同士のネットワーキングの機会も用意しており、既に現地で関連ビジネスを行っている、または今後拡大を検討する日系企業の参加も募集します。フォーラム聴講希望は公式ホームページ(http://www.jma.or.jp/asia/process/en/)で受付中(聴講料無料)。

<開催概要>
名  称  :日-インドネシア化学技術フォーラム/INDONESIA-JAPAN Process Engineering Forum
日  程  :2017年2月22日(水)
場  所  :インドネシア経営者連盟セミナールーム(ジャカルタ市内)
主  催  :一般社団法人日本能率協会 アジア共・進化センター
共  催  :インドネシア共和国大使館、インドネシア大学、インドネシア経営者連盟(APINDO)
企画委員長 :東京工業大学名誉教授(元理事・副学長)小川浩平氏
アドバイザー:東京農工大学准教授 工学研究院 応用化学部門/工学部化学システム工学科  ウレッド・レンゴロ氏
後  援  :ジェトロ、ジャカルタ ジャパン クラブ、インドネシア共和国大使館、
       インドネシア科学院(LIPI)、インドネシア・エンジニアリング協会ほか
参加企業  :10社
定  員  :150名 
聴 講 料 :無料(公式ホームページ http://www.jma.or.jp/asia/process/en/ からの事前登録制)
 ニュースリリース全文 -->  (272.6KB)

 

【本件に関するお問合せ先】
 一般社団法人日本能率協会 アジア共・進化センター 担当:上沖(かみおき)
 〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-2-2住友商事竹橋ビル14F TEL: 03-3434-0998 FAX: 03-3434-8076
 E-mail: asia@jma.or.jp / ホームページ: http://www.jma.or.jp/asia/process/en/
 ※取材のお問い合せは、広報室(TEL:03-3434-8620、担当:斎藤)へお願いいたします

 

 Adobe Reader
Adobe ReaderPDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。