ニュースリリース

『ものづくり改善月間キャンペーン2009』はじまる


2009年06月03日

報道関係各位

社団法人日本能率協会

『ものづくり改善月間キャンペーン2009』はじまる

「全社一体体制のものづくり改善」を推進

経営革新を推進する日本能率協会(JMA、会長:富坂良雄)は、製造業の全社一体体制のものづくり改善に焦点をあて、「ものづくり改善月間キャンペーン 2009」を展開していきます。これはJMAが長きにわたり製造業の生産性向上を支援してきたノウハウや、情報力、機動力などを結集したものです。 2009年10月を中心に、この6月から来年3月まで行います。
このキャンペーンは、産業界のものづくり改善・改革活動を支援していく運動で、JMAの2009年最重点活動の一つとして位置付けています。また、今年度は厳しい経済環境のなかで、ものづくりに求められる全社一体体制での継続的な経営革新を追求し、劇的な変化にも対応できる高度な製造基盤づくりのための支援を行います。
キャンペーン展開にあたり、「2009ものづくり改善月間組織委員会」の委員長に日産自動車株式会社 特別顧問 高橋忠生 氏が就任し、(社)日本鉄鋼連盟や(社)日本自動車工業会、(社)日本産業機械工業会、(社)日本化学工業会など、11団体の協賛を得て、本活動を実施していきます。

■キャンペーンの名称
「ものづくり改善月間キャンペーン 2009」(2007年の初回から3年目)
■キャンペーン期間
キャンペーンの中心期間は、10月1日〜10月31日
2009年10月(改善活動の重点情報を発信する強化期間)
2009年 6月 〜 9月(改善活動導入のためのプレ期間)
2009年11月 〜2010年3月(キャンペーンの総括期間)
■キャンペーン対象者
製造業(開発・設計、購買・調達、生産技術、生産・製造、物流)に携わる管理者、
第一線監督者、現場のリーダー、ものづくり改善・革新活動を推進するスタッフ、
事務局メンバー
■主催
社団法人 日本能率協会
■協賛
11団体
財団法人日本生産性本部、財団法人日本規格協会、社団法人日本産業機械工業会、
財団法人日本科学技術連盟、社団法人日本鉄鋼連盟、社団法人日本自動車工業会、
社団法人日本プラントメンテナンス協会、社団法人全日本能率連盟、
社団法人日本化学工業会、
日本メンテナンス工業会、日本設備管理学会(順不同)
 ニュースリリース全文 -->  (415.4KB)

 

【本件に関するお問合せ先】
社団法人日本能率協会 生産マネジメント本部内
ものづくり改善月間キャンペーン事務局
担当:松浦、廣瀬、衛藤
TEL:03-3434-1930/FAX:03-3434-6447/URL::http://pp.jma.or.jp
広報室 担当:亀山、丸田、津島、大和
TEL:03-3434-8620 / FAX:03-3433-0269

 

 Adobe Reader
Adobe ReaderPDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。