ニュースリリース

第7回「ビジネスパーソン1000人調査」【仕事と健康編】

資料配布先:厚生労働記者会・労政記者クラブ・財界記者クラブ・東商記者クラブ
2016年10月12日

報道関係各位

一般社団法人日本能率協会

第7回「ビジネスパーソン1000人調査」【仕事と健康編】

健康で働くには「職場の人間関係」が最重要
次いで「健康的な食事」「趣味の時間」「定期健診」
一方、残業により犠牲になるのは「趣味」「睡眠」「食生活」
1日2時間以上残業する人の4人に1人は「精神面での不調」も

 一般社団法人日本能率協会(JMA、会長:中村正己)は、2013年より全国のビジネスパーソン1000人に対し、職場や仕事に対する考えについて意識調査を行っています。この調査は、働く人びとに焦点を当て、その時々の旬の話題をデータで紹介するシリーズです。
 従業員の健康が企業経営にも効果をもたらすという「健康経営」の考え方が広がり始めていますが、今回は仕事と健康をテーマに、働く人の意識を聞きました。

トピックス
 1.健康で働くために効果があると思うことは「職場の良好な人間関係」が全体で約4割となり、女性は男性よりも
   9ポイント高い。次いで「食事」「趣味」「定期健診」がともに約3割。

 2.残業による私生活への影響は「趣味の時間が減った」「睡眠不足」「食生活が乱れた」の順。1日あたりの平均
   残業時間が2時間以上の人では、4人に1人が「精神面で不調を感じる」と回答。

 3.残業をする理由は「自身の日常業務が終わらないから」が約半数。次いで「突発的なことに対応する必要がある
   から」が3割弱。1日あたりの平均残業時間が3時間以上の人では、約3割が「職場が残業する雰囲気だから」と
   回答するなど、長時間残業に職場風土が影響か。

 4.残業を減らすために職場に求めることは、「必要ない業務をやめること」「残業をしない職場の雰囲気づくり」。

 5.残業を減らすために自身で工夫することとしては「優先順位の高いものから取組む」「目の前の仕事に集中する」。
   3時間以上残業をしている人の4割超は、自身で工夫していることは「ない」と回答。長時間残業を減らすには、
   個人任せではなく職場ぐるみの取組みが必須。

 ※調査概要、結果の詳細は下記全文PDFをご覧ください。

調査概要
調査名称:第7回ビジネスパーソン1000人調査 【仕事と健康編】
調査期間:2016年7月26日(火)〜2016年8月1日(月) 7日間
調査対象:(株)日本能率協会総合研究所「JMARリサーチモニター」のうち全国の20歳〜69歳までの
     正規・非正規雇用の就業者(企業や団体で働く正社員、役員、経営者、契約・嘱託社員、派遣社員。
     ただしパート・アルバイト、医師・弁護士などの専門職業、自由業を除く)
調査方法:インターネット調査
回答数 :1,000人
属 性 :性別:男性556人、女性444人
年 代 :20代159人、30代245人、40代249人、50代202人、60代145人
雇用形態:正規640人、非正規360人
※回答は%表記とし、小数点第2位を四捨五入

◆ビジネスパーソン1000人調査 バックナンバー◆

第7回ビジネスパーソン1000人調査【女性活躍推進編】(2016年9月)

第6回ビジネスパーソン1000人調査【人間関係と貯蓄編】(2016年3月)

第6回「ビジネスパーソン1000人調査」【仕事と介護編】(2016年3月)

第5回「ビジネスパーソン1000人調査」仕事を楽しむ意識(2015年7月)

第4回「ビジネスパーソン1000人調査」(英語力)結果(2015年3月)

第4回「ビジネスパーソン1000人調査」(ダイバーシティ)結果(2015年2月)

第4回「ビジネスパーソン1000人調査」(仕事の生産性)結果(2015年1月)
 ニュースリリース全文 -->  (567.9KB)

 

【本件に関するお問合せ先】
 一般社団法人日本能率協会 KAIKAセンター JMA広報室(担当:斎藤)
 TEL:03-3434-8620/FAX:03-3433-0269/Email:jmapr@jma.or.jp
 〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-2-2 住友商事竹橋ビル14階

 

 Adobe Reader
Adobe ReaderPDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。