ニュースリリース

現役の取締役・執行役員に聞いた 「経営者に求められる資質と行動に関するアンケート」

資料配布先:財界記者クラブ、東商記者クラブ
2016年09月28日

報道関係各位

一般社団法人日本能率協会 経営人材センター

現役の取締役・執行役員に聞いた 「経営者に求められる資質と行動に関するアンケート」

社長としての最優先経営課題は、「利益率向上」「組織活性化」「新事業創造」

 日本能率協会(JMA、会長:中村正己)は、トップマネジメント層の経営力向上のため『JMAトップマネジメント研修』プログラムを30年以上実施し、これまで延べ8,000人の方が参加しています。
 このたび、変化の激しい経営環境の先頭に立つ「理想の経営者」に求められる資質とは何かをひも解くため、同プログラムの受講者に、経営者の資質や行動に関するアンケートを実施しました。

◆結果のトピックス

1.社長としての最優先経営課題は「利益率向上」「組織活性化」「新事業創造」

2.経営者に求められる意識・行動は「経営理念を自分の言葉で発信」「部下がチャレンジできる環境を創る」
  「確固たる信念」

3.経営者に求められる3つの資質「本質を見抜く力」「過去からの脱却」「イノベーションの気概」

※トピックスの詳細は下記全文PDFをご覧ください。

【アンケート概要】
名  称: 経営者に求められる資質と行動に関するアンケート
実施期間: 2015年7月9日〜2016年3月11日
実施対象: 『JMAトップマネジメント研修』受講者
実施方法: 質問紙法(研修初日に配布、終了時に回収)
回 答 数: 236人[取締役105人(44.5%)・執行役員131人(55.5%)]
属  性: 製造業131人(55.5%)・非製造業105人(44.5%)、上場企業146人(61.9%)・未上場企業90人(38.1%)
      ※回答は小数点第2位を四捨五入



【JMAトップマネジメント研修プログラムとは】
「役員いかにあるべきか」をテーマにした、取締役・執行役員・幹部対象の全10セミナー。経営に必要な大局的視点や実践的方法論を学び意識と行動の変革を促すプログラムや、法務・経営戦略・財務などの経営知識を体系的に修得するプログラムから構成されています。詳細は下記サイトをご覧ください。
http://jma-top.com/
 ニュースリリース全文 -->  (385.7KB)

 

【本件に関するお問合せ先】
 一般社団法人日本能率協会 経営人材センター(担当:丸尾、安松、森本)
 〒100−0003 東京都千代田区一ツ橋1−2−2 住友商事竹橋ビル14階
 TEL:03-3434-1955  E-mail:JTOP1@jma.or.jp
 ※取材のお問い合せは、広報室(TEL:03-3434-8620、携帯:070-6997-1312担当:斉藤)へお願いいたします。

 

 Adobe Reader
Adobe ReaderPDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。