ニュースリリース

第6回「ビジネスパーソン1000人調査」【人間関係と貯蓄編】

資料配布先:厚生労働記者会・労政記者クラブ・財界記者クラブ・東商記者クラブ
2016年03月15日

報道関係各位

日本能率協会グループ 広報委員会

第6回「ビジネスパーソン1000人調査」【人間関係と貯蓄編】

管理職は一般社員より濃い付き合いを好む傾向に 〜新年度を前に、上司と部下、互いの価値観を尊重し良好な関係づくりを〜

 企業の人材育成やものづくり革新、調査・システム開発などの経営支援サービスを提供する日本能率協会グループは、このたび、全国のビジネスパーソン1000人に対して、上司と部下の人間関係や貯蓄と仕事などについて意識調査を行いました。この調査は働く人びとに焦点を当て、その時々の旬の話題をデータで紹介するシリーズです。
 今回は新年度を前に、上司と部下の人間関係、貯蓄と仕事についてとりあげました。

トピックス ※詳細データは下記全文PDFをご覧ください。

1.上司との仕事以外での付き合いは、「食事や飲み」「年賀状・暑中見舞」「家族の話」が“三本柱”に。管理職は一般社員より、上司との私的な付き合いに前向き。一方、仕事以外で上司と付き合いたくない人は、管理職で5割、一般社員では7割にのぼる。

2.部下との仕事以外での付き合いは、上司との付き合いに比べ心理的ハードルが低い。管理職の約半数は、部下からのプライベートの相談を歓迎。

3.過半数が60歳以降も働きたいと回答。60歳以降も働きたい意識には男女差はわずか。60代の2割以上は「70歳以上」になっても働くことを希望。

4.定年までに「貯められそうな世帯貯蓄」は、1,000万円未満が4割超。希望では、1,000万円〜3,000万円が約3割とボリュームゾーンに。

調査概要
調査名称:第6回ビジネスパーソン1000人調査 【人間関係と貯蓄編】
調査期間:2015年12月28日〜2016年1月6日 10日間
調査対象:(株)日本能率協会総合研究所「JMARリサーチモニター」のうち全国の20歳〜69歳までの
      正規・非正規雇用の就業者(企業や団体で働く正社員、役員、経営者、契約・嘱託社員、派遣社員。
      ただしパート・アルバイト、医師・弁護士などの専門職業、自由業を除く)
調査方法:インターネット調査
回答数 :1,000人
属  性:性別:男性556人、女性444人
     年代:20代159人、30代245人、40代249人、50代202人、60代145人
     役職:経営者・役員50人、部長・次長・課長クラス94人、係長・主任クラス115人
        一般社員401人、契約・派遣社員314人、その他26人
        ※本調査では、経営者・役員、部長・次長・課長クラスを管理職(計144人)
        上記以外を一般社員(856人)と定義

※回答は%表記とし、小数点第2位を四捨五入
 ニュースリリース全文 -->  (1132.7KB)

 

【本件に関するお問合せ先】
 日本能率協会グループ 広報委員会(担当:斎藤 TEL:03-3434-8620)
 〒105-8522東京都港区芝公園3-1-22 一般社団法人日本能率協会内  Email:jmapr@jma.or.jp

 

 Adobe Reader
Adobe ReaderPDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。