ニュースリリース

食の安全や環境保全に取り組む農場に与えられる認証制度 JGAP認証事業に参入

資料配布先:東商記者クラブ、農政クラブ、農林記者会
2016年03月01日

報道関係各位

一般社団法人日本能率協会審査登録センター

食の安全や環境保全に取り組む農場に与えられる認証制度 JGAP認証事業に参入

認証に関わる業務を事業継承

 一般社団法人日本能率協会(JMA、会長:山口範雄)は、2016年2月19日に、農業の生産工程管理に関わる第三者認証制度『JGAP(ジェイギャップ)』の認証事業を、スキームオーナーである一般財団法人日本GAP協会(事務局長:荻野宏、東京都千代田区)より認定を受け、サービスを開始しました。
 また、上記サービス提供にあたり、JGAP審査機関の一つである安心農業株式会社(代表取締役社長:藤井淳生、東京都中央区)がこれまで実施していたJGAP認証に関わるすべての業務を、2016年4月1日から一般社団法人日本能率協会 審査登録センターが引き継ぎます。


■第一号審査・鹿児島の大吉農園で実施し、認証
 一般社団法人日本能率協会による「JGAP」の第一号審査を薩摩半島の南端、開聞岳のすそ野に広がる肥沃な大地にてキャベツとレタスを生産する大吉農園(ダイキチノウエン/代表:大吉(オオヨシ)枝美、鹿児島県指宿市)に実施し認証しました。

■JGAPとは
 GAP(Good Agricultural Practice)とは、農業生産工程管理のことで、農業生産活動を行ううえで必要な関係法令に則り、定められた点検項目に沿って、農業生産活動の各工程の正確な実施、記録、点検および評価を行うことによる“持続的な改善活動”です。
 「JGAP」は、食の安全や環境保全に取り組む農場に与えられる認証制度で、農場やJA等の生産者団体が活用する農場・団体管理の基準であり、農林水産省が導入を推奨する農業生産工程管理手法の1つです。
 食品の安全性向上、環境の保全、労働安全の確保、競争力の強化、品質の向上、農業経営の改善や効率化を図るとともに、消費者やマーケットからの信頼性確保が期待されます。


■JGAP認証事業に参入する背景
 一般社団法人日本能率協会は『経営革新の推進機関』として、従業員教育事業、産業発展につながる展示会主催事業、企業の事業活動を国際規格であるISOによる第三者認証事業を行うことで事業の公明性・成長につなげ、創立より時代の要請にこたえるべく新たな事業活動を開発し活動をしております。
 昨今成長の可能性に注目が集まる「農業」をとりまく環境において「2020年東京オリンピック選手村での食品調達要件」として関心が高まるGAP(Good Agricultural Practice)。食品産業のなかでも安心安全な商品の提供を念頭に製造する加工品の一素材として、農産物の生産管理状況に『見える化』を求める要求も高まっています。これらはTPPをはじめとする国内外の取引多様化にともなう要請でもあり、農産物の生産販売を行う事業体(JA、農事法人、農業生産法人、生産者etc.)にとっても、持続的成長には欠かせない喫緊の課題となっています。
 こうした背景により、食の安全や環境保全に取り組む農場に与えられる認証制度である「JGAP」は年々登録者が増えており、2016年2月現在で約3,800農場が認証を受けています。
 一般社団法人日本能率協会は、これからも農業のさらなる国際化、成長産業としての基盤・基礎形成を、これまで他産業での活動を通じて培った幾多にもおよぶ知見を農業界に注入し、時代に合った新たな農業、産業内事業者の持続的成長につながる取組みを真摯に行ってまいります。

※詳細は下記全文PDFをご覧ください。
 ニュースリリース全文 -->  (246.3KB)

 

【本件に関するお問合せ先】
 一般社団法人日本能率協会審査登録センター(JMAQA)担当:箱崎、根本
 〒105-8522 東京都港区芝公園3-1-22 TEL.03-3434-1446  FAX.03-3434-2086
 ※取材に関しては、日本能率協会広報室(TEL:03-3434-8620、担当:斎藤)へお願いいたします。

 

 Adobe Reader
Adobe ReaderPDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。