ニュースリリース

〜多様なワークスタイルの実現による組織力向上を考える〜


2015年06月23日

報道関係各位

一般社団法人日本能率協会 KAIKAプロジェクト室

〜多様なワークスタイルの実現による組織力向上を考える〜

7月2日より、ワークショップを4回シリーズで開催します

 一般社団法人日本能率協会(JMA、会長:山口範雄)は、「これからの働き方」に関する研究活動を2013年度より続けています。「働く」ことに対する個々人の価値観多様化、ITの発達によるテレワーク環境の進化、メンバーが遠隔地に点在するようなプロジェクトチームなど、組織を取り巻く環境も変化しています。組織力向上のためには、自社に最適な「働き方」を考えることが重要です。そこでこのたび、これからの働き方を議論するワークショップを開催し、多様なワークスタイルを実現するためのポイントを探ります。ぜひ、ご取材にお越しくださいますようお願いいたします。

<「『働き方シフト』による組織づくりを考える」ワークショップ概要>

パート1:人事制度編  7月2日(木)開催
「多様なワークスタイルの実現に際して人事制度面で考えるべきこととは」

  話題提供者:廣岡久生(コンソリューション有限会社 代表コンサルタント)

パート2:業務分析編  7月13日(月)開催
「多様なワークスタイルを可能にする業務分析と組織設計」

  話題提供者:岡 正樹(一般社団法人日本能率協会 生産革新・仕事革新チーム 主任研究員)

パート3:環境・インフラ編  7月30日(木)開催
「多様なワークスタイルを可能にする環境と仕組みの整備について−テレワークを事例に」

  話題提供者:小国幸司(日本マイクロソフト株式会社 Officeビジネス本部 
             エグゼクティブプロダクトマネジャー)

パート4:マネジメント編  8月6日(木)開催
「“働き方シフト”を活かすマネジメントスタイルを考える」

  話題提供者:一般社団法人日本能率協会 KAIKAプロジェクト室ほか

<開催要項>
・会場:日本能率協会 研修室 (東京都港区芝公園3−1−22)
・開催時間:全回共通 14:00〜17:00
・内容:各回の話題提供者による講演/参加者意見交換/今後の活動案内
・参加料:無料
・参加対象:「働き方」に関する検討・推進・実践を進めている責任者・担当者 など
 ニュースリリース全文 -->  (130.2KB)

 

【本件に関するお問合せ先】
一般社団法人 日本能率協会 KAIKAプロジェクト室(長沼・山崎)
〒105-8522 東京都港区芝公園3-1-22 TEL:03-3434-0380 /Email:kaika@jma.or.jp
※ご取材をご希望の方は、広報室(TEL:03-3434-8620/担当:斎藤)までご連絡ください。

 

 Adobe Reader
Adobe ReaderPDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。