ニュースリリース

「2008年度(第21回) 能力開発優秀企業賞」受賞企業決定

資料配布先:東商記者クラブ
2008年11月27日

報道関係各位

社団法人日本能率協会

「2008年度(第21回) 能力開発優秀企業賞」受賞企業決定

サノフィ・アベンティス株式会社 、日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社 の2社が受賞

社団法人日本能率協会(会長 富坂良雄)は、能力開発優秀企業賞審査委員会(委員長:花田光世 慶應義塾大学 総合政策学部 教授)の審査を経て「2008年度(第21回)能力開発優秀企業賞」を以下の2社に決定いたしました。(社名50音順)


●サノフィ・アベンティス株式会社
受賞テーマ:社員一人ひとりの成長が支える組織の進化
                〜ラ・メゾン:いくつもの経営統合の歴史を超えて〜

●日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社
受賞テーマ:事業戦略(チャレンジエイト8プラス+作戦)実現に向けた
        人財育成・活性化施策の展開

能力開発優秀企業賞は、企業内の能力開発活動を通じて、体質が改善・強化された優秀な企業または事業所を表彰することにより、産業界に有効な能力開発のあり方を広く普及することをねらいとして1988年に創設されました。
同賞は、企業における全社的な能力開発活動の取り組み、または特定のプログラムやシステムが、(1)戦略性、(2)システム性、(3)効果性、(4)風土性 の各基準を満たしているかにポイントをおいて審査されます(詳細は別紙「『能力開発優秀企業賞』とは」参照)。

なお、表彰式は2009年2月2日(月)〜6日(金)パシフィコ横浜で開催する 「HRD JAPAN 2009(第28回能力開発総合大会)」の2月3日(火)午後に行います。

HRD JAPAN 2009(第28回能力開発総合大会):
人事・人材開発に関するアジア最大のカンファレンス。経営課題を解決する一助として、経営者や専門家による講演、各企業の人事・人材育成関係者による最新企業事例の発表、パネルディスカッション等を通じて、企業の組織、人事、人材育成の方向性や戦略について情報交流をはかり、人を基軸とした経営革新を推進することを目的として開催する。
 ニュースリリース全文 -->  (411.4KB)

 

【本件に関するお問合せ先】
【能力開発優秀企業賞のお問合せ先】経営研究所
担当:近田/TEL:03-3434-6270
【HRD JAPAN 2009のお問合せ先】経営・人材本部 HRD JAPAN事務局
担当:小峯/TEL:03-3434-1955
【その他お問い合せ先】経営戦略部 広報室
担当:丸田/TEL:03-3434-8620

 

 Adobe Reader
Adobe ReaderPDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。