ニュースリリース

視察交流事業「ASEAN販路拡大支援パッケージプログラムinシンガポール」           2015年2月3日(火)〜6日(金)シンガポールで初開催します


2014年10月28日

報道関係各位

一般社団法人日本能率協会

視察交流事業「ASEAN販路拡大支援パッケージプログラムinシンガポール」           2015年2月3日(火)〜6日(金)シンガポールで初開催します

プロセス産業向け設備・機械メーカーのASEAN進出を支援

 一般社団法人日本能率協会(JMA、会長:山口範雄)は、日本企業のアジアビジネスを支援する「アジア共・進化」事業の一環として、2015年2月3日(火)〜6日(金)の4日間、シンガポールで、プロセス産業向けの設備・機械メーカーを対象とした視察交流事業『プロセス産業向け設備・システム ASEAN販路拡大支援パッケージプログラムinシンガポール』を初開催します。

 開催に先立ち2014年10月9日、シンガポールにおいて約21,000社が会員となるシンガポール最大の商工団体であるSingapore Business Federation(シンガポールビジネス連盟)、および約3,000社の製造業関係企業が会員となるシンガポール最大の製造業加盟団体 Singapore Manufacturing Federation(シンガポール製造業連盟)とJMAは、包括的な事業協力に関する覚書を締結しました。

 シンガポールには、多くの化学・製薬、エンジニアリング企業が工場や研究開発などの拠点を構えています。しかし、人件費高騰や、電気・水道などの用益コスト高が大きな課題となっており、より省エネで高効率な設備や機器、メンテナンスサービスに高い関心を寄せています。
 こうした現地課題は、高い技術力を誇る日本の設備・機械メーカーにとっては、化学機械、制御・計測装置、プラント部材などをシンガポールをはじめ、ASEAN地域へ販路拡大するチャンスといえます。

 このような認識のもと、日本能率協会では、プロセス産業向け設備・機械メーカーを対象に、現地企業とのビジネスマッチング(商談会)、海外ビジネススキルアップ研修、現地企業との交流などを通し、ASEAN販路拡大を支援します。

 参加料金は旅行代金込みで64万8,000円(消費税含/1名あたり)。募集社数は15社を予定しています。
 現在参加企業を募集しており、参加申込締切は2014年11月28日(金)。
 問い合せは日本能率協会 アジア共・進化センター(TEL:03-3434-0998)まで。


■シンガポールでパートナーを発掘するメリット
・シンガポールは1960年代から石油化学産業が発達し、現在では国内外約100社が進出しています。しかし、人件費の高騰、電気料金や水道料金などの用益コスト高が深刻な課題となっており、シンガポール政府主導のもと、省エネや高効率など高い技術力を持つ日本の設備・システム導入に高い関心が寄せられています。
・シンガポールは、ASEANを中心とするアジア貿易の中心地として発展してきました。そのため、造船・化学産業から発展した機械商社や販売会社がこれらの商圏に大きな影響力をもっています。シンガポールでパートナーを発掘することが、ASEAN全域へ販路を拡大する足がかりとなります。
・シンガポールには、日系をはじめ多くの海外の化学・製薬、エンジニアリング企業が工場、地域統括、研究開発の拠点を設置しています。外国企業が安心して事業継続できるビジネス環境とパートナー企業が立地しています。

■日本能率協会が本事業を主催する強み
・日本能率協会は、1942年の創立時より、一貫して製造業の生産・マネジメント革新や人材育成に取り組んできました。また、調査・研究活動から得られた現地マネジメント動向や課題解決手法を、日本・アジア相互の発展に役立てます。
・本事業を主催するにあたり、日本能率協会は、シンガポール最大の政府系経済団体であるSingapore Business Federation(SBF、シンガポール事業連盟)とパートナーシップ提携を結びました。ビジネスマッチングにあたっては、SBFが参加企業のニーズに沿ったビジネスパートナー候補企業のアレンジを行います。
・日本能率協会は、1960年に「第1回メンテナンス・ショー」を開催して以来、50年以上にわたり、プロセス産業に向けた専門展示会を主催しています。展示会を通じ、関連業界のネットワーク、国内および海外企業との商談ノウハウを蓄積してきました。

■プログラムの内容
1.パネル展示会・現地企業とのビジネスマッチング
外資系含めシンガポールで事業展開する企業21,000社を会員に持つSingapore Business Federationが、参加企業の要望に基づき現地パートナー企業候補をアレンジします。
(参加企業1社あたり、5〜6回の商談をアレンジ予定)
2.現地研修会
現地の第一線で活躍する化学メーカー、エンジニアリング会社、プラント機器メーカー、輸入代理店と研修会を開催します。ASEANビジネスの最新情報を得ることができます。
3.現地日系化学メーカーとのネットワーキング
シンガポールの日系化学メーカーのキーマンらとの交流の場を設定します。
4.工場見学
シンガポールを代表する化学メーカーおよび製薬メーカーの工場を訪問します。現地でしか掴めないニーズ・状況を得ることができます。
5.事前・事後研修会
現地訪問前には、プロセス設備・システムに関するASEANマーケットの現状や商習慣、輸出に関する基本事項について事前研修会を行います。(1月中旬予定)
また、帰国後は、商談の成果確認や、今後の課題を抽出する事後研修会を行います。(2月中旬予定)

※現地スケジュールの詳細は下記全文PDFをご覧ください。

■開催概要 公式ウエブサイト:http://www.jma.or.jp/asia/process
名  称:プロセス産業向け設備・システム
     ASEAN販路拡大支援パッケージプログラムinシンガポール
会  期:2015年2月3日(火)〜6日(金)
開催場所:シンガポール(Singapore Business Federation セミナールーム他)
主  催:一般社団法人日本能率協会 アジア共・進化センター
共催(予定):Singapore Business Federation、Singapore Manufacturing Federation
特別協力(予定):公益社団法人化学工学会
対象業種:化学機械・粉粒体機器・流体輸送機器
     制御・計測機器、分析・ラボ機器、安全機器・装置
     プラント部材・付帯設備
     各種省エネ・省コスト対策ソリューション
     エンジニアリングシステム、ITソリューション

■日本能率協会「アジア共・進化」事業について
日本能率協会「JMAアジア共・進化センター」は、“アジアと共に進化し、次の豊かさをつくり出す”をテーマに、日本企業のアジアビジネスを支援する機関として、2013年に設立されました。
アジアで活躍する人材の育成、現地日系企業の経営課題解決、アジアへの事業進出・販路拡大支援などを行っています。
 ニュースリリース全文 -->  (396.4KB)

 

【本件に関するお問合せ先】
アジア共・進化センター 担当:上沖(かみおき)
一般社団法人日本能率協会 産業振興センター内
〒105-8522 東京都港区芝公園3-1-22  TEL: 03-3434-0998 / FAX: 03-3434-8076
E-mail: asia@jma.or.jp / ホームページ: http://www.jma.or.jp/asia/process/seminar/
※取材のお問い合せは、広報室(TEL:03-3434-8620、担当:斎藤)へお願いいたします

 

 Adobe Reader
Adobe ReaderPDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。