ニュースリリース

「第1回事前防災・減災対策推進展」「第6回インフラ検査・維持管理展」                11月12日から東京ビッグサイトで同時開催!


2014年09月25日

報道関係各位

一般社団法人日本能率協会

「第1回事前防災・減災対策推進展」「第6回インフラ検査・維持管理展」                11月12日から東京ビッグサイトで同時開催!

「国土強靭化対策」と「社会資本の老朽化対策」に関する2つの専門展示会

 一般社団法人日本能率協会(JMA、会長:山口範雄)は、2014年11月12日(水)〜14日(金)の3日間、東京ビッグサイト(東京都江東区)で、国土強靭化(ナショナル・レジリエンス)の推進を支援する専門展示会「第1回事前防災・減災対策推進展」と、道路、橋梁、トンネルなどの点検・診断、補修技術に関する専門展示会「第6回インフラ検査・維持管理展」を同時開催します。
 豪雨による大規模な土砂災害をはじめ、わが国は地震・津波、火山災害、風水害、土砂災害、雪害、高潮災害など、自然災害に対して脆弱な国土条件にあります。
 また、高度成長期以降に整備された道路や橋をみると、今後20年で建築後50年以上経過する施設の割合が半数を超えるなど、社会インフラの老朽化についても喫緊に対応する必要があります。
 そこで、道路・橋・トンネルなどの社会インフラのメンテナンスサイクルを持続させて災害に備えつつ、災害発生時にはいかに迅速かつ適切な対処をするか、産業界・自治体・研究機関がともに知恵を出し合う場として、本展を開催することにいたしました。
 今回は、2展あわせて120社が出展。社会インフラの点検・調査・診断・評価、事前防災・減災に関する製品やサービスが一堂に紹介されます。
 現在各展公式ホームページ(http://www.jma.or.jp/next/)で入場料3,000円が無料になる来場事前登録を受け付けています。


<主催者企画>
「事前防災、減災のための国土強靱化セミナー」
今年は、「危機管理ステージ」「維持管理ステージ」の2ステージで開催!


◆「危機管理ステージ」では、今後予想される巨大地震への対策をはじめ、災害対策の最新動向について、専門家による講演を行います。また、災害発生時に、地域住民を守る最前線に立つ自治体の危機管理担当者より、防災・減災対策についての事例を紹介します。

会期:2014年11月12日(水)〜14日(金)各日 10:40〜16:50
会場:東京ビッグサイト 西1ホール内特設会場
定員:250人
聴講:無料(公式ホームページhttp://www.jma.or.jp/next/からの事前登録制)

◆「維持管理ステージ」では、トンネル、道路、橋、鉄道について、維持管理の課題や実際の修繕の取組みなどを紹介します。

会期:2014年11月12日(水)〜14日(金)各日 10:40〜16:50
会場:東京ビッグサイト 西1ホール内特設会場
定員:350人
聴講:無料(公式ホームページhttp://www.jma.or.jp/next/からの事前登録制)

<セミナー詳細は下記全文PDFをご覧ください。>

開催概要
展示会名:第1回事前防災・減災対策推進展
     第6回インフラ検査・維持管理展
主  催:一般社団法人日本能率協会
開催期間:2014年11月12日(水)〜14日(金)10:00〜17:00
会  場:東京ビッグサイト 西1ホール
出展規模:120社/161小間
来場業種:官庁・地方自治体、鉄道、製造業、高速道路、医療・教育機関、流通・サービス業、電力・ガス、建設など
同時開催:ものづくりNEXT↑2014、グリーン・イノベーションEXPO2014
来場予定者数:25,000人(ものづくりNEXT↑2014、グリーン・イノベーションEXPO2014含)
 ニュースリリース全文 -->  (357.6KB)

 

【本件に関するお問合せ先】
一般社団法人日本能率協会 産業振興センター内(担当:石井・香川)
〒105-8522 東京都港区芝公園3-1-22 
TEL: 03-3434-1988/FAX: 03-3434-8076 E-mail:mono@convention.jma.or.jp
※取材のお問い合せは、広報室(TEL:03-3434-8620、担当:斎藤)へお願いいたします。

 

 Adobe Reader
Adobe ReaderPDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。