ニュースリリース

「国際物流総合展 2014」いよいよ9月9日、東京ビッグサイトで開幕


2014年09月02日

報道関係各位

国際物流総合展事務局

「国際物流総合展 2014」いよいよ9月9日、東京ビッグサイトで開幕

アジア最大級の物流・ロジスティクスの展示会

 公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会と一般社団法人日本能率協会、他関連5団体は、2014年9月
9日(火)〜12日(金)の4日間、東京ビッグサイト(東京都江東区)で『国際物流総合展2014』を開催します。本展は、経済活動のインフラとして不可欠な物流・ロジスティクスの先進情報が収集できる日本唯一・アジア最大級の専門展示会です。
 11回目となる今回は、産業車両、運搬車両、保管機器、仕分け・ピッキングシステム、パレット、情報システム、ロジスティクスサービスなど国内外から418社が出展します。製造、物流、流通をはじめ、幅広い業界に向けた物流・ロジスティクスの最新ソリューションが一堂に紹介されます。
 是非、会期中のご取材を賜りたく、何卒よろしくお願いいたします。


<トピックス>

◆豊田自動織機 トヨタL&Fカンパニーから、注目の燃料電池を搭載した次世代フォークリフトの参考出品が決定!デモ走行を行います。また、環境性能と経済性能を併せ持つフォークリフトが産業車両各社より出展されます。(コマツ/コマツリフト、ニチユ三菱フォークリフト、住友ナコ マテリアル ハンドリング、ユニキャリアほか)

◆重いものでも楽々! 身体に負担が大きい重量物の持ち運びを助ける機器が揃います。ユーピーアールから、
作業中の腰の負担を軽減するパワーアシストスーツが登場します。また、をくだ屋技研から、重量物を軽い
力で引っ張ることができるハイブリッド車輪が紹介されます。

◆運転中の事故削減に一役! NECから、ドライブレコーダーから取得したデータを利用したクラウド型事故削減支援サービス『くるみえ』が登場します。また、守隨本店から、業界初となる無線式ポータブル車載計量機が紹介されます。路上に設置するだけで積載量を測定でき、過積載による事故防止に役立ちます。

◆注目の製品まだあります! 出展418社の見どころは、公式ホームページで紹介しています。
 http://www.logis-tech-tokyo.gr.jp (出展者および出展製品検索、会場マップなど)
 あわせて公式フェイスブックでも注目の出展製品を紹介しています。

テープカットのご案内
 日時:9月9日(火)9:50〜 場所:東2ホール前
 各主催団体の代表が揃う、物流業界を象徴するセレモニーです。是非ご取材ください。

「国際物流総合展2014」概要
会期:2014年9月9日(火)〜12日(金) 10:00〜17:00
会場:東京ビッグサイト東2・3・5・6ホール
主催:一般社団法人日本産業機械工業会、一般社団法人日本産業車両協会、
   一般社団法人日本パレット協会、一般社団法人日本運搬車両機器協会、
   一般社団法人日本物流システム機器協会、公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会、
   一般社団法人日本能率協会
 ニュースリリース全文 -->  (277.7KB)

 

【本件に関するお問合せ先】
国際物流総合展事務局
一般社団法人日本能率協会         公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会
産業振興センター 担当:久武         企画推進部 担当:星野、松井
TEL.03-3434-1988 FAX.03-3434-8076   TEL.03-3436-3191 FAX.03-3436-3190
〒105-8522 東京都港区芝公園3-1-22    〒105-0022 東京都港区海岸1-15-1
                     スズエベイディアム3階
※取材のお問い合せは、日本能率協会 広報室(担当:斎藤/TEL 03-3434-8620)へお願いいたします。

 

 Adobe Reader
Adobe ReaderPDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。