ニュースリリース

第3回「ビジネスパーソン1000人調査」働き方に関する意識アンケート結果

資料配布先:厚生労働記者会・労政記者クラブ・東商記者クラブ
2014年07月17日

報道関係各位

一般社団法人日本能率協会

第3回「ビジネスパーソン1000人調査」働き方に関する意識アンケート結果

「女性の活躍」、思い描くイメージに男女差

企業の人材育成やものづくり革新、調査・システム開発などの経営支援サービスを提供する日本能率協会グループは、このたび、全国のビジネスパーソン1000人に対して意識調査を行いました。この調査は働く人びとに焦点を当て、その時々の旬の話題をデータで紹介するシリーズです。今回は「働き方」を取り上げました。

トピックス  ※詳細は下記の「ニュースリリース全文」からPDFをご参照ください。
★女性の活躍について★
1.女性が描く活躍イメージは「子育てしながら管理職・専門職で働く」人。役員像はまだ遠く。しかも男性は4人に1人が「女性の活躍」イメージ持てず

2.活躍の妨げは、子育て・家事の負担と「男は仕事・女は家庭」という価値観

3.大企業で働いている人ほど、女性の活躍や職場のサポートを実感

4.就業時間に制限のある人と働いて困るのは「突発的な休み」。 男性が困るのは仕事の割り振り、女性はフォローのために自分の仕事が増えること

★仕事のやりがい・愛着・能力発揮について★
5.仕事のやりがいを感じている人53.7%。やりがいの源泉は希望に適った仕事・貢献の実感、やりがい感じられない理由は収入の不満

6.「仕事のやりがい」「勤務先への愛着」「仕事での能力発揮」40代はすべて半数以下で、実感薄く。年代別トップは60代、約7割が「やりがいあり」「愛着あり」「能力発揮できている」

★ホワイトカラー・エグゼンプションについて★
7.ホワイトカラー・エグゼンプションでの労働意向は、半数以上が「わからない」と回答。「働きたい」は2割弱にとどまる

8.「努力しても成果が出るとは限らないので報われない」等、ネガティブなイメージ強く


■コメント
多様な働き方の実現には制度や環境の整備に加えて、周囲のメンバーや会社との相互理解と協調が重要である。その一助となるように、今回の調査ではビジネスパーソンの働く意識を明らかにした。 結果から、女性の活躍について男女間で思い描くイメージにギャップがあることや、仕事の充実感に対する年代差、労働時間ではなく成果に応じて賃金が支払われる働き方(ホワイトカラー・エグゼンプション)にネガティブなイメージを抱いていることが浮き彫りとなった。
「女性の活躍」「労務管理」「給与制度」に限らず、人材力の強化や生産性の向上には、「これだけやればよい」というものがない。制度を設計する人・活用する人・支える人、それぞれに理解されバランスよくかみ合わないと効果を発揮しない。 また、有効な制度は企業の規模や風土によっても異なり、ビジネスパーソン一人ひとりにとっても、必要な支援はライフステージによって変化する。 運用面でつまずかないために重要なのは、従業員と企業の間にビジョンが共有されていること、信頼関係が成り立っていることだ。その土台に立って、各人が創意工夫して自律的に行動できる環境が整えば、個人の能力が発揮され、組織的な生産性も高まるはずである。

調査名称: ビジネスパーソン1000人調査
調査期間: 2014年6月20日(金)〜26日(木) 7日間
調査対象: (株)日本能率協会総合研究所「JMARリサーチモニター」のうち全国の20歳〜69歳までの正規・非正規雇用の就業者(企業や団体で働く正社員、役員、経営者、契約・嘱託社員、派遣社員。ただしパート・アルバイト、医師・弁護士などの専門職業、自由業を除く)
調査方法: インターネット調査
回答者数: 1,000人(内訳:男性556人、女性444人)
 ニュースリリース全文 -->  (889.2KB)

 

【本件に関するお問合せ先】
日本能率協会グループ 広報委員会(担当:亀山)
〒105-8522 東京都港区芝公園3-1-22 一般社団法人日本能率協会内
  TEL:03-3434-8620/FAX:03-3433-0269/E-mail:jmapr@jma.or.jp

 

 Adobe Reader
Adobe ReaderPDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。