ニュースリリース

JMA初の「生産技術者の未来」調査

資料配布先:東商記者クラブ
2014年06月19日

報道関係各位

一般社団法人日本能率協会

JMA初の「生産技術者の未来」調査

ものづくり基盤の強い企業は生産技術“新3種の神器”に積極的

 一般社団法人日本能率協会(会長:山口範雄、JMA)は、生産技術者の意識を探り、競争力ある人材の育成とそのマネジメントのあり方を把握すべく、調査を実施した。本調査はグローバル化の進展とともに製造業における生産のあり方が大きく変わりつつあるなか、「生産技術者」の関心事がどこにあり、明日の(未来の)ものづくりをどう捉えているのか――こうしたトレンドを俯瞰することで、ものづくりの行方を洞察していく。生産技術者を対象とした調査はJMA初。
 この調査を実施した背景には、長きにわたり業績が良い製造業は、他社の追随を許さない量産化技術や情報を蓄積しており、こうした生産技術部門の存在が企業の業績を支えているという仮説があった。そこで社内における生産技術部門や技術者の役割や位置づけ、また戦略や組織風土との関わりを、今回の調査で明らかにした。
調査結果の主なポイントは、以下のとおりである。

1.生産技術部門の役割として、「コスト削減」は不動のテーマ、いまや「設備・工法開発」が主流。生産技術は、社内的にも認知された存在である
2.部門の課題は「競争力ある工場づくり」、「独創的生産技術の開発」、「グローバル化への対応」
3.開発・設計との関係に課題ありと認識しつつも、その理由は生産準備が多忙、設計側にコンカレントエンジニアリング(CE)の考え方がないと指摘
4.社内認知度の高い生産技術部門ほど、「生産技術“新3種の神器”(CE、生産技術開発、シミュレーション技術)」に積極的で、ものづくり基盤が強化されている
5.生産技術開発力が高い部門は、内製によって技術を創り、知財戦略で守るサイクルが回っている
6.生産技術開発力が高い企業は、人材の技術力、新技術への挑戦意欲が高く、結果として人づくりに貢献

※各項目の内容は下記全文PDFをご参照ください

「生産技術者の未来調査」概要
調 査 時 期:2014年3月25日〜4月10日
調 査 対 象:JMAが配信する生産系メールマガジンの購読者である技術者2,210人を対象
調 査 方 法:WEB調査(電子メールによる回答)
回答数・回収率:307件 (13.9%)

 ニュースリリース全文 -->  (651.4KB)

 

【本件に関するお問合せ先】
一般社団法人日本能率協会 JMAマネジメント研究所(大和、廣瀬、福島)
〒105-8522 東京都港区芝公園3-1-22
TEL:03-3434-6270 FAX:03-3434-6330 E-mail:jmalab@jma.or.jp
※取材のお問合せは、広報室:清水(TEL:03-3434‐8620)へお願いいたします。

 

 Adobe Reader
Adobe ReaderPDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。