ニュースリリース

企業の管理職向け体験型研修『J-EXCEED』に無人島コースを新設


2014年05月27日

報道関係各位

一般社団法人日本能率協会

企業の管理職向け体験型研修『J-EXCEED』に無人島コースを新設

10月開催に向け参加者を募集 先着5名の特別価格も

日本能率協会(JMA、会長:山口範雄)では、船上や海外など日常を離れた空間での異業種交流を通じて、チームビルディングやリーダーシップを学ぶ体験型研修『J-EXCEED(ジェイ・イクシード)』を開催しています。
これまで、アジア諸国やオーストラリアなど海外を研修地としたプログラムを提供してきましたが、このたび、初の国内版として「日本の無人島」を舞台にした新たなコースを設けました。

第1回目の催行は2014年10月1日(水)〜5日(日)、研修の舞台となる無人島は鹿児島県奄美大島周辺を予定しています。参加料(税抜)は、1人あたり日本能率協会 会員が36万円、会員外は41万円。申し込み締め切りは2014年8月8日(金)です。

現在、当協会ホームページに掲載するインタビュー動画への出演などプロモーションにご協力いただけることを条件に、参加費が21万円割引になるトライアル参加者(1人あたり日本能率協会 会員が15万円(税抜)、会員外は20万円(税抜))も先着5名まで募集しています。

研修のお問い合わせ・お申し込みは日本能率協会(TEL:06-4797-2050)まで。


■なぜ無人島?
日本能率協会では、1974年から『活性と飛躍の船』と銘打った洋上研修を行ってきました。これは、日常から離れた船の上に身を置き、体験したことのない環境での多くの経験をし、自身の行動特性や気づきを通じて、学習効果を高めることを狙いとしたプログラムです。
しかし、第1回目の船を送り出してから40年が経ったいま、通信技術の進歩により、海上にいても電話やメールなど日々の業務を完全に離れた状態をつくり出すことが難しくなってきました。
そこで、非日常空間で研修に没頭できる環境として、日本能率協会は「無人島」を新たなステージに選びました。

■無人島で何を学ぶか?
無人島ではパソコンや携帯電話など電子機器は使用禁止です。宿泊施設や飲食店もありませんので、共同生活に必要な備品や食料を参加者自身で考え、1チーム数千円の予算で調達のうえ、自炊・野宿で二晩を過ごします。
この『J-EXCEED無人島』コースは、漁猟や火おこしなどのサバイバル術を身につけるための研修ではありません。限られた予算をどう使うか、初対面のメンバーといかに合意形成を図るか、集団のなかで自分のポジションを確立できるかなど、ビジネスにおいて直面する場面を無人島という特殊な環境下で次々につくりだし、チームの結束を加速させる体験を通じて、参加者はリーダーシップスタイルの確立を目指します。
日常では味わえない大きなインパクトを連続して与えることで研修効果を最大限得られるようプログラムを構成し、短期間で意識や行動の変容を促します。

【概要】
名称:J-EXCEED(ジェイ・イクシード)in無人島
日程:2014年10月1日(水)〜5日(日)の5日間
場所:日本国内の無人島(鹿児島県奄美大島を予定。天候によって変更の可能性あり)
対象:企業・団体の管理職(マネジャー、チームの中心としてリーダーシップの発揮を期待される方)
費用:日本能率協会会員36万円/1名(税抜)、会員外41万円/1名(税抜)
    ※集合・解散場所となる奄美大島空港までの参集及び帰宅に伴う交通費は含まれません
定員:24名(最少催行人数10名)
申込:日本能率協会ホームページ http://school.jma.or.jp/j-exceed または 電話06-4797-2050
締切:2014年8月8日(金)
 ニュースリリース全文 -->  (436.4KB)

 

【本件に関するお問合せ先】
一般社団法人日本能率協会 経営・人材センター(担当:馬場)
〒530-0001 大阪市北区梅田2-2-22
TEL:06-4797-2050  E-mail:j-exceed@jma.or.jp
※取材のお問い合せは、東京オフィス広報室(TEL:03-3434-8620、担当:亀山)へお願いいたします。

 

 Adobe Reader
Adobe ReaderPDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。