ニュースリリース

2014年度 新入社員「会社や社会に対する意識調査」結果

資料配布先:東商記者クラブ、厚生労働記者会、労政記者クラブ
2014年04月17日

報道関係各位

一般社団法人日本能率協会

2014年度 新入社員「会社や社会に対する意識調査」結果

安定重視の傾向つづく、居心地のよさ求める新入社員〜組織・社会とのつながり感じる機会をつくろう〜

日本能率協会(JMA、会長:山口範雄)は、小会が提供する新入社員向けセミナーの参加者を対象に、「会社や社会に対し、どのような意識や価値観を持っているか」の調査を行っています。
今回、2014年3月27日〜4月8日の期間で、2014年度入社の新入社員を対象に意識調査を実施しました(回答数1,039人)。前回調査に引き続き上司・先輩にも調査を行い(回答数151人)、新入社員との意識のギャップを聞いています。

<トピックス>

1.「定年まで勤めたい」が初めて過半数(50.7%)に。
入社の決め手は「雰囲気の良い会社」

2.理想の上司像にギャップ。
「丁寧に指導してほしい新入社員」と「結果を褒めたい上司・先輩」

3.グローバル化を「ビジネスの好機」と捉えるも、「海外赴任はしたくない」が2年連続増加

4.過去最高! 女性の9割が「子供が生まれても仕事を続けたい」と回答

5.約6割 が「10年後の日本は良くなる」。東京五輪に期待!

6.「東日本大震災」が人生に与えた影響は、人との“絆”と“命”の大切さ
※詳細・グラフは下記の「ニュースリリース全文」PDFをご覧ください。
<調査概要>
■調査時期:
新入社員への配布・回収:2014年3月27日〜4月8日
上司・先輩社員への配布・回収:2014年3月26日〜4月8日
■調査対象:
新入社員: 日本能率協会の新入社員向け公開教育セミナー参加者および
日本能率協会の研修を活用している企業の新入社員
上司・先輩:日本能率協会の会員企業およびセミナー参加企業の方
■調査方法:
新入社員:研修1日目終了時に調査票を配布、翌日回収
上司・先輩:郵送で配布・回収
■回答数:
新入社員:1,039人 上司・先輩:151人
■回答者性別:
新入社員 男性 732人(70.5%)、女性305人(29.4%)、無回答2人(0.2%)
上司・先輩属性 管理職(役員含む) 96人(63.6%)、非管理職 54人(35.8%) 、無回答1人(0.7%)
 ニュースリリース全文 -->  (949.4KB)

 

【本件に関するお問合せ先】
一般社団法人日本能率協会 経営・人材センター(担当:海老原)
〒105-8522 東京都港区芝公園3-1-22  TEL:03-3434-1955  FAX:03-3434-6387
※取材のお問い合せは、広報室(TEL:03-3434-8620)へお願いいたします

 

 Adobe Reader
Adobe ReaderPDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。