ニュースリリース

「第36回 産業安全対策シンポジウム」2/25〜2/28


2014年01月15日

報道関係各位

一般社団法人日本能率協会

「第36回 産業安全対策シンポジウム」2/25〜2/28

工場事故の教訓、ヒューマンエラー防止、安全教育など具体事例が聞ける

一般社団法人日本能率協会(JMA、会長:山口範雄)と公益社団法人日本プラントメンテナンス協会(JIPM、会長:中谷修)は、産業界における災害・事故の予防ならびにトラブル後の事業継続のための対策等に関する重要課題を取り上げる「第36回産業安全対策シンポジウム」を、2014年2月25日(火)〜28日(金)の4日間、三田NNホール(東京都港区)で開催します。
聴講は1セッション(3時間)につき2万1,000円(税込)ウェブhttp://school.jma.or.jp/anzenまたは電話03-3434-1410にて参加を受け付けています。

1978年から続く本シンポジウムは、産業界全体の安全対策、リスク対応力の向上に寄与することを目的として開催しています。
第36回目となる今回は、「事故事例からの教訓」「メンタルヘルスケア」「現場力の発揮」「安全装置」「ヒューマンエラー防止」「保安力向上」「安全教育」をテーマに4日間で8セッションが行われ、各社の具体的な事例から教訓・知見を共有します。

<プログラムはホームページをご覧ください>

【概要】
名称:第36回 産業安全対策シンポジウム
日時:2014年2月25日(火)〜28日(金)の4日間 10:00〜17:00
会場:三田NNホール (東京都港区芝4-1-23)
対象:安全、製造、生産技術、総務、経営企画、リスクマネジメント等のスタッフ、管理者および経営幹部の方
費用:1セッション(3時間)につき2万1,000円(税込)
※主催団体・後援団体の会員、大学・国公立研究機関の方は割引あり。詳しくはお問合せください
申込:日本能率協会ホームページ http://school.jma.or.jp/anzenまたは電話03-3434-1410
 ニュースリリース全文 -->  (340.8KB)

 

【本件に関するお問合せ先】
一般社団法人日本能率協会 経営・人材センター(担当:加藤)
〒105-8522 東京都港区芝公園3-1-22  TEL:03-3434-1410

※催しの取材を希望される場合は、必ず事前に広報室(TEL:03-3434-8620 担当:亀山)までご連絡ください。なお、講演者の都合によりお断りすることがございますのであらかじめご了承ください。

 

 Adobe Reader
Adobe ReaderPDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。