ニュースリリース

第2回「ビジネスパーソン1000人調査」職場に関する意識アンケート結果

資料配布先:厚生労働記者会・労政記者クラブ・東商記者クラブ
2013年11月28日

報道関係各位

一般社団法人日本能率協会

第2回「ビジネスパーソン1000人調査」職場に関する意識アンケート結果

7割が賃上げに期待感なし、もし上がったら「貯蓄したい」

企業の人材育成やものづくり革新、調査・システム開発などの経営支援サービスを提供する日本能率協会グループは、このたび、全国のビジネスパーソン1000人に対して意識調査を行いました。この調査は働く人びとに焦点を当て、その時々の旬の話題をデータで紹介するシリーズです。今回は職場の話題として「給与」と「コミュニケーション」を取り上げました。

トピックス  ※詳細は下記の「ニュースリリース全文」からPDFをご参照ください。
★給与について★
1.会社の業績改善しても「給与変わらないと思う」6割、「下がると思う」1割と、7割が賃上げに期待感なし。理由は「会社が余裕資金として蓄えると思うから」

2.もし給与上がっても過半数が「貯蓄したい」、消費するなら「旅行・レジャー」

★コミュニケーションについて★
3.現在の職場で感じているストレスは「仕事量の多さ」「年収」「休暇の取りづらさ」、メンタルヘルス不調に陥る原因は「職場の人間関係」

4.コミュニケーション不足を感じる相手は全世代で「上司」がトップ、親睦深めるには「雑談」「飲み会」「挨拶」と日ごろの付き合いを重視

5.職場でハズさない飲み会は「和食」を「とりあえずビール」で「趣味の話」


■コメント
企業向け減税制度を利用した賃上げについて経営者の対応に関心が集まっているが、働く人びとの反応は7割が給与の増加は期待できないとする結果になった。消費行動も、過半数が「もし給与が上がっても貯蓄する」と後ろ向き。アベノミクスにより株価、為替に前向きな反応が表れてきたが、消費税率引き上げや社会保障制度改革を控え、生活者であるビジネスパーソンには生活防衛意識の強さがうかがえる。
また、職場でのストレスとして業務量や待遇への不満が目立った。働き方や評価制度などについて、従業員の実感を伴う業績反映の仕方を考える必要があるだろう。
職務と報酬への納得感が低いのは、上司とのコミュニケーション不足も影響しているだろう。師走を迎え“飲みニケーション”の機会が増えるシーズン。酒の力に頼った無礼講は遠慮したいが、互いを知れば業務上のやりづらさが解消することもある。職場の忘年会はタテ・ヨコのつがなりを深める場として、対話を楽しむ時間にしてほしい。

調査名称: ビジネスパーソン1000人調査
調査期間: 2013年10月25日(金)〜30日(水) 6日間
調査対象: (株)日本能率協会総合研究所「JMARリサーチモニター」のうち全国の20歳〜69歳までの正規・非正規雇用の就業者(企業や団体で働く正社員、役員、経営者、契約・嘱託社員、派遣社員。ただしパート・アルバイト、医師・弁護士などの専門職業、自由業を除く)
調査方法: インターネット調査
回答者数: 1,000人(内訳:男性732名、女性268名) ※回答は小数点第2位を四捨五入
 ニュースリリース全文 -->  (865.3KB)

 

【本件に関するお問合せ先】
日本能率協会グループ 広報委員会(担当:亀山)
〒105-8522 東京都港区芝公園3-1-22 一般社団法人日本能率協会内
  TEL:03-3434-8620/FAX:03-3433-0269/E-mail:jmapr@jma.or.jp

 

 Adobe Reader
Adobe ReaderPDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。