ニュースリリース

2013年度(第35回)「当面する企業経営課題に関する調査」結果

資料配布先:東商記者クラブ 財界記者クラブ
2013年10月31日

報道関係各位

一般社団法人日本能率協会

2013年度(第35回)「当面する企業経営課題に関する調査」結果

 一般社団法人日本能率協会(会長:山口範雄、JMA)は、企業の戦略立案や経営課題解決に役立つ情報を提供するため、1979年から、国内主要企業の経営者を対象に、企業経営課題に関する調査を実施しています。今年度は2013年8月に実施し、全国の上場企業・非上場企業、計662社の回答を得ました。
 また、ASEAN地域3カ国(インドネシア、シンガポール、タイ)の日系企業269社にも調査を行い、現地拠点マネジメントの実態調査を行いました。調査結果の主なポイントは以下のとおりです。

<主なポイント>
1.経営環境への関心は、大手企業でグローバル対応、中小企業で国内の経済動向

2.経営課題のトップに収益の向上、次なる戦略へ転換の兆し

3.正社員の採用は一定数を確保、女性管理職30%は遠く及ばす

4.ますます進むアジア地域への拠点展開、一方で国内生産の減少傾向に歯止めも

5.堅調に進むASEAN事業、課題は「現地社員の能力向上」

※各項目の内容につきましては、下記全文PDFをご参照ください。
http://www.jma.or.jp/pdf/20131031.pdf

<「2013年度(第35回)当面する企業経営課題に関する調査」概要>
■調査時期
2013年8月
■調査対象
全国の上場企業および非上場企業の計5,000社の経営者
■調査方法
質問紙法(郵送配布、郵送および電子メールによる回答)
■回答数・回収率
回答数662社、回答率13.2%
■調査内容
[1]回答企業の経営概況
[2]経営課題・経営環境認識
[3]戦略と事業・組織の関係性
[4]経営機能別「財務」「組織・人材」「営業・マーケティング」「研究・開発」「生産」領域の課題

※「ASEAN地域3カ国調査」概要

■調査時期
2013年8月〜9月
■調査対象
インドネシア…ジャカルタ・ジャパンクラブの法人会員536社、シンガポール…日本商工会議所694社、タイ…JMAグループが接点をもつ現地日系企業866社の計2,096社
■調査方法
電子メール調査法
■回答数・回収率
全体269社、回収率12.8%  (インドネシア…77社、シンガポール…120社、タイ…72社)
■調査の主要内容
ASEANの現地拠点対象の設問と、「当面する企業経営課題に関する調査」の一部設問を比較設問とした

以上

 

【本件に関するお問合せ先】
一般社団法人日本能率協会 JMAマネジメント研究所(大和、山根)
〒105-8522東京都港区芝公園3-1-22
TEL:03-3434-6270 FAX:03-3434-6330 E-mail:kadai@jma.or.jp

※取材のお問い合わせは、広報室(TEL:03-3434‐8620、担当:清水)へお願いいたします。

 

 Adobe Reader
Adobe ReaderPDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。