ニュースリリース

電子・機構部品の展示会「TECHNO-FRONTIER 2013」7/17開幕!


2013年06月07日

報道関係各位各位

一般社団法人日本能率協会 TECHNO-FRONTIER事務局

電子・機構部品の展示会「TECHNO-FRONTIER 2013」7/17開幕!

業界をリードする約450社が出展! デモンストレーションや無料講演会も

一般社団法人日本能率協会(JMA、会長:山口範雄)は、2013年7月17日(水)〜19日(金)の3日間、東京ビッグサイト(東京都江東区)において、「TECHNO-FRONTIER 2013(テクノフロンティア2013)」の総称のもと、「モータ」「電源」などエレクトロニクス・メカトロニクスに関する要素技術の10分野を集めた専門技術展を開催します。
今回は、446社が出展(日本国内から379社、海外7カ国・地域から67社)。機器・装置メーカの開発・設計者/生産技術者や経営者などに向け、製品や技術に関する情報収集や商談の場を提供します。
現在、ホームページ(http://http://www.jma.or.jp/TF)で展示会入場料¥3,000が無料になる来場事前登録を受け付けています。


注目企画のご紹介

★手術支援ロボット『IBIS(アイビス)』、自律型飛行ロボット『ミニサーベイヤー』など最先端サービスロボットのデモと関連講演を実施

【ヒューマンアシストロボット・デモ】 [東2ホール]<新規>

■『「IBIS」〜力覚を有する空気圧駆動手術支援ロボットシステム〜』
■『障害物回避先導ロボット〜障害物をセンシングし、回避しながら平地を先導するガイダンスロボット』

日本のものづくり技術の新たな活路として、従来の産業用途からサービス分野への応用が期待されるロボット技術。中でも介護、ヘルスケア、医療などの「ヒューマンアシスト」用途は高齢化を背景に、市場拡大が見込まれています。
今回は東京医科歯科大学 生体材料工学研究所、東京工業大学 精密工学研究所、日本精工の協力のもと、空気圧駆動による力覚提示が可能な外科手術支援ロボットと、人の行きたい方向を察知し、進路上にある障害物を自律認識して回避しながら進む自律移動ロボットの事例を、デモと操作体験にて紹介します。

■最新事例の特別講演会/医療機器編

日 時:7月19日(金)11:45〜12:30
会 場:東2ホール 特別講演会場
聴 講:無料・WEB事前登録制
定 員:150名
テーマ:外科手術支援ロボットの開発事例と今後の展望
    〜力覚を有する空気圧駆動 手術支援ロボットシステム「IBIS」〜
講 師:国立大学法人東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 川嶋 健嗣 氏


【ロボットメカトロニクス・デモ】[東3ホール]

■『ミニサーベイヤーMS-06の自動着陸・バッテリ交換・自動離陸デモおよび有線給電無制限自律飛行デモ』
災害現場など人間が立ち入れない悪条件下での撮影・監視作業が期待される自律型飛行ロボット「ミニサーベイヤー」。千葉大学 野波研究室、ミニサーベイヤーコンソーシアムの協力のもと、昨年好評だったデモを拡充し、今年は自動着陸・バッテリ交換・自動離陸デモ、および有線給電無制限自律飛行デモを実施します。

■最新事例の特別講演会/ロボット編

日 時:7月18日(木)14:15〜15:05
会 場:東2ホール 特別講演会場
聴 講:無料・WEB事前登録制
定 員:150名
テーマ:強力な産学官連携でグローバル競争の推進を
―ミニサーベイヤーコンソーシアムによる試みと展望―
講 師:国立大学法人千葉大学 副学長 工学研究科 教授 野波 健蔵 氏


★ワイヤレス給電技術、産業オープンネットワークなど注目技術の最前線を紹介!

■注目技術の最前線[東2ホール・聴講無料・WEB事前登録制・定員150名]

≪産業オープンネットワークDAY≫
7/17(水)12:00〜16:50
・「産業オープンネットワークとは(全体説明)」:日本プロフィバス協会
・「フィールドバスとは」:CC-Link協会
・「産業用Ethernetとは」:ODVA日本支部
・「モーション制御用バスとは」:MECHATROLINK協会、ETG/EtherCAT Technology Group
・「安全ネットワークとは」:セーフティネットワークジャパン

≪ワイヤレス給電技術DAY≫
7/19(金)13:50〜15:25
・「ワイヤレス電力伝送技術の標準化動向とBWFでの取り組み」
  東芝 研究開発センター ワイヤレスシステムラボラトリー 庄木 裕樹 氏
・「クアルコムのポータブル機器向けワイヤレス電力伝送技術」
  クアルコムジャパン 標準化グループ 標準化部長 石田 和人 氏


展示の見どころ

★『モータの省エネルギ―・ソリューションゾーン』<新規>

今年1月に経済産業省にて省エネルギー基準が決定し、2015年からの欧州並みの規制引き上げに向けて注目が集まる産業用次期高効率モータ(プレミアム効率モータ)。
テクノフロンティアの構成展示会の一つ『第31回モータ技術展』では、本モータを中心にインバータなど最新のモータの省エネ・高効率化に貢献する関連技術・
製品を紹介します。

関連出展企業:日立産機システム、富士電機、三菱電機、安川電機 他

★『介護・ヘルスケア/医療機器開発技術ゾーン』<新規>
 新領域への技術転用を応援!

介護・ヘルスケア/医療領域では、少子高齢化に伴い、「自立支援」「在宅医療」を実現するための、パワーアシストやパーソナルモビリティ、介護支援機器など新たな製品開発が進んでいます。
そこでニーズが高まっているのが、センサ技術をはじめとする「人にやさしい」メカトロニクス、エレクトロニクス技術。
テクノフロンティアでは今年、介護・ヘルスケア・医療機器設備、開発のための部品、システム、技術の集中展示ゾーンを新設します。

関連出展企業:OKIエンジニアリング、キヤノンプレシジョン、小松ばね工業、CM
エンジニアリング、平出精密、ミツミ電機 他

★『世界に誇れる日本の匠技術ゾーン』<新規>

日本のものづくりを取り巻く厳しい環境下でも、微細加工技術をはじめ独自の技術を武器に世界で確固たる地位を築き、世界中から注目を集めている企業7社を紹介します。

関連出展企業: インパクト、エスエスケー、エルグ、オグラ宝石精機工業、カシワミルボーラ、クオルテック、中津山熱処理

【TECHNO-FRONTIER 2013 展示会 全体開催概要】

■名  称 :TECHNO-FRONTIER 2013 (テクノフロンティア2013) 
第31回 モータ技術展
第22回 モーション・エンジニアリング展
第6回 メカトロニクス制御技術展
第28回 電源システム展
第26回 EMC・ノイズ対策技術展
第5回 バッテリー技術展
第4回 環境発電技術展
第22回 組込みコンピュータ展
第15回 熱設計・対策技術展
第8回 設計支援システム展
集中展示 センシング技術ゾーン
(新)集中展示 モータの省エネルギー・ソリューションゾーン
集中展示 ワイヤレス給電技術ゾーン
(新)集中展示 エネルギーチェーン要素技術ゾーン
(新)集中展示 介護・ヘルスケア/医療機器開発技術ゾ−ン
(新)集中展示 小型化・軽量化ソリューションゾーン
特別企画 産学官交流技術移転フォーラム

■会  期  : 2013年7月17日(水)〜19日(金) 10:00〜17:00 
■会  場  : 東京ビッグサイト(東京国際展示場) 東1〜3ホール
■主  催  : 一般社団法人日本能率協会

■展示規模  : 446社/977小間(予定)
■来場者数  : 32,000名(予定)
■来場対象  : 各種機器・装置メーカの開発設計者、生産技術者、資材・購買担当者、研究者等
■入場登録料 : 3,000円(ただし、WEB事前登録証持参者、招待券持参者および学生は無料)

■同時開催シンポジウム: TECHNO-FRONTIER 2013技術シンポジウム
(全46セッション予定)

以上
 ニュースリリース全文 -->  (405.8KB)

 

【本件に関するお問合せ先】
TECHNO-FRONTIER事務局  担当:田部
一般社団法人日本能率協会 産業振興センター内  
〒105-8522 東京都港区芝公園3-1-22 
TEL: 03-3434-0587   FAX: 03-3434-3593 
E-mail: tf@convention.jma.or.jp
※取材のお問い合せは、広報室(TEL:03-3434-8620、担当:斎藤)へお願いいたします

 

 Adobe Reader
Adobe ReaderPDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。