ニュースリリース

第1回「FOODEX美食女子」グランプリに4製品が決定!

資料配布先:東商記者クラブ
2013年03月05日

報道関係各位

一般社団法人日本能率協会

第1回「FOODEX美食女子」グランプリに4製品が決定!

一般社団法人日本能率協会(会長:山口範雄、JMA)ほか関連4団体が主催する「第38回国際食品・飲料展(FOODEX JAPAN 2013)」は、このたび、今年イチオシの製品を女性目線で発掘する「FOODEX美食女子」グランプリを創設しました。
本展が組織する女性モニター「FOODEX美食女子」50名による審査会を経て、第1回のグランプリ受賞製品に株式会社成城石井「シャメイ スパークリング」、株式会社トロナジャパン「SUMADO(スマド)」、ニチニチ製薬株式会社「果実の美学」、日本緑茶センター株式会社「ティールーム・オーガニックチョコレート」の4社/4製品が決定しました。

第1回目となる今回は2012年7月〜2013年1月にかけて製品を募集し、応募187点(106社から出品)からグランプリ4製品、金賞11製品、銀賞14製品が受賞。3月5日〜8日まで幕張メッセ(千葉県千葉市)で開かれる本展示会でディスプレイ展示します。

第2回の開催は2013年6月に応募を開始し、2014年3月4日から始まる「第39回国際食品・飲料展(FOODEX JAPAN 2014)」で受賞製品を発表する予定です。

受賞企業および製品、概要
※企業名五十音順

●株式会社成城石井
「シャメイ スパークリング」
(果汁100%使用のスパークリングジュース)

●株式会社トロナジャパン
「SUMADO(スマド)」
(自然解凍で食べられる冷凍の焼きドーナツ)

●ニチニチ製薬株式会社
「果実の美学」
(生苺(とちおとめ)を使ったフルーツドレッシング)

●日本緑茶センター株式会社
「ティールーム・オーガニックチョコレート」
(1枚にティーカップ約1杯分のお茶を含んだオーガニックチョコレート)

※受賞製品の写真、内容、評価ポイントにつきましては、全文PDFファイルをご覧ください。

「FOODEX美食女子」グランプリとは

1.賞の目的
「国際食品・飲料展(FOODEX JAPAN)」は1976年から毎年開催しており、現在は世界60以上の国・地域が出展し、7万名を超える食品業界関係者が集うアジア最大級のイベントです。
海外でも知られているこの展示会の知名度を活用し、食料・飲料消費の鍵を握る女性たちの目線で「売れる製品」を発掘し、育てていく表彰制度として、このたび「FOODEX美食女子」グランプリを創設しました。
女性に好まれる製品事例を産業界に広く紹介することで、食品・飲料メーカーの商品開発担当者、小売・外食の購買担当者らのビジネスの一助としていただくこと、消費者の購買意欲を刺激することを目的としています。

2.「FOODEX美食女子」について
「FOODEX美食女子」は、タレントやフードコーディネーター、栄養士など“食”に対する意識の高い女性たちを募って2012年に結成したトレンド発信集団です。
小学館女性ファッション誌『CanCam』で“自炊モデル”として人気の近藤しづかさんをオフィシャルサポーターに迎え、現在50名が参加しています。
女性消費者の視点から20代〜50代の女性層のニーズを先読みし、食品関連企業の商品開発・販売力強化を支援するプロジェクトです。

3.応募対象
日本国内で販売する食品・飲料

4.審査費用
18万円/1製品(「国際食品・飲料展(FOODEX JAPAN)」の出展者は割引あり)

5.審査項目と賞の種類・基準
製品は「味」「食べやすさ」「パッケージ・ビジュアル」「オリジナリティ」「売価・コストパフォーマンス」「ボリュームの適性」「口コミ・つぶやきの適性」の7つの指標で「FOODEX美食女子」が審査し、5ポイント満点で「グランプリ(4.5点以上)」「金賞(4.0点以上)」「銀賞(3.5点以上)」を決定します。

6.受賞ロゴマーク
受賞ロゴマークには「グランプリ」「金賞」「銀賞」の3種類があります(このページ右上参照)。受賞製品は、原則として1年間(2014年3月まで)、製品パッケージや販促物にロゴマークを使用でき、競合製品との差別化や消費者の目を引く効果が期待できます。

以上
 ニュースリリース全文 -->  (506.1KB)

 

【本件に関するお問合せ先】
FOODEX JAPAN事務局 (担当:箱崎 )
一般社団法人日本能率協会
〒105-8522 東京都港区芝公園3-1-22
TEL:03-3434-3453/E-mail:foodex@jma.or.jp
ホームページ: http://www.jma.or.jp/foodex

※取材のお問い合せは広報室(TEL:03-3434-8620、担当:亀山)へお願いいたします。

 

 Adobe Reader
Adobe ReaderPDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。