ニュースリリース

“産業のグリーン化”をテーマにした展示会「グリーン・イノベーションEXPO 2012」を開催


2012年10月01日

報道関係各位

一般社団法人日本能率協会 公益社団法人化学工学会

“産業のグリーン化”をテーマにした展示会「グリーン・イノベーションEXPO 2012」を開催

世界から注目される日本の水ビジネスなど〜最新の技術やシステムを紹介

一般社団法人日本能率協会と公益社団法人化学工学会は、“産業のグリーン化”をテーマにした専門展示会「グリーン・イノベーションEXPO2012」を、2012年11月14日(水)〜16日(金)、東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催します。

本展は、円高や電力問題などを抱える製造業のエネルギー・環境対策を紹介する「ECO-MAnufacture」、日本が高い技術力を持つ素材や材料を紹介する「グリーン・マテリアル」、新興国を中心に大きな需要が見込まれる水処理技術やサービスを紹介する「水イノベーション」の3つの展示エリアで構成しています。これらの分野における先端技術の紹介や情報交換の場を提供することで、関連産業の振興を支援します。


< 各展示エリアの主な内容 >
1.「ECO-MAnufacture」(製造業のエネルギー・環境対策分野の展示会)
・製造業に特化した、最新のエネルギー、環境対策機器やシステムを紹介。
・電力需給問題の解決策として注目されている「工場エネルギー管理システム(FEMS:Factory Energy Management System)」を特集し、成功事例や最新情報を紹介。
・一般財団法人省エネルギーセンターの担当者が、工場をはじめとした建造物の省エネ対策のコンサルティングを無料でおこなう「省エネルギー相談コーナー」を併設。

2.「グリーン・マテリアル」(日本が高い技術力を持つ、素材・材料分野の展示会)
・素材メーカーや研究機関が開発した、エネルギーの効率化や環境問題に配慮した高機能でユニークな素材を紹介。
・各企業が開発した新素材の用途創造・拡大のための「新素材 用途開発フォーラム」を設置。

3.「水イノベーション」(世界から注目される日本の水処理ビジネス分野の展示会)
・新興国を中心に大きな需要が見込まれる水処理技術やシステムを紹介。
・国際連合工業開発機関(UNIDO)が海外で取り組んでいる水関連事業をはじめ、新興国の水事情とビジネス機会について、カンボジア、スリランカ、ベトナム、ロシアから専門家を招聘しセミナーを開催。

【開催概要】
・開催日時:2012年11月14日(水)〜16日(金)各日10:00〜17:00
・開催場所:東京ビッグサイト 西2ホール(東京都江東区有明3-11-1)
・出展:国内および海外2カ国・1地域(韓国、マルタ、台湾)から約125社(予定)
・主催:一般社団法人日本能率協会、公益社団法人化学工学会
・ホームページ:http://www.jma.or.jp/green/

以上
 ニュースリリース全文 -->  (162.8KB)

 

【本件に関するお問合せ先】
グリーン・イノベーションEXPO事務局(担当:竹生、上沖)
一般社団法人日本能率協会 産業振興第2ユニット内
〒105-8522 東京都港区芝公園3-1-22  TEL:03-3434-0587 / FAX:03-3434-3593
ホームページ:http://www.jma.or.jp/green
※ご取材のお問い合わせは、広報室(TEL:03-3434-8620)へお願いいたします。

 

 Adobe Reader
Adobe ReaderPDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。