ニュースリリース

電子・機構部品の展示会「TECHNO-FRONTIER 2012」7/11から東京ビッグサイトで 開催


2012年06月20日

報道関係各位

一般社団法人日本能率協会

電子・機構部品の展示会「TECHNO-FRONTIER 2012」7/11から東京ビッグサイトで 開催

アジア最大級の450社が出展! デモンストレーションや無料講演会も

 一般社団法人日本能率協会(JMA、会長:山口範雄)は、2012年7月11日(水)〜13日 (金)の3日間、東京ビッグサイト(東京都江東区)において、「TECHNO-FRONTIER 2012(テクノフロンティア2012)」の総称のもと、「モータ」「電源」などエレク トロニクス・メカトロニクスに関する要素技術の10分野を集めた専門技術展を開催 します。
 今回は、459社が出展(日本国内から387社、海外7カ国・地域から72社)。機器・ 装置メーカの開発・設計者/生産技術者や経営者などに向け、製品や技術に関する 情報収集や商談の場を提供します。
 現在、ホームページ(http://www.jma.or.jp/TF) で展示会入場料¥3,000が無料に なる来場事前登録を受け付けています

【注目企画のご紹介】

デモで実感! ワイヤレス給電、ロボットメカトロニクス技術を紹介
●ワイヤレス給電技術デモゾーン [東6ホール]
携帯電話の充電器に採用され注目が集まるワイヤレス給電技術。昭和飛行機工業、 TDKグループ、東光、ビー・アンド・プラスによるデモンストレーションを実施し ます。

●最先端のロボットメカトロニクス デモンストレーション』 [東5 ホール]
従来の産業用途からサービス分野への応用が期待されつつあるロボット技術。千葉 大学 野波研究室・並木研究室、旭光電機、テムザックの協力のもと、操作者のし ぐさを伝えることのできるヒューマノイド超遠隔操作型ロボット、留守番・遠隔操 作機能の他、お互いに相手の映像をを見ながら会話をすることができる機能を搭載 した、家庭用留守番ロボットなどを、実機を動かして紹介します。
災害現場など人間が立ち入れない悪条件下での撮影・監視作業が期待されるマルチ ロータ電動ヘリ(無人ヘリコプター)を、遠隔・ワイヤレス制御により複数機を同 時に飛ばすデモンストレーションは必見です。

●専門家による無料講演も豊富! 実用化の展望、標準化の動向など情報収集に役 立ちます
7月12日(木)メカトロニクストータルソリューションDAY (定員150名、当日 先着で受付)[東5ホール]
12:40〜13:40「メカトロニクスの課題と今後の展望〜産業応用型電動ヘリコプタの 開発から見た課題と展望〜」
国立大学法人千葉大学 副学長 大学院工学研究科人工システム科学 専攻 野波 健蔵氏
14:00〜15:00「サービスロボット市場の展望と今後ロボット開発に求められる技術 とは?」
株式会社テムザック 代表取締役  高本 陽一 氏
15:20〜16:20「産業オープンネットワークの最前線」
産業オープンネット展準備委員会  元吉 伸一 氏

7月13日(金) ワイヤレス給電技術DAY (定員150名、当日先着で受付)[東5ホ ール]
12:20〜13:20「宇宙太陽光発電が開くイノベーション」
国立大学法人京都大学 生存圏研究所 教授 篠原真毅 氏
13:40〜14:40「Qi規格最新動向と今後の展望」
ワイヤレスパワーコンソーシアム会長 Menno Treffers氏

●モータ技術展 第30回開催記念「レアアース」「省エネ・高効率」「30年のあゆ み」
 「モータ技術展」が今年開催30周年を迎えます。これを記念して、下記3つの特 別展示を実施します。

 『省エネ・高効率モータ最前線特集コーナー』
 省エネ規制に向けて注目が高まる次期高効率モータ(プレミアム効率モータ)を 中心に、最新の省エネ・高効率化に貢献するモータ関連技術・製品を紹介します。
 協賛:山洋電気、東芝、日立産機システム、富士電機

 『レアアースマネジメントコーナー』
 モータに搭載する希土類磁石(レアアース)確保が喫緊の課題となる中、より少 量のレアアースで従来の性能を実現する使用量低減技術や、代替技術、回収して再 利用する技術などの研 究成果をパネルと一部実機で紹介します。

 『モータ技術展開催30周年 メモリアル展示コーナー』
 モータ技術はこの30年間でどう変わったか? 産業用に利用されるモータを中心 に、「省エネ」「小型化」「高精度」など時代のニーズや周辺技術の進化と合わせ て年表と実機で振返ります。
  協賛:日本精工、安川電機 他

【TECHNO-FRONTIER 2012 展示会 全体開催概要】

■名  称 :TECHNO-FRONTIER 2012 (テクノフロンティア2012)
第30回 モータ技術展
第21回 ボード・コンピュー タ展
第21回 モーション・エンジニアリング展
第14回 熱設計・対策技術展
第5 回 メカトロニクス制御技術展
第7 回 設計支援システム展
第27回 電源システム展
集中展示 次世代材料ゾーン
第25回 EMC・ノイズ対策技術展
集中展示 再生可能エネルギー安定 供給ゾーン
第4 回 バッテリー技術展
集中展示 センシング技術ゾーン
第3 回 環境発電技術展
集中展示 ワイヤレス給電技術ゾーン

■会  期  : 2012年7月11日(水)〜13日(金) 10:00〜17:00
■会  場  : 東京ビッグサイト(東京国際展示場) 東4〜6ホール
■主  催  : 一般社団法人日本能率協会
■展示規模 : 459社/974小間(予定) ※前回実績:422社/929小間
■来場者数 : 35,000名(予定) ※前回実績:33,705名
■来場対象 : 各種機器・装置メーカの開発設計者、生産技術者、資材・購買担 当者、研究者等
■入場登録料: 3,000円(ただし、事前登録証持参者、招待状持参者および学生 は無料)
■同時開催シンポジウム: TECHNO-FRONTIER 2012技術シンポジウム(全40セッ ション予定)
■同時開催展示会: マイクロマシンMEMS展 (主催:メサゴ・メッセフラン クフルト(株))
                ※再登録による来場者の相互入場を実施します 。
以上
 ニュースリリース全文 -->  (166.2KB)

 

【本件に関するお問合せ先】
TECHNO-FRONTIER事務局  担当:田部
一般社団法人日本能率協会 産業振興第2ユニット内  
〒105-8522 東京都港区 芝公園3-1-22
TEL: 03-3434-0587   FAX: 03-3434-3593
E-mail: tf@convention.jma.or.jp

※取材のお問い合せは、広報室(TEL:03-3434-8620、担当:亀山)へお願いいた します。

 

 Adobe Reader
Adobe ReaderPDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。