ニュースリリース

個と組織のダイナミズムを応援するKAIKAプロジェクト始動!

資料配布先:東商記者クラブ・経済産業記者会・経済産業省ペンクラブ・厚生労働記者会・労政記者クラブ
2012年01月25日

報道関係各位

社団法人日本能率協会

個と組織のダイナミズムを応援するKAIKAプロジェクト始動!

 第一弾として「能力開花大賞」の募集を開始します 

 社団法人日本能率協会(会長:山口範雄、JMA)は、このたび、個と組織のダイナミズムを実現する活動を社会に普及することを目的に『KAIKAプロジェクト』を立ち上げました。
 活動の第1弾として、「能力開花大賞」を創設し応募を開始いたしました。これは、KAIKAの考えを実践する「能力開花運動」に精力的に取り組む組織を顕彰する制度で、9月に表彰式を行います。同時に、組織の活性化度を自己診断できるwebツール「KAIKAモデル診断」サイトを2月13日に開設し、企業や組織の能力開花運動を応援します。

■「能力開花−KAIKA−」とは
「能力開花」ならびに「KAIKA」は同じ意味で使用し、「個の成長、組織の活性化、組織の社会性」を同時に実現していくプロセスとして定義しました。3つの視点(個人・組織・社会)と12の因子を元にした、KAIKAモデル図でその概念を表しました。[詳細は全文PDFを参照ください]

■KAIKAプロジェクトとは
KAIKAプロジェクトを推進するために、JMAは研究・運動・表彰の3つの切り口で場を提供していきます。「能力開花研究(KAIKA Labo)」では、KAIKAモデルの事例研究やツールの開発などを行います。「能力開花運動(KAIKA Action)」では、各組織の運動展開支援のため、「KAIKAモデル診断」(web上での無料簡易診断)の普及や相談デスクの設置・情報発信などを行います。表彰(能力開花大賞)の活動は以下です。

■能力開花大賞とは
 KAIKAプロジェクトの一環として、年に一度、能力開花の意義を認め実践している組織から応募を募り、選考の上で「能力開花大賞」と「能力開花賞」を決定し、顕彰します。

◎応募対象:
 ・全社、事業部・部門、プロジェクトなどの組織単位(企業)
 ・全社、部門、プロジェクトなどの組織単位(企業以外)
◎賞の種類・受賞要件・受賞基準
 ・能力開花大賞
   受賞要件:応募テーマの活動やその成果によって、KAIKAモデル実践事例として他組織の範となるもの。
   受賞基準:書類審査・現地審査を経て、KAIKAモデルの大賞レベルに達していると評価されるもの。
 ・能力開花賞
   受賞要件:個の成長、組織の活性化の実践事例として評価できるもの。
   受賞基準:KAIKAモデルのフローにてらして、一定時点での変化が評価されるもの。
◎審査費用:無料
◎審査プロセス:「能力開花大賞2012」の応募申し込みは2012年4月27日(金)まで。学識者・経営コンサルタント等によって構成された審査委員会による書類審査と現地審査で決定する。

◎決定後: 2012年7月下旬頃にマスメディアに向けて発表を行い、JMAが2012年9月に開催する人事・人材開発に関するカンファレンス「HRD JAPAN」で表彰式を行います。受賞企業・組織に対しては各種告知活動や専門誌への特集記事掲載等を行います。これらは採用活動や広報活動、また企業内・組織内での啓発活動にも役立ちます。

◎賞創設の経緯: JMAでは1988年度から2010年度までの23年にわたり、「能力開発優秀企業賞」を実施してまいりましたが、このたび全面的にリニューアルをし、「能力開花大賞」を創設しました。背景には企業を取り巻く環境が大きく変わったことがあります。改めて能力開発が目指す組織の活性化と成長を問い直したとき、多様な組織活動と、社会の発展、個人の働きがい・生きがいを相互作用させることこそが組織の競争優位の源泉になるとの考えに至りました。
審査指標の改訂と、賞の種類・対象の変更、そして顕彰だけでなく支援活動も行うKAIKAプロジェクト体制、という3点が今回のリニューアル点です。

<報道各位へお願い>
貴紙誌を通じて本催しを広く関係各方面にお知らせいただきたく、ご協力のほどお願い申しあげます。
ロゴ、キャラクター(データをご入用の場合は、広報グループ(TEL:03-3434‐8620)へご連絡ください)
また、記事掲載の折には、掲載紙(誌)1部を下記事務局宛にご郵送いただければ幸いです。

 

【本件に関するお問合せ先】
社団法人日本能率協会
〒105-8522 東京都港区芝公園3-1-22
経営研究所(山崎、長沼)  
TEL:03-3434-6270 FAX:03-3434-6330 E-mail:award@jma.or.jp
※取材のお問い合せは、広報グループ(担当:亀山 [TEL:03-3434-8620] )へお願いいたします。

 

 Adobe Reader
Adobe ReaderPDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。