ニュースリリース

埼玉県「目標設定型排出量取引制度」における検証サービスを開始します


2011年06月07日

報道関係各位

社団法人日本能率協会

埼玉県「目標設定型排出量取引制度」における検証サービスを開始します

 社団法人日本能率協会 地球温暖化対策センター(JMACC)は、本年度4月から埼玉県で導入された「目標設定型排出量取引制度」における登録検証機関として、2011年6月1日付で登録されました。
 これを受け、JMACCでは本制度に基づく第三者検証サービスの提供を開始いたします。

 埼玉県「目標設定型排出量取引制度」は、2008年に導入された東京都の「総量削減義務と排出量取引制度」に続き、国内2番目となる自治体による温室効果ガス(GHG:GreenHouse Gas) 排出量取引制度です。
 本制度は、埼玉県内で対象となる約600の事業所が、基準年度と第1計画期間(2011〜2014年)のCO2排出量の実績について検証を受けことを義務づけているもので、2015年7月末を実施状況報告と検証結果の提出期限としています。

 JMACCは、東京都「総量削減義務と排出量取引制度」における登録検証機関としてすでに検証実績があります。数多い国内検証機関の中で先駆けて、「ISO14065(GHG妥当性確認・検証機関に対する国際規格)」を認定取得した国連認定検証機関でもあり、国際標準・国際機関の認定により裏打ちされた、優位性の高い審査・検証を実施しています。今後も、第三者機関として信頼性・透明性の高い検証サービスのラインナップの充実を図ってまいります。

<社団法人日本能率協会 地球温暖化対策センター(JMACC)で提供する主要な検証業務内容>
 ・東京都ならびに埼玉県排出量取引制度に係わる検証
 ・CDMプロジェクト審査・検証
 ・試行排出量取引スキームに係わる検証
 ・環境省自主参加型排出量取引制度(JVETS) に係わる検証
 ・カーボン・オフセット制度(J-VER(森林検証))に係わる検証
 ・国内クレジット制度に係わる検証
 ・CSR報告等に伴うプライベート検証
 ニュースリリース全文 -->  (145.0KB)

 

【本件に関するお問合せ先】
社団法人日本能率協会 地球温暖化対策センター(担当:平川、石川)
TEL:03-3434-1245 / FAX:03-3434-2886
ホームページ:http://www.jma.or.jp/jmacc
〒105-8522 東京都港区芝公園3-1-22
※取材のお問い合せは、広報グループ(TEL:03-3434-8620)へお願いいたします

 

 Adobe Reader
Adobe ReaderPDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。