ニュースリリース

『大学職員ナレッジ・スタンダード』を7月4日に発刊します


2011年06月06日

報道関係各位

社団法人日本能率協会

『大学職員ナレッジ・スタンダード』を7月4日に発刊します

大学職員に必要な業務・マネジメント知識を体系的に学べる書籍

 大学間格差や就業力強化など、大学経営をとりまく課題が高度化・複雑化するなか、「教育に関わる事業企画・改善」「教職協働プロジェクト」「学生へのキャリア支援」など、大学職員が担う機能と役割にも大きな変化が生じています。
 そこで社団法人日本能率協会(JMA、会長:山口範雄)は、70年に及ぶ企業の経営支援のなかで培ったノウハウを活かし、これからの大学経営を支える中堅職員の能力開発(SD:Staff Development)に役立つツールとして、業務知識やマネジメントスキルを体系的にまとめた書籍『大学職員ナレッジ・スタンダード』を2011年7月4日に発刊いたします。

本書は、大学の歴史や政策動向から学生支援、社会連携など大学業務に関する知識を体系的に網羅した「大学業務知識編」(3巻)と、課題の設定・分析、企画力、コミュニケーション力などのマネジメント知識をまとめた「大学マネジメント編」(2巻)の全5巻から構成されています。

日本能率協会では、本書だけでなく、2011年5月に創設した「JMA大学SDフォーラム」(研修・交流の場)、2012年秋より実施予定の「大学職員ナレッジ・スタンダード 到達度確認テスト(仮称)」も併せて提供し、大学職員の基本的な資質・能力の向上と、より専門性の高い業務への参画を促すことで、日本における大学の発展の一助となることを目指します。

『大学職員ナレッジ・スタンダード』の特長
・70年に及ぶ日本能率協会の企業経営支援のノウハウを基に、大学向けに企画・編集
・学生支援やFD・SD、財務や総務などに携わる、大学業務の専門家・実務家24名が執筆・解説
・従来の分野別実務書と異なり、本書は部門や業務の枠を超えて大学職員に必要な知識を網羅
・PDCAや企画力、交渉力、部下育成などマネジメントの基礎知識も修得可能 ・SWOT分析、ベンチマーキング、目標管理などのツールやシートを、購入者にWebサイトから提供
・2012年秋には、本書に基づく大学業務・マネジメント知識の習得度を測る、到達度確認テストの創設を予定

【書籍概要】
名称:大学職員ナレッジ・スタンダード
著者:大学職員ナレッジ・スタンダード編集委員会
定価:28,000円(1セット・全5巻。消費税・送料込み)
     ※予約販売特別価格25,000円(2011年6月30日(木)までに要申込み)
発売日:2011年7月4日
対象読者:大学において企画・運営実務に携わる職員
出版:社団法人日本能率協会
判型:B5版 / 全5巻980ページ
販売:直販(社団法人日本能率協会 学校経営支援センター TEL:03-3434-0380)
 ニュースリリース全文 -->  (205.1KB)

 

【本件に関するお問合せ先】
社団法人日本能率協会 学校経営支援センター
(担当:山川、永井、船橋)
〒105-8522 東京都港区芝公園3-1-22
TEL:03-3434-0380/FAX:03-3434-0900
ホームページ:http://www2.jma.or.jp/edu/uaks
※取材のお問い合せは、広報グループ(担当:亀山/TEL:03-3434-8620)へお願いいたします

 

 Adobe Reader
Adobe ReaderPDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。