ニュースリリース

日本能率協会とベルリッツ・ジャパンがビジネス英会話講座で提携


2011年06月06日

報道関係各位

社団法人日本能率協会

日本能率協会とベルリッツ・ジャパンがビジネス英会話講座で提携

 社団法人日本能率協会(会長:山口範雄)とベルリッツ・ジャパン株式会社(代表取締役:三宅利嘉、以下「ベルリッツ」)は、この度、企業向け研修コースの開発における業務提携を結び、初級レベルの英語力を駆使したビジネスコミュニケーション・スキルを身につける「集中ビジネス英会話講座」を7月より開講いたします。
 両社の提携により、日本能率協会がさまざまな業種に向けて行っている企業教育・研修の顧客チャネルと、ベルリッツ・ジャパンのもつ語学教育・グローバル人材育成のコンテンツを最大限に活用し、グローバル経営を支える人材育成の支援を進めてまいります。

 企業のグローバル化が進み、いまや英語でのコミュニケーションは特定の部署や人材だけに必要とされる能力ではなくなりました。海外の取引先との打合せや、海外生産拠点での指導など、英語を使ってのビジネスが待ったなしの状況となったいま、企業がグローバル化に対応するための人事・人材マネジメント施策においても「日本人社員の語学教育」を重視する声が6割近くに上るなど(かなり重視している12.1%、やや重視している47.0%)、ニーズが高まっています(日本能率協会「当面する企業経営課題に関する調査」2010年11月調べ)。

 今回の提携により、日本能率協会が70年に及ぶ経営支援で培ったビジネス研修でのノウハウと、ベルリッツが設立130年の歴史の中で開発を重ねてきた活きた英語を話すためのトレーニング方法を併せ、両社がもつ現場に即したロールプレイをふんだんに取り入れたプログラムを開発しました。
 提携の第一弾として、ビジネスコミュニケーションの中心であり、かつベルリッツでも人気のある「プレゼンテーション(説明)」「ネゴシエーション(交渉)」「ミーティング(会議)」の3テーマでコースを開講します。取引先や関係会社との打合せ、商談、プロジェクト会議など実際のビジネスシーンを想定し、実践的で即効性のある英語によるコミュニケーション・スキルを学びます。

 今後両社では、英会話にとどまらず、英語でのマネジメント能力を向上させるための研修プログラムなどを共同開発していく予定です。

【コースの特長】
・中学英語レベルのできるだけ簡単な単語と文法を使いこなし、いまある英語力でビジネスシーンでも十分に対応できる英会話力を身につけます
・講座は1コース2日間の集中型で、必要なテーマを選択できます。マンツーマンやグループでのロールプレイングを徹底的に行い、英語でのプレゼンテーションやネゴシエーション、ミーティングにおける流れやコツを体得します
・顧客ニーズから、取引先や関係会社との打合せ、商談、プロジェクト会議、新製品のプレゼンテーションなど、 実際のビジネスシーンを想定したロールプレイをふん だんに取り入れたプログラムです

【コース概要】
名称: 集中ビジネス英会話講座
日時:
「プレゼンテーション」コース
 1)2011年7月21日(木)〜7月22日(金)9:30〜17:30
 2)2012年1月31日(火)〜2月1日(水)9:30〜17:30
「ネゴシエーション」コース
 1)2011年8月2日(火)〜8月3日(水)9:30〜17:30
 2)2012年2月14日(火)〜2月15日(水)9:30〜17:30
「ミーティング」コース
 1)2011年8月18日(木)〜8月19日(金)9:30〜17:30
 2)2012年3月1日(木)〜3月2日(金)9:30〜17:30
※各コース7時間×2日間で終了するプログラムで、1コースから受講可能
会場: 社団法人日本能率協会 研修室(東京都港区芝公園3-1-22)
対象: 英会話初中級レベル
TOEIC®テスト450〜650点程度で、英語でのコミュニケーションが必要な方
定員: 12名/コース
参加料: 105,000円/人 (日本能率協会の法人会員は94,500円/人)
講師: ベルリッツ教師
申込み: 社団法人日本能率協会マネジメントスクール(TEL:03-3434-6271)
詳細はこちら
 ニュースリリース全文 -->  (272.6KB)

 

【本件に関するお問合せ先】
社団法人日本能率協会 経営・人材ユニット 事業創発グループ(担当:近田)
〒105-8522 東京都港区芝公園3-1-22
TEL:03-3434-0931/FAX:03-3435-9216
※取材のお問い合せは、広報グループ(担当:亀山/TEL:03-3434-8620)へお願いいたします

 

 Adobe Reader
Adobe ReaderPDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。