ニュースリリース

INCHEM TOKYO 2011 出展企業の募集開始


2010年12月16日

報道関係各位

社団法人日本能率協会

INCHEM TOKYO 2011 出展企業の募集開始

「環境」「エネルギー」「水」分野を新設し、2011年11月リニューアル開催

 社団法人化学工学会・社団法人日本能率協会は、2011年11月16日(水)〜18日(金)に東京ビッグサイト(東京・有明)東ホールで、日本唯一のプロセス産業と成長産業のための専門展示会『INCHEM TOKYO 2011』(インケムトウキョウ)を開催します。本展は、化学をはじめとしたプロセス産業の複合展示会として回を重ね、1966年の初回以来、2011年で28回目を迎えます。
 「〜グリーン・イノベーションを目指して〜」のテーマのもと、従来からの分野であるプロセス産業プラントの分野や材料の分野を強化しつつ、今後の成長分野の取り込みも図り、内容を大幅にリニューアル。『プラントショー』『イノベーション・プロダクツ』『創エネ・省エネ・エコ』『水イノベーション』の4つの展示会で構成します。
 今回は、『創エネ・省エネ・エコ』および『水イノベーション』の2つの展示会を新設しました。新興国を中心に今後大きな成長が見込まれる「環境」「エネルギー」「環境」「水」ビジネスに焦点を当て、関連ビジネスの支援と国内外への情報発信を行います。
 また、出展企業に向け、新サービスも開始。「7つのバリューアップサービス」と名づけ、展示会の会期中だけでなく、会期前から会期後に至るまでビジネス機会の創出を支援します。公式ホームページでの露出度を高めたり、来場者とのマッチングシステムを提供するなど、見込顧客情報の獲得とプロモーション強化を図るための、WEBとリンクしたサービスを各種ご用意しています。

【INCHEM TOKYO 2011 展示会開催概要】
■名称:INCHEM TOKYO 2011(インケムトウキョウ)
 ※「プラントショー」「イノベーション・プロダクツ」「創エネ・省エネ・エコ」「水イノベーション」の同時開催
■会期:2011年11月16日(水)〜18日(金) 10:00〜17:00
■会場:東京ビッグサイト(東京国際展示場)
■主催:社団法人化学工学会 社団法人日本能率協会
■展示予定規模:500社/ 1,100小間
■入場予定者数:70,000名
■来場対象:プロセス・材料・エネルギー・環境・水に関するあらゆる企業の経営者・エンジニア等
■入場登録料:1,000円(税込)(ただし、事前登録証持参者、招待状持参者および学生は無料)
■出展料金:
会員料金336,000円(税込)/1小間(奥行2.97m×間口2..97m×高さ2.70m)
会員外料金367,500円(税込)/1小間(奥行2.97m×間口2..97m×高さ2.70m)
■出展申込締切:2011年4月22日(金)(必着)

<4つの展示構成>
『プラントショー』は日本唯一の化学およびプロセス産業用プラントの展示会。プロセス関連産業やプラントエンジニアリングがグリーン・イノベーションに役立つ技術であることを訴求します。今回はシステムとしてのプラント関連技術を集める『スマートエンジニアリング』と、プラントを構成する各要素技術を集める『グリーンプロダクション』という、2つのテーマを設定しました。

『イノベーション・プロダクツ』は、高機能材料・素材の展示会。環境やエネルギーをはじめとする各産業のイノベーションに必須な材料が展示されます。前回までの「先端材料展」から名称を変更してのリニューアル開催です。

『創エネ・省エネ・エコ』は、エネルギーの創出・蓄積・分配と、社会の省エネおよび環境対策の技術・商品・サービスを集める展示会として、今回新設いたしました。今回で8回を迎える、工場や製造業向けの環境・エネルギー対策展示会『ECO-MAnufacture』も特別企画として同時に開催します。

『水イノベーション』は、革新的な水循環システムの構築と上下水道運営システムの国内外展開を支援する展示会として、今回新設いたしました。上水・中水・下水などの水処理プラントや水製造装置などにフォーカスします。

<同時開催『グリーン産業開発支援国際会議2011』(仮称)>
 途上国はじめ諸外国における持続的産業開発の支援に向け、日本の優れた環境産業(グリーン産業)における技術・製品・サービスの移転促進のための国際会議『グリーン産業開発支援国際会議2011』(仮称)が、経済産業省および国際連合工業開発機関(UNIDO)の共催で開かれます。
 『INCHEM TOKYO 2011』では、日本の環境産業を世界に発信するという目的のもと、本会議と連携し、同時開催することとなりました。
 同国際会議は、各国の政府・産業界の要人を日本に招待し、環境産業に関するハイレベル会合、基調講演、パネルディスカッション、技術セッション、及びビジネスマッチングなどで構成される予定です。参加国は、自国が抱える環境分野の問題解決の可能性を、日本産業界が有する技術・製品・サービスに見出しており、同時開催の『INCHEM TOKYO 2011』への参加など相乗効果が期待されています。
その他詳細・最新情報については、本展ホームページ(http://www.jma.or.jp/inchem/)で順次公開していきます。
 ニュースリリース全文 -->  (376.4KB)

 

【本件に関するお問合せ先】
INCHEM TOKYO事務局
〒105-8522 港区芝公園3-1-22 (社)日本能率協会
ものづくり支援事業ユニット内
TEL: 03-3434-0587   FAX: 03-3434-3593
E-mail: inchem2011@convention.jma.or.jp
担当:上沖(かみおき)、竹生(たけお)、山本

※取材のお問い合せは、広報グループ(TEL:03-3434-8620)へお願いいたします

 

 Adobe Reader
Adobe ReaderPDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。