ニュースリリース

アグロ・イノベーション 2010 11/24開幕!

資料配布先:東商記者クラブ/農協記者クラブ/外食産業記者会
2010年10月15日

報道関係各位

社団法人日本能率協会

アグロ・イノベーション 2010 11/24開幕!

農業経営と青果物の流通・加工・販売を支援する専門展示会

 社団法人日本能率協会(JMA、会長:山口範雄)は、来る11月24日(水)から26日(金)の3日間、幕張メッセ (千葉県)において、「アグロ・イノベーション2010」を開催いたします。

 現在の日本の農業は後継者不足による農家人口の長期的減少、耕作放棄地の増加、輸入農産物の増加による競争力低下など、深刻な問題を抱えています。また、多様化する消費者ニーズに対応するため、安全かつ高付加価値な青果物を安定的に届けることがこれまで以上に要求されています。そのためには、生産者、青果物の流通・販売(収穫・加工・包装・物流・店頭等)関係者が連携して課題解決に取組むことが必須です。
 このような背景をうけ、JMAは1986年から2006年まで開催した「国際園芸技術展」を「アグロ・イノベーション2010」にリニューアルし、生産段階だけでなく、包装、加工、貯蔵や物流、販売過程における最新情報の発信と交流を促進してまいります。

 第3回目となる今回は「新たな農業ビジネス ここにあり!」をテーマに、農業・園芸生産技術、青果物の流通・加工・販売、情報システム、種苗、農作業軽減用品、野菜と果物を一堂に展示します。農業経営者・生産者、農業団体、小売、食品加工メーカー、中間流通、飲食店など約30,000名の来場を見込んでいます。
 今回は、若者の就農を支援するイベントとして、全国農業青年クラブ連絡協議会と連携し、新しい野菜の開発や加工品の企画および流通や販売の提案を行います。また、野菜スイーツの先駆者である「パティスリーポタジエ」の柿沢安耶氏を迎え、未来の野菜ビジネスについて語っていただきます。また、特別展示では、安定供給・安全性などで取組みがさかんな「植物工場」の最新技術を紹介します。

 現在、事務局では本展示会入場料\1,000が無料になる事前登録を受け付けています。
(受付はホームページhttp://www.jma.or.jp/aiから)

■展示会開催概要
アグロ・イノベーション2010 開催概要
会  期:2010年11月24日(水)〜26日(金) 各日とも9:30〜16:30
会  場:幕張メッセ 国際展示場 5ホール
主  催:(社)日本能率協会
企画主体:アグロ・イノベーション組織委員会
学術共催:日本農学会 全国農学系学部長会議 (順不同)
後  援:農林水産省 経済産業省 日本貿易振興機構 (一部申請中、順不同)
来場予定数:30,000名
来場対象:農業経営者、農業生産法人、農業生産団体、農業団体、小売、外食・中食、市場・卸・商社、 食品加工業者、研究機関、官庁・地方自治体・団体、大学・教育機関関係者 一般等
同時開催:アグリビジネス創出フェア2010 (主催:農林水産省、幕張メッセ 6ホール)
 ニュースリリース全文 -->  (839.8KB)

 

【本件に関するお問合せ先】
アグロ・イノベーション事務局 (担当:香川、江河)
〒105-8522東京都港区芝公園3−1−22
(社)日本能率協会 産業振興事業ユニット内
TEL:03-3434-1988 FAX:03-3434-8076
Email:ai-e@jma.or.jp

※取材の問い合せは、広報グループ(担当:斎藤/TEL:03-3434-8620)までお願いいたします。
※記事掲載の際は、見本誌を一部上記事務局宛にお送りください。

 

 Adobe Reader
Adobe ReaderPDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。