ニュースリリース

製造現場のマネジメントスキル資格(CPF)を創設

資料配布先:東商記者クラブ、財界記者クラブ
2010年09月27日

報道関係各位

社団法人日本能率協会

製造現場のマネジメントスキル資格(CPF)を創設

『第一線監督者マネジメント資格(CPF)』10月1日より受験申込開始、11月8日に初試験

 社団法人日本能率協会(JMA、会長:山口範雄)は、製造業の現場を牽引する管理監督者として高度なマネジメントスキルを有することを証明する『第一線監督者マネジメント資格(CPF:Certified Production Foreman)』 を立ち上げ、10月1日より受験申込みの受付を開始します。この資格は、日本能率協会が2008年にスタートした購買・調達スキル資格(CPP:Certified Procurement Professional)、2009年にスタートした生産技術者マネジメント資格(CPE:Certified Production Engineer)につづく、ものづくりのプロフェッショナルを育成する資格の第3弾です。
 製造業の現場では、Quality(品質)、Cost(コスト)、Delivery(納期)、Safety(安全)、Ecology(環境)という設定目標達成のために、監督・指導を主な役割とする管理監督者がいます。一般には製造業の作業者出身で係長、工長、主任、職長、作業長、ラインリーダーなどの肩書きで呼ばれていますが、日本能率協会では、特に、経営者の視点を持ち、人材育成や職場の活性化までのマネジメントスキルを有する監督者を称して“第一線監督者”と呼んでいます。
 昨今、ものづくりの現場では、高度技術者や技能者の不在・減少、付帯業務の増加・多様化、現場設備の複雑化・高度化、現場改善力の脆弱化などの課題が山積しています。そのようななか、生産性向上などの改善活動、人材の育成、職場の活性化、実務作業の指導などを計画し遂行する第一線監督者に対しても、今までに培った現場の技術に加え、一段上の経営的な視点から現場をマネジメントする能力が求められています。
 そこで日本能率協会では、製造現場の要となり世界中どこの製造拠点でも活躍できる優秀な第一線監督者の育成にむけて『第一線監督者マネジメント資格』を創設いたしました。資格の立ち上げにあたり、従来は個人の経験則に頼っていた第一線監督者に必要なマネジメントスキルを体系立てて整理し、評価基準を明確化しました。資格取得に向けた自己学習を通して職務の理解と自身の成長を促し、日本能率協会が第三者機関として公平に能力を評価することで、第一線監督者の地位を確立することを目的としています。「人材登用にあたり監督者のスキルを客観的に確認したい」という企業の課題解決、また「実務に活かせる知識を習得し、学習成果を証明したい」という監督者自身のモチベーションアップのツールとして活用いただけます。

第一線監督者マネジメント資格【概要】
名称:第一線監督者マネジメント資格(CPF:Certified Production Foreman)
申込先:社団法人日本能率協会ホームページ(http://www.jma.or.jp/cpf)より申し込み
受験対象:製造業の第一線監督者として5年以上の経験があり、現場マネジメントの基礎知識を有している方
申込期間:2010年10月1日(金)〜2010年12月15日(水)
試験期間:2010年11月8日(月)〜2010年12月20日(月)
 ※受験者が都合のよい日時を指定 出題範囲 公式テキスト『第一線監督者マネジメントガイド』の「知識ガイド」編より出題
受験料:15,750円/1名(税込) ※1社5名以上の団体受験申込の場合、14,700円/1名(税込)
試験会場:全国47都道府県主要都市にある試験会場
 ※受験者が都合のよい会場を指定
問題形式:70問/90分(択一問題・語彙選択問題、アンケート時間を含む)
試験方式:CBT方式(コンピューターを用いた試験)
合格基準:530点以上(800点満点)
 ※合否は、受験当日に試験会場にて通知、合格者には認定証を送付
資格認定:社団法人日本能率連盟が資格登録第123号で認証登録する民間資格
問合せ先:社団法人日本能率協会 ものづくり支援事業ユニット
 CPF事務局(Tel:03-3434-1930)
 ニュースリリース全文 -->  (194.2KB)

 

【本件に関するお問合せ先】
社団法人日本能率協会 ものづくり支援事業ユニット
CPF事務局(担当:草柳)
TEL:03-3434-1930 / FAX:03-3434-6447
ホームページ:http://www.jma.or.jp/cpf

〒105-8522 東京都港区芝公園3-1-22
※取材のお問い合せは、広報グループ(担当:亀山[TEL:03-3434-8620])へお願いいたします

 

 Adobe Reader
Adobe ReaderPDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。