ニュースリリース

『TECHNO-FRONTIER 2010』展示会直前情報


2010年07月13日

報道関係各位

社団法人日本能率協会

『TECHNO-FRONTIER 2010』展示会直前情報

1)緊急企画展示・BOPプロダクツゾーン、2)デジタル制御電源デモンストレーション

1) 「BOPプロダクツゾーン 〜Next 4 Billion〔40億人市場〕の生活を変える製品たち〜」

 「最先端の技術と情報の集まる場」として高い評価を頂いている本展にて今回、「BOPプロダクツゾーン 〜Next 4 Billion〔40億人市場〕の生活を変える製品たち〜」というテーマのもと、緊急企画展示の実施が決定しました。
 TECHNO-FRONTIER展示会の来場者は、その半数を開発・設計者が占めています。こうした専門家の目を、日頃の製品開発で接している市場とはまったく異なる世界に向けていただくことで、新たな製品開発のヒントとさらなる可能性に気づく場を提供していきます。
 今回は、すでにBOPビジネスに取り組み、実際に現地で使われている全世界の製品から、「水」「エネルギー」「教育」に焦点をあて、約15点の製品を展示します。
   
【会期】7月21日(水)〜23日(金)10:00-18:00 (最終日は17:30閉場)
【会場】 東京ビッグサイト 東3ホール内

2)7月22日(木)のみ開催: 「デジタル制御電源紹介コーナー」

 デジタル制御電源を採用することにより、部品点数の削減等の大きなメリットが注目されています。今回、本展主催の日本能率協会が組織する「電源システム展 展示企画委員会」の特別企画として、「デジタル制御電源紹介コーナー」を開催します。
 本紹介コーナーでは、業界をリードする4社によるセミナーと、3社によるリアルタイム接続制御事例の展示デモンストレーションを実施します。 特に接続デモンストレーションについては、ユタカ電機製作所、TDK-ラムダ、ベルニクスの3社が、本企画のために準備した、各社の実機によるリアルタイム制御を実施します。デジタルならではの外部リモートコントロールの容易性や調整のしやすさを間近で見るチャンスです。

【会期】 7月22日(木)10:30−14:00
【会場】 東京ビッグサイト東2ホール奥 主催者セミナー会場
【参加企業】 日本テキサス・インスツルメンツ、ユタカ電機製作所、TDKラムダ、ベルニクス

【TECHNO-FRONTIER 2010展示会概要】

■名  称 :TECHNO-FRONTIER 2010(※下記の同時開催)
第28回 モータ技術展
第19回 ボード・コンピュータ展
第19回 モーション・エンジニアリング展
第12回 熱対策技術展
第 3 回 メカトロニクス制御技術展
第 5 回 R&D生産・設計支援システム展
第25回 電源システム展
第 4 回 電子・機構部品 洗浄技術展
第 2 回 バッテリー技術展
 集中展示 エネルギー・ハーベスティングゾーン
第23回 EMC・ノイズ対策技術展
 集中展示 電気自動車インフラ設備開発・技術ゾーン
 特別企画 産学交流技術移転フォーラム

■会  期  : 2010年7月21日(水)〜23日(金) 10:00〜18:00 (最終日は17:30まで)
■会  場  : 東京ビッグサイト(東京国際展示場) 東1〜3ホール
■主  催  : (社)日本能率協会
■展示規模 : 456社/ 921小間(2010年7月12日現在) ※海外出展:5ヶ国1地域を含む
■来場対象 : 各種機器・装置メーカーの開発設計者、生産技術者、資材・購買担当者、研究者等
■入場登録料: 3,000円(ただし、事前登録者、招待状持参者および学生は無料)
 ニュースリリース全文 -->  (56.8KB)

 

【本件に関するお問合せ先】
TECHNO-FRONTIER事務局
〒105-8522 港区芝公園3-1-22
(社)日本能率協会
ものづくり支援事業ユニット内
TEL: 03-3434-0587   FAX: 03-3434-3593
E-mail: tf@convention.jma.or.jp

【取材に関する問い合せ先】
広報グループ  担当: 亀山
TEL: 03-3434-8620  FAX:  03-3433-0269
E-mail: jmapr@jma.or.jp

 

 Adobe Reader
Adobe ReaderPDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。