展示会概要

気象・環境テクノロジー展とは

気象・環境テクノロジー展とはどんな展示会ですか?

気象・環境テクノロジー展は、気象情報が産業界の実際のニーズに即して、より迅速、正確、かつ利用し易い形で提供されることを目的とした展示会です。

どのような製品・サービスが出展しますか?
気象に関する観測、解析、予測の技術およびシステム、気象情報の提供に関する技術・サービス、自然災害時の安否確認などの通信・情報システム
出展のメリットは何ですか?
日本で唯一“気象業界”に特化した専門展示会です。
事前防災・減災対策推進展インフラ検査・維持管理展と同時期開催することで、関連性の高い業種からの来場者が見込まれます。

開催概要

会 期 2017年7月19日(水)〜7月21日(金) 10:00〜17:00
会 場 東京ビッグサイト 東ホール(東京国際展示場) 交通アクセス
主 催 一般社団法人日本能率協会
後 援 気象庁 環境省(申請予定)
展示予定規模 50社/50ブース
来場登録予定者数 32,000名
※同時開催展含む
入場登録料(予定) 3,000円(税込)
※招待状持参者、事前登録者、官庁・地方公共団体、学生は登録無料

出展対象

気象観測、解析
  • 気象観測システム(気象観測、データ収集・解析システム)
  • 気象レーダー
  • 気象衛星
  • 気象測器(温度計、気圧計、湿度計、風速計、日射計、雨量計、など)
  • リモートセンシング(各種センサ、画像解析システムなど)
  • 情報処理システム(GIS、シミュレーション)
  • 気象観測機器、各種センサ、解析システム、計測器 他
情報伝達、提供
  • 気象情報提供サービス
  • 警報システム
  • 遠隔監視システム
  • 情報提供及びソリューションサービス 他
環境測定
  • 大気測定機器
  • 水質環境測定機器
  • 土壌環境測定機器
  • 環境測定機器 他
自然災害対策
  • 気象災害対策の監視機器及びリスク対策サービス・技術(ゲリラ豪雨、洪水、雪崩、竜巻、高潮、落雷など)
  • 地震・火山災害対策の監視機器及びリスク対策サービス・技術(振動、液状化、落石、津波、降灰、噴石など)
  • 自然災害監視機器及びリスク対策サービス・技術 他

来場対象

官庁・地方自治体・公共インフラ・大学・研究機関・独立行政法人
気象観測/環境安全/防災/危機管理/都市計画/総務/情報システム/港湾施設/河川管理/上下水道/火山監視 などの従事者及び研究者
  • 土木・建設コンサルタント
  • 農業
  • 鉄道・高速道路

前回の主催者企画

気象・環境セミナー

  • 会  場東京ビッグサイト 東2ホール 会場内
  • 定  員70名(参加料無料)
セミナー講演資料販売形式
一冊 3,240円(税込)
※掲載を了諾いただいた全講演者の発表資料を一冊にまとめ販売します。
※講演資料はモノクロ印刷(白黒印刷)になります。
  • セミナー講演資料のお申込はこちら

掲載セッション…セミナー講演資料販売対象セッション

  7月20日(水) 7月21日(木) 7月22日(金)
11:00

11:45
基調講演気象レーダー利用技術の最前線

気象庁 総務部 参事官
(技術担当)海老原 智

掲載セッション 基調講演気候変動問題の
最新の動向について

環境省 地球環境局
気候変動適応室 室長補佐藤井 進太郎

日本−世界銀行
防災共同プログラム

世界銀行グループ
防災グローバル・ファシリティ
東京防災ハブ 防災専門官澁谷 なほ

世界銀行と日本の経験から学ぶ:
途上国における気象・気候・水文サービスおよび早期警報システムの近代化

世界銀行グループ
防災グローバル・ファシリティ
上級防災専門官諏訪 理

12:00

12:30
    出展者セミナー気象データをGISで活用する!
〜防災分野と環境分野での活用例〜

ESRIジャパン株式会社

13:00

13:45
産業での気候情報の利活用
〜気候情報をビジネスに使ってみませんか〜

気象庁 地球環境・海洋部気候情報課 気候リスク対策官経田 正幸

航空機運航と気象情報

元 全日本空輸株式会社
オペレーションマネジメントセンター吉野 勝美

掲載セッション オープンデータ活用ビジネス
〜国家戦略と国内外事例

一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパン 常務理事東 富彦

15:00

15:45
掲載セッション クルマのラジオ
「Amanekチャンネル」における気象情報

一般財団法人日本気象協会
事業本部 事業統括部
専任主任技師鈴木 史朗

掲載セッション 気象災害軽減とイノベーション

国立研究開発法人防災科学技術研究所 気象災害軽減イノベーションセンター 副センター長岩波 越

掲載セッション ビッグデータ活用で
生まれ変わる気象情報ビジネス

アドバンスト・ビジネス創造協会
理事越智 正昭(株式会社ハレックス)

※2016年5月11日現在(敬称略)
※発表者の都合により、セミナーの中止、または講演者・テーマ・講演時間が変更になる場合がございますので、予めご了承ください。

第4回 事前防災・減災のための国土強靱化推進セミナー『危機管理ステージ』

  • 会  場東2ホール内 特設会場
  • 定  員150名(参加料無料)
セミナー講演資料販売形式
一冊 3,240円(税込)
※掲載を了諾いただいた全講演者の発表資料を一冊にまとめ販売します。
※講演資料はモノクロ印刷(白黒印刷)になります。
  • セミナー講演資料のお申込はこちら

掲載セッション…セミナー講演資料販売対象セッション

  7月20日(水) 7月21日(木) 7月22日(金)
11:00

11:45
企業BCP(製造業) 掲載セッション BCM人材を育てる
社員教育の在り方

株式会社ケーヒン BCM推進室
BCM推進室 室長春田 浩司

自治体BCP 北関東水害にみる
自治体の水害対策の課題

茨城県 防災危機管理課 副参事飛田 聡志

自然災害対策 掲載セッション 首都に迫りくる新たな危機「噴火」〜企業・自治体が備えるべきこと〜

火山噴火予知連絡会 会長/
東大 名誉教授藤井 敏嗣

12:45

13:30
企業BCP(製造業) 掲載セッション BCPへの挑戦、9年間における
成果と課題の変遷

株式会社リケン 管理部人事室川口 華代

自治体BCP 掲載セッション 荒川区における地震、火災、
水害等に対する取組について

荒川区 防災都市づくり部
防災街づくり推進課 係長大内 武彦

自然災害対策 掲載セッション 地球温暖化に伴いスーパー台風は
どこまで強くなるのか?

名古屋大学 宇宙地球環境研究所 教授坪木 和久

13:50

14:35
企業BCP(製造業) リンテックグループのBCMS
〜活動開始から3年間の歩みとこれから〜

リンテック株式会社 CSR推進室
室長真木 亨調査役西川 健彦

自治体BCP 掲載セッション 県境を越えて津波対策。
地区防災計画の取り組み

石川県加賀市
総務部防災対策課 係長南出 寛人

自然災害対策 掲載セッション ドローンで災害地を救え!
世界初の救援隊
「DRONE BIRD」

青山学院 大学地球社会共生学部 教授/ドローンバード代表古橋 大地

14:55

15:40
防犯・セキュリティ 掲載セッション 1010万人の観客を守れ!
オリンピックを支える危機管理

一般社団法人全国警備業協会
前専務理事上原 美都男(元横浜市危機管理監)

防犯・セキュリティ 掲載セッション 学校運営における危機管理
(防犯・セキュリティ)の在り方

大阪教育大学 学校危機メンタル
サポートセンター長 教授藤田 大輔

自然災害対策 掲載セッション 減災に生かす気象情報とは

株式会社ウェザーニューズ
グローバルセンター 減災プロジェクト プロジェクトリーダー宇野沢 達也

16:00

16:45
防犯・セキュリティ 掲載セッション マルハニチログループ
フードディフェンスへの取り組み〜何よりも大切なものは人と人の輪〜

マルハニチロ株式会社 品質保証部
品質保証統括課 副部長兼課長荻原 正明

防犯・セキュリティ 地域の防災・防犯を支える
コンビニエンスの役割

株式会社ローソン コンプライアンス・リスク統括室 室長
兼情報セキュリティ統括室 室長吉田 浩一

防犯・セキュリティ 掲載セッション 東京メトロのテロ対策
〜地下鉄サリン事件の経験から

東京地下鉄 鉄道本部安全・技術部
保安担当 課長木暮 敏昭

※2016年7月8日現在(敬称略)
※発表者の都合により、セミナーの中止、または講演者・テーマ・講演時間が変更になる場合がございますので、予めご了承ください。

出展される方
  • 資料請求・お問い合せフォームへ
同時開催展
  • メンテナンス・レジリエンスTOKYO
  • 生産と設備TOKYO
  • 猛暑対策展
  • ミュージアム設備機器展
  • 文化財保存・復元技術展
  • 無電柱化推進展
  • 教育施設リニューアル展
JMA技術英語翻訳 スマートエンジニアリングTOKYO ドイツと海外関連展示会のご案内 産業振興センター