コラム『経営の羅針盤』

2013年8月26日

9 アジア《共・進化》に向けて
「借景」でアジア事業を描く

日本能率協会 JMAマネジメント研究所 副所長
近田高志

◆ 景色に無限の広がりをもたらす『借景』

造園技法の一つに『借景』というものがある。
遠方にある山々を背景として取り込むことによって、景色に奥行きを持たせ、目の前にある庭石や池を自然と融合した一つの風景として描く手法だ。
京都・嵐山の天龍寺の庭園が有名であるが、京都をはじめ、日本各地に借景を用いた美しい庭園や公園が数多く存在している。
日本人は古来より、自らの枠を飛び越えて外部のリソースを取り込むという豊かな想像力をもっていたということの証にほかならない。
しかしながら、今日の日本や企業の現状を振り返ると、眼前に山積する課題を前にして、視野が狭くなってしまい、大きなビジョンを描くことができなくなってしまっているのではないだろうか。

◆ シンガポールを『借景』する

筆者は思いがけずシンガポールで、この『借景』という言葉を耳にした。
日本能率協会は、今年から『JMAアジア《共・進化》センター』を発足し、日本企業のアジアへの事業展開の支援活動に着手している。この一環として7月下旬にシンガポールを訪問し、EDB(Economic Development Board、シンガポール経済開発庁)をはじめ同国の様々な政府機関で30年以上のキャリアをもち、かたや多くの企業の社外取締役にも就任されている方とお会いする機会があった。
彼の話によると、かつて京都を訪問して『借景』を用いた庭園を見学したときに、この『借景』を用いることで、より大きな構想をすることができるのではないか、ということに気付いたそうだ。
今回の彼との面談では、日本企業がいかにしてアジアでの事業を成功させることができるかについて話し合ったのだが、日本企業にとって多様性を活かし不断に進化してきたシンガポールを『借景』することがその鍵となるのではないかというのが、彼からのアドバイスであった。
シンガポールは19世紀前半には人口わずか150人ほどしかいなかった島から、イギリスの植民地支配を経て、1965年にマレーシアから追い出されるようにして独立した後、今や人口一人当たりのGDPが日本を上回るまでに発展を遂げている。
この経済発展を推進したのがEDBである。建国当初は労働集約型産業を育成し、時代の変化とともに、物流拠点として港湾施設を整え、次には知識集約産業として世界中から大学や研究機関を誘致するなどと、国家戦略を展開し、同国の成長を牽引してきた。
日本と同様に資源の乏しいシンガポールは、企業の本社にあたる政府が極めて効率的に機能し、世界の潮流を敏感に察知して戦略を策定してきた。そして、明確な戦略のもとに一貫性のある政策を推進し、産業や人材を育成して進化してきたのである。まさに「株式会社シンガポール」と称される由縁である。
日本企業が今後、進化を遂げていく上で、このシンガポールの発展のあり様を『借景』し、自社の今後の事業の構想に取り込むことができるのではないだろうか。
もう一つ、シンガポールは人口約550万人、面積がおよそ東京23区ほどの国家であるから、国内市場は自ずと限られており、企業家は海外への投資や事業展開を積極的に進めてきた。中国、マレーシア、インドなど、様々なバックグランドをもった人々が、人的なネットワークを張り巡らせ事業活動を行っている。
日本企業がアジアで事業を展開する上で、現地の信頼できるパートナーと結ぶつくことは極めて重要である。その意味で、このシンガポール企業のネットワークを『借景』して、自社のアジア事業展開を構想して見るということも一つの方法だろう。

JMAアジア《共・進化》センター webページ
http://www.jma.or.jp/asia/

写真:『京都フリー写真素材集』より
http://photo53.com/

コラム バックナンバー

経営の羅針盤28

〜グローバル人材〜 『海外の学修で人材基盤を豊かに』

経営の羅針盤27

〜醸成されつつある新たな市場〜 『「提供する価値」から「関わる価値」へ』

経営の羅針盤26

熱冷めやまぬワールドカップ観戦に思う 『ビジネスリーダーの認識力』

経営の羅針盤25

GOOD FACTORYに学ぶ(1) 『工場の一体化、安全教育、人を大切に』

経営の羅針盤24

ブラジル・ワールドカップに寄せて 『日本の競争力とは何か――』

経営の羅針盤23

これからの人と組織(4) 『変化する企業活動における成長と個人の成長』

経営の羅針盤22

社会人1年目調査にみる事務系社員の揺れる心 『ブラックかホワイトかの議論の前に――若者よ、“額に汗して働こう!”』

経営の羅針盤21

市場創造のヒント 『中国でスパイラル・アップする日本企業経営』

経営の羅針盤20

組織、顧客、社会に向けて誠実な企業を目指して 『行動を問う戦略』

経営の羅針盤19

アジアの優良企業に学ぶ!!(3) 『新興国での工場立ち上げの苦労話』

経営の羅針盤18

これからの人と組織(3) 『「日本企業の経営課題2013」調査からの考察』

経営の羅針盤17

言葉と思考 『イメージをつくる言葉』

経営の羅針盤16

都市生活の未来 『"ハードウェア"から"ハートウェア"へ』

経営の羅針盤15

ラストフロンティアが持つ2つの素顔 『民主化と開発の裏で―ミャンマー・レポート』

経営の羅針盤14

"Measurement"の世界を超える 『シンガポール・ヒューマンキャピタルサミットからの考察』

経営の羅針盤13

組織内時計 『組織の「常識」を疑うことが新たな発見と気づきにつながる』

経営の羅針盤12

日本の強みについて(2) 『続・伊勢遷宮に寄せて』

経営の羅針盤11

ドキュメンタリー映画『もったいない!』を観て 『顧客ニーズと社会問題解決の関係を考える』

経営の羅針盤10

アジアの優良工場に学ぶ(2)!! 『2013 GOOD FACTORY賞5社6工場に決定』

経営の羅針盤09

アジア《共・進化》に向けて 『「借景」でアジア事業を描く』

経営の羅針盤08

これからの人と組織を考える(2) 『変化する「個人と組織・社会」の関係性』

経営の羅針盤07

たくさんの「花が開く」を目指して 『キャリアの「引き出し」を増やす動き』

経営の羅針盤06

組織の存在意義とは 『「である」ことと「する」こと、「し続ける」こと』

経営の羅針盤05

新入社員調査にみる「成長させてほしい」若者たち 『AKB48が次代のイノベーター!?』

経営の羅針盤04

アジアの優良工場に学ぶ!! 『2013 GOOD FACTORY賞審査 いよいよ始まる』

経営の羅針盤03

日本の強みについて 『伊勢遷宮に寄せて』

経営の羅針盤02

日本企業、存立への道 『アジアと共に進化する』

経営の羅針盤01

これからの人と組織を考える 『多様性を受容し、育む』

シナプスな考察07

できるビジネスパーソンの「To doリスト」活用術

シナプスな考察07

別添資料 週間To Do リスト(Excelデータ)
※zip形式の圧縮データを解凍してください。

シナプスな考察06

「グローバル」意識の変化を見る

シナプスな考察05

気づくために「学ぶ」

シナプスな考察04

「社会」と「企業」をどのように捉えるか

シナプスな考察03

社会が求める企業像―日本に安定した雇用を供給しての「日本企業」

シナプスな考察02

グローバルで戦える人材とは

シナプスな考察01

就職活動の準備に際して持っておきたい視点〜自己分析と企業研究を始める前に〜