コラム『経営の羅針盤』

2013年7月22日

7 たくさんの「花が開く」を目指して
キャリアの「引き出し」を増やす動き

日本能率協会 JMAマネジメント研究所 リーダー 
長沼明子

◆名刺使い分けの感覚

「働く人のリアル」を言語化したいと、座談会を企画した。“次世代組織をつくる”活動を応援する取り組み、KAIKAプロジェクト※1の一環である。もちろん、世代によって、環境によって、さらには個々人によって、働く意識は異なるので、ごく一部の現象を今回は切り取っただけである。しかし、この断片に、一つの「価値観」を捉えるヒントがあるのではないか。それを少し拾ってみたい。

名刺交換をしたときに、「実はこういう名刺も持っているんです」という2枚目、3枚目の名刺をもらったことはないだろうか。そうした光景の「当たり前度」があがっているのではないか。そのようなきっかけから、本業以外に何らかの活動を持つ方々3名に集まっていただいたのが、今回の座談会である。(詳細は、KAIKAスタイルマガジン2号※2をご覧いただきたい。)

今回伺った社外活動はいわゆるボランティア活動と少し異なる。無償ではあるが、別組織でも普通の“仕事”をしている状態、または「プロボノ」と言われるような活動である。また社会人大学院に通われている方にも参加いただいた。その方々に共通していたことが大きく3つある。1つ目に、「社会貢献がしたい」が先に立つよりも、自身の幅が広がるだろうといった感覚がまずあるということ。2つ目に、始めたきっかけはちょっとしたことであり、少しずつその活動への傾倒が高まっていったような点。そして3つ目に、本業をシフトしたいというわけではなく、軸は本業に置きつつ、2つ、3つと各場所でのポジションを持つような動き方がある。すなわち志・社会・自分という観点を持ちながら各自なりのバランスをとってうごいている様子に見受けられた。時間の使い分けが難しくなるものの、本業は確実にこなしたうえでという姿勢も共通している。

なすべきことをなし、依頼を受けた人に応え、といったことは仕事の根幹であり、その過程を通じてその人への信頼は増していく。その機会が、本業でも本業以外でもあるので、あちこちから返ってくる信頼そのもので自身への評価の手ごたえを得られているのが彼らの一番の強みではないだろうか。そうすると社内評価が唯一絶対ではなくなり、自身のスキルアップも会社が用意したものありきではなくなる。

こうしたことで、本業活動に携わる自身を客観的に見られるように自然となるのではないだろうか。環境変化等でキャリアが変わらざるを得なかったり、自身の志向が変わったりすることも往々にしてある。初めからキャリアを描き切ることより、志向を広げられるためのキャリアの「引き出し」の幅、選択肢、視点をどれだけ広げ続けられるかが、今の時代に役立つ感覚ではないだろうか。

◆「つながりセンス」という視点

社外活動を持つ彼らの強みはもう一つある。社外活動の中で、人と人との「つながり」を起点として“事を動かす”経験を持っていることである。社外活動はフラット型組織であることが多い分、人を巻き込みつつ事を動かしていく「仕事の仕方」がそこにはある。

たとえば新規領域を開拓しようとするとき、他組織や、他組織に属する誰か、を巻き込みながら一緒に新たな方法を考える動きは、一社単体でやるよりも有効な場合が多くなっているように思う。そのようなときに、「巻き込み」力をうまく発揮できるかが、成功を左右するかもしれない。

「巻き込み経験」や「つながりセンス」という見方で、会社の枠を超えて個々人のポテンシャルを見ると、組織にとって思わぬ発見が増えるかもしれない。組織側が「つながりセンス」への感度をあげることが、個人の自律と組織の活力をつなげるポイントではないだろうか。

※1 KAIKAプロジェクト
http://kaikaproject.com/

※2 KAIKAスタイルマガジン 2号
KAIKAプロジェクトの機関誌。購読希望の方は上記HPから連絡いただければ送付します(無料頒布)。

コラム バックナンバー

経営の羅針盤28

〜グローバル人材〜 『海外の学修で人材基盤を豊かに』

経営の羅針盤27

〜醸成されつつある新たな市場〜 『「提供する価値」から「関わる価値」へ』

経営の羅針盤26

熱冷めやまぬワールドカップ観戦に思う 『ビジネスリーダーの認識力』

経営の羅針盤25

GOOD FACTORYに学ぶ(1) 『工場の一体化、安全教育、人を大切に』

経営の羅針盤24

ブラジル・ワールドカップに寄せて 『日本の競争力とは何か――』

経営の羅針盤23

これからの人と組織(4) 『変化する企業活動における成長と個人の成長』

経営の羅針盤22

社会人1年目調査にみる事務系社員の揺れる心 『ブラックかホワイトかの議論の前に――若者よ、“額に汗して働こう!”』

経営の羅針盤21

市場創造のヒント 『中国でスパイラル・アップする日本企業経営』

経営の羅針盤20

組織、顧客、社会に向けて誠実な企業を目指して 『行動を問う戦略』

経営の羅針盤19

アジアの優良企業に学ぶ!!(3) 『新興国での工場立ち上げの苦労話』

経営の羅針盤18

これからの人と組織(3) 『「日本企業の経営課題2013」調査からの考察』

経営の羅針盤17

言葉と思考 『イメージをつくる言葉』

経営の羅針盤16

都市生活の未来 『"ハードウェア"から"ハートウェア"へ』

経営の羅針盤15

ラストフロンティアが持つ2つの素顔 『民主化と開発の裏で―ミャンマー・レポート』

経営の羅針盤14

"Measurement"の世界を超える 『シンガポール・ヒューマンキャピタルサミットからの考察』

経営の羅針盤13

組織内時計 『組織の「常識」を疑うことが新たな発見と気づきにつながる』

経営の羅針盤12

日本の強みについて(2) 『続・伊勢遷宮に寄せて』

経営の羅針盤11

ドキュメンタリー映画『もったいない!』を観て 『顧客ニーズと社会問題解決の関係を考える』

経営の羅針盤10

アジアの優良工場に学ぶ(2)!! 『2013 GOOD FACTORY賞5社6工場に決定』

経営の羅針盤09

アジア《共・進化》に向けて 『「借景」でアジア事業を描く』

経営の羅針盤08

これからの人と組織を考える(2) 『変化する「個人と組織・社会」の関係性』

経営の羅針盤07

たくさんの「花が開く」を目指して 『キャリアの「引き出し」を増やす動き』

経営の羅針盤06

組織の存在意義とは 『「である」ことと「する」こと、「し続ける」こと』

経営の羅針盤05

新入社員調査にみる「成長させてほしい」若者たち 『AKB48が次代のイノベーター!?』

経営の羅針盤04

アジアの優良工場に学ぶ!! 『2013 GOOD FACTORY賞審査 いよいよ始まる』

経営の羅針盤03

日本の強みについて 『伊勢遷宮に寄せて』

経営の羅針盤02

日本企業、存立への道 『アジアと共に進化する』

経営の羅針盤01

これからの人と組織を考える 『多様性を受容し、育む』

シナプスな考察07

できるビジネスパーソンの「To doリスト」活用術

シナプスな考察07

別添資料 週間To Do リスト(Excelデータ)
※zip形式の圧縮データを解凍してください。

シナプスな考察06

「グローバル」意識の変化を見る

シナプスな考察05

気づくために「学ぶ」

シナプスな考察04

「社会」と「企業」をどのように捉えるか

シナプスな考察03

社会が求める企業像―日本に安定した雇用を供給しての「日本企業」

シナプスな考察02

グローバルで戦える人材とは

シナプスな考察01

就職活動の準備に際して持っておきたい視点〜自己分析と企業研究を始める前に〜