コラム『経営の羅針盤』

2013年7月8日

6 組織の存在意義とは
「である」ことと「する」こと、「し続ける」こと

日本能率協会 JMAマネジメント研究所 シニアマネジャー
山崎賢司

◆「である」ことと「する」こと

『日本の思想』(1961,岩波新書)の中に、丸山眞男の「『である』ことと、『する』こと」という評論がある。筆者は高校時代の国語の教科書で読んだ記憶があるのだが、最近どういうわけか、ビジネスの世界でこの評論の内容がチラチラと思い出されることが多い。

「自由は置物のようにそこにある・・のではなく、現実の行使によってだけ守られる、言いかえれば日々自由になろうとする・・ことによって、はじめて自由であり・・・得るということなのです。」と丸山は述べている。

これは経営やマネジメントの世界でも、全くその通りだと思うのだが、なんらかの権利や権限がある・・ものとして、「する」ことをしないまま、「である」状態で形骸化されていく例も多いように思う。例えば、経営者が自らの言葉で、あるいは従業員を巻き込んで長い期間をかけて、ビジョンや理念を創り出したとしても、それがどこかの貴賓室や社長室に掲げられているだけでは「である」ことと同じである。どれだけ日常のマネジメントに、あるいは戦略に埋め込まれ、従業員ひとりひとりの業務にリンケージされているかが重要であり、それが「する」こと化されている状態なのであろう。

さらに同論評では、「まさに『である』論理・『である』価値から『する』論理・『する』価値への相対的な・・・・重点の移動によって生まれたものです。もしハムレット時代の人間にとって“to be or not to be”が最大の問題であったとするならば、近代社会の人間は“to do or not to do”という問いがますます大きな関心事になってきたと言えるでしょう。」とも述べている。卑近な例で恐縮だが、先日カフェで隣に座った3人組のひとりが、2人に向かって「僕が部長なんだから・・・」という理由で、部下への説得と指示を始めたシーンを見かけた。これは特別な光景ではないのかもしれない。

しかし、既定の関係性や肩書きで仕事をする時代はとっくに終わっている。部長「である」こと、一流企業「である」ことに(そう考えることや価値に)もはや意味はない。部長たる行動を「する」こと、一流企業たる振る舞いを実践「する」ことにしか意味はない時代なのである。

◆「し続ける」こと

さらに「する」ことの中で、注力点を加えさせていただくなら、継続するという価値が増しているのではないかと思う。すなわち「し続ける」ということである。

半ば必然的に、「し続ける」ことを意識すれば、経営や事業の全体を俯瞰しながら長期的な視点で物事を考えなければならない。長期的な戦略ということになるだろう。言葉で表すと平易に聞こえるが、長期的に考えるという意味は、経営の意思決定や現場のActionを先延ばしにすることでも、棚上げすることでもない。ビジネスで勝つことではなく、勝ち続けることであり、そのために何をするかを決めることである。

長期的に考えた結果、短期的な考察をした場合の結論と真逆のto doを行うという結論に達することもあるだろう。むしろ、そこにこそ「し続ける」大きな価値が潜んでいる。いずれにしても重要なのは、どのようなto do、すなわち「する」ことを決めることだ。しつこいようだが、考察するのはActionを起こすためである。どんなに素晴らしい戦略でも実行されなければ意味はない。

もう一点重要なことは、長期的視点に立って考察すれば経営の本質に近づくことができる点にある。ステークホルダーはもちろんのこと、将来市場・将来顧客、あるいは社会全体との関わりを考えないわけにはいかない。そもそも会社組織は社会の課題を解決するために存在している。我が社は今、あるいはこれから一体どのような価値や課題解決を、現在あるいは将来の社会へ向けて行っていくのか、真摯に自問自答することにKAIKA※的な価値があるのではないだろうか。

※KAIKA
http://kaikaproject.com/

コラム バックナンバー

経営の羅針盤28

〜グローバル人材〜 『海外の学修で人材基盤を豊かに』

経営の羅針盤27

〜醸成されつつある新たな市場〜 『「提供する価値」から「関わる価値」へ』

経営の羅針盤26

熱冷めやまぬワールドカップ観戦に思う 『ビジネスリーダーの認識力』

経営の羅針盤25

GOOD FACTORYに学ぶ(1) 『工場の一体化、安全教育、人を大切に』

経営の羅針盤24

ブラジル・ワールドカップに寄せて 『日本の競争力とは何か――』

経営の羅針盤23

これからの人と組織(4) 『変化する企業活動における成長と個人の成長』

経営の羅針盤22

社会人1年目調査にみる事務系社員の揺れる心 『ブラックかホワイトかの議論の前に――若者よ、“額に汗して働こう!”』

経営の羅針盤21

市場創造のヒント 『中国でスパイラル・アップする日本企業経営』

経営の羅針盤20

組織、顧客、社会に向けて誠実な企業を目指して 『行動を問う戦略』

経営の羅針盤19

アジアの優良企業に学ぶ!!(3) 『新興国での工場立ち上げの苦労話』

経営の羅針盤18

これからの人と組織(3) 『「日本企業の経営課題2013」調査からの考察』

経営の羅針盤17

言葉と思考 『イメージをつくる言葉』

経営の羅針盤16

都市生活の未来 『"ハードウェア"から"ハートウェア"へ』

経営の羅針盤15

ラストフロンティアが持つ2つの素顔 『民主化と開発の裏で―ミャンマー・レポート』

経営の羅針盤14

"Measurement"の世界を超える 『シンガポール・ヒューマンキャピタルサミットからの考察』

経営の羅針盤13

組織内時計 『組織の「常識」を疑うことが新たな発見と気づきにつながる』

経営の羅針盤12

日本の強みについて(2) 『続・伊勢遷宮に寄せて』

経営の羅針盤11

ドキュメンタリー映画『もったいない!』を観て 『顧客ニーズと社会問題解決の関係を考える』

経営の羅針盤10

アジアの優良工場に学ぶ(2)!! 『2013 GOOD FACTORY賞5社6工場に決定』

経営の羅針盤09

アジア《共・進化》に向けて 『「借景」でアジア事業を描く』

経営の羅針盤08

これからの人と組織を考える(2) 『変化する「個人と組織・社会」の関係性』

経営の羅針盤07

たくさんの「花が開く」を目指して 『キャリアの「引き出し」を増やす動き』

経営の羅針盤06

組織の存在意義とは 『「である」ことと「する」こと、「し続ける」こと』

経営の羅針盤05

新入社員調査にみる「成長させてほしい」若者たち 『AKB48が次代のイノベーター!?』

経営の羅針盤04

アジアの優良工場に学ぶ!! 『2013 GOOD FACTORY賞審査 いよいよ始まる』

経営の羅針盤03

日本の強みについて 『伊勢遷宮に寄せて』

経営の羅針盤02

日本企業、存立への道 『アジアと共に進化する』

経営の羅針盤01

これからの人と組織を考える 『多様性を受容し、育む』

シナプスな考察07

できるビジネスパーソンの「To doリスト」活用術

シナプスな考察07

別添資料 週間To Do リスト(Excelデータ)
※zip形式の圧縮データを解凍してください。

シナプスな考察06

「グローバル」意識の変化を見る

シナプスな考察05

気づくために「学ぶ」

シナプスな考察04

「社会」と「企業」をどのように捉えるか

シナプスな考察03

社会が求める企業像―日本に安定した雇用を供給しての「日本企業」

シナプスな考察02

グローバルで戦える人材とは

シナプスな考察01

就職活動の準備に際して持っておきたい視点〜自己分析と企業研究を始める前に〜