コラム『経営の羅針盤』

2013年6月10日

4 アジアの優良工場に学ぶ!!
2013 GOOD FACTORY賞審査 
いよいよ始まる

日本能率協会 JMAマネジメント研究所 主管
廣瀬純男

◆GOOD FACTORY賞とは何か

日本能率協会(JMA)は、これまで70年の長きに亘り工場の生産性向上、品質向上、環境や働き甲斐の向上に様々な形で取り組んできました。

今、多くの日本製造業が中国・アジア新興国を中心にものづくりの拠点を展開し、日夜現地の方々の協力のもとにものづくりに励んでいます。こうしたなか、どこも同じように見える工場運営ですが、いくつかの工場が他では絶対真似のできない、優れた工場運営マネジメントを駆使しながら、日夜がんばっていることに気づきました。             

私たちは、この「優れた工場運営マネジメント」を多くの工場関係者に知ってもらいたいと思い、アジアを中心に「優れた工場運営マネジメント」を実践している工場・事業所を発掘して、その努力を顕彰することにしました。

それが、GOOD FACTORY賞(優良工場表彰制度)です。

GOOD FACTORY賞は、
 @ものづくりプロセス革新賞
 Aものづくり人材育成貢献賞
 BものづくりCSR貢献賞
 Cファクトリーマネジメント賞
の4つの賞で構成されており、各地域の工場・事業所において、上記のいずれか1つでも優れて自慢できる要素があれば、応募できるのが大きな特徴です。

さて、GOOD FACTORY賞は2011年からスタートし、既に多くの優良工場(*計11社13工場)が受賞していますが、あらためて「GOOD FACTORY」とは何かを考えてみましょう。

◆「隠れた努力」を見い出す

私たちは、今まで品質や生産性が高く、安全な工場がGOOD FACTORYだと考えていたのではないでしょうか。それももちろんGOOD FACTORYの一側面でしょう。ところが、中国をはじめアジアの工場を巡っていると、この高い品質、高い生産性、安全な工場を実現するために、実に様々な表面に現れない努力をされていることに気づかされます。私たちは、この「隠れた努力」に着目したのです。GOOD FACTORY賞の審査を通じて、上述の隠れた努力の内容が少しずつ分かってきました。

代表的なものとして以下の5つがあげられます。
1.ポリシーは譲らない
  経営の軸に揺るぎのないしっかりとしたものづくりの価値観がある
2.たゆみないステップアップ
  常に次を目指してステップアップを継続的に行っている
3.心を開くコミュニケーション
  トップが先頭に立ちコミュニケーションを大切にしている
4.行動を導き出す工夫
  ローカルのメンバーが自ら行動できるよう種々の工夫をしている
5.個と全体を意識する
  トップが個と全体の両方をきちっと見て運営している

この5つは進出国や生産品、事業形態が異なれども工場運営マネジメントを行っていくうえで意識して取り組むべきポイントなのです。

この5月末から2013年度の審査をスタートさせました。
今年もアジア各地域から「隠れた努力」を積み上げてこられた優れた工場が審査に臨みます。

工場長をはじめ、幹部、従業員の方々が緊張した面持ちで自社の活動を熱心に発表される姿は、何度立ち会っても身の引き締まる思いを感じます。

さて、今年も「隠れた努力」を探しに新たな旅が始まります。
暑い夏になりそうです。

※GOOD FACTORY賞:
 http://www.jma.or.jp/mono/factory/index.html参照

コラム バックナンバー

経営の羅針盤28

〜グローバル人材〜 『海外の学修で人材基盤を豊かに』

経営の羅針盤27

〜醸成されつつある新たな市場〜 『「提供する価値」から「関わる価値」へ』

経営の羅針盤26

熱冷めやまぬワールドカップ観戦に思う 『ビジネスリーダーの認識力』

経営の羅針盤25

GOOD FACTORYに学ぶ(1) 『工場の一体化、安全教育、人を大切に』

経営の羅針盤24

ブラジル・ワールドカップに寄せて 『日本の競争力とは何か――』

経営の羅針盤23

これからの人と組織(4) 『変化する企業活動における成長と個人の成長』

経営の羅針盤22

社会人1年目調査にみる事務系社員の揺れる心 『ブラックかホワイトかの議論の前に――若者よ、“額に汗して働こう!”』

経営の羅針盤21

市場創造のヒント 『中国でスパイラル・アップする日本企業経営』

経営の羅針盤20

組織、顧客、社会に向けて誠実な企業を目指して 『行動を問う戦略』

経営の羅針盤19

アジアの優良企業に学ぶ!!(3) 『新興国での工場立ち上げの苦労話』

経営の羅針盤18

これからの人と組織(3) 『「日本企業の経営課題2013」調査からの考察』

経営の羅針盤17

言葉と思考 『イメージをつくる言葉』

経営の羅針盤16

都市生活の未来 『"ハードウェア"から"ハートウェア"へ』

経営の羅針盤15

ラストフロンティアが持つ2つの素顔 『民主化と開発の裏で―ミャンマー・レポート』

経営の羅針盤14

"Measurement"の世界を超える 『シンガポール・ヒューマンキャピタルサミットからの考察』

経営の羅針盤13

組織内時計 『組織の「常識」を疑うことが新たな発見と気づきにつながる』

経営の羅針盤12

日本の強みについて(2) 『続・伊勢遷宮に寄せて』

経営の羅針盤11

ドキュメンタリー映画『もったいない!』を観て 『顧客ニーズと社会問題解決の関係を考える』

経営の羅針盤10

アジアの優良工場に学ぶ(2)!! 『2013 GOOD FACTORY賞5社6工場に決定』

経営の羅針盤09

アジア《共・進化》に向けて 『「借景」でアジア事業を描く』

経営の羅針盤08

これからの人と組織を考える(2) 『変化する「個人と組織・社会」の関係性』

経営の羅針盤07

たくさんの「花が開く」を目指して 『キャリアの「引き出し」を増やす動き』

経営の羅針盤06

組織の存在意義とは 『「である」ことと「する」こと、「し続ける」こと』

経営の羅針盤05

新入社員調査にみる「成長させてほしい」若者たち 『AKB48が次代のイノベーター!?』

経営の羅針盤04

アジアの優良工場に学ぶ!! 『2013 GOOD FACTORY賞審査 いよいよ始まる』

経営の羅針盤03

日本の強みについて 『伊勢遷宮に寄せて』

経営の羅針盤02

日本企業、存立への道 『アジアと共に進化する』

経営の羅針盤01

これからの人と組織を考える 『多様性を受容し、育む』

シナプスな考察07

できるビジネスパーソンの「To doリスト」活用術

シナプスな考察07

別添資料 週間To Do リスト(Excelデータ)
※zip形式の圧縮データを解凍してください。

シナプスな考察06

「グローバル」意識の変化を見る

シナプスな考察05

気づくために「学ぶ」

シナプスな考察04

「社会」と「企業」をどのように捉えるか

シナプスな考察03

社会が求める企業像―日本に安定した雇用を供給しての「日本企業」

シナプスな考察02

グローバルで戦える人材とは

シナプスな考察01

就職活動の準備に際して持っておきたい視点〜自己分析と企業研究を始める前に〜