コラム『経営の羅針盤』

2013年4月24日

1 これからの人と組織を考える
多様性を受容し、育む

日本能率協会 理事 JMAマネジメント研究所 所長
柴野睦裕

◆日本人学生の勝るところ

春は、フレッシュな新入社員が入社し、気分が一新される季節である。日本能率協会(JMA)では、毎年この時期に、新入社員を対象に『会社や社会に対する意識調査』を実施している。また同時に、その上司・先輩にも、新入社員に期待する仕事への取り組み姿勢や育成方法について調査し、双方の意識や関わり方についてのギャップについて分析している(詳細は同調査報告http://www.jma.or.jp/news/release_detail.html?id=204をご参照ください)。

今年の調査結果からみる新入社員の特徴は、「キャリア」や「成長」についての関心が高く「向上心」もあるが、一方で「調和・安定志向」の人が多いという傾向が見受けられることである。

一般的にも、「堅実で安定志向が強いが、社会貢献意識は高い」といわれるゆとり教育世代。ゆとり教育世代の新入社員は、将来への不安が強まる一方の失われた20年のなかで育ち、学校や就活の過程で「仕事やキャリアの開発は主体的に取り組み、そこに自分らしさや自己実現を見いだしていくべき」とのキャリア自律論を刷り込まれてきた人が多いという現実がある。その特質は何か。

JMAの次世代経営者育成プログラムとして定評のある『JMI』の主任講師・三品和広氏(神戸大学大学院教授)からの、「解のある問題は韓国や中国の学生に劣るが、解のない問題を説くのは日本の学生が勝る。また、チームとしてみると、この世代のゼミ生は明らかに変わってきている。それぞれの強みや個性があり、お互いを認め合いながら、ゆるやかなつながりを保ち合う傾向がある」との言葉が印象深い。つまり、創造性があり、多様性を認め合うチームワーク力があると解釈できる。活かし方次第で大きな成長が期待できる世代として捉えるべきではないだろうか。

問題は、受け入れる企業側の新入社員への接し方と育成のしかたである。上記の調査結果で最も懸念される点は、指導・育成方法への双方の期待ギャップであり、新入社員は「仕事について、事細かに教えてほしい」(仕事の意味づけを理解したい)が、上司・先輩は「自分で考えるように仕向ける」(早く自律してほしい)傾向が強いことである。このギャップが解消されないまま進むと、新入社員は退職につながる危険性が高まる。新入社員の仕事観やキャリア観とのギャップをいかに無くす努力・工夫をするか、また良質なコミュニケーションを図れるかがお互いにとっての大事なポイントである。

◆次代に向けて価値創造する

企業として、「志や情熱があり、実行力・行動力がある優秀な人材」を獲得したいことは当然である。新卒採用段階ではこのような優秀な人材は少数派であり、激しい争奪戦となっている。問題は、このような人材を社会として発掘し、育み、いかにして多数派にできるかである。政府は成長戦略の一環として、生産性や人材流動を促す雇用政策や、若者や女性の活躍に期待する人材活性化施策を打ち出している。時代の変化に即して、従来の社会システムを変革し、必要な規制改革を行なうことは政治の役割であり期待したい。

一方、そのような改革を適切な成果に結実できるかが問題であり、その大前提として、多様な価値観を受容しあえる組織や社会に進化しえるかが日本の大きな課題であろう。

企業組織の進化形を音楽で例えるなら、優秀な指揮者のコンダクトのもとでそれぞれのパートを担う演奏家の集団であるオーケストラ型から、個性の強いミュージシャンが全体観のなかでそれぞれの創造性を発揮してストーリーを奏でるジャズセッション型への転換をイメージする。組織調和型から価値創造型への転換である。JMAでは、「個人の成長」と「組織の活性化」と「組織の社会性」を同時に満たし、継続して価値創造する力を持つ次世代組織をつくる運動として『KAIKAプロジェクト』を推進している。

日本もグローバリゼーションの波に否応なく呑み込まれ、社会・経済の大きなパラダイム転換期にある今。企業組織の個人には、キャリア自律が当然のように求められる時代となり、ライバルは日本人以上に貪欲で向上心と専門キャリア志向が強い外国人であり、究極のライバルは自分自身であるとの認識を持たねば勝てない。企業組織には、社会で認められる自社の独自性の発揮が求められ、そのためには、多様な社員それぞれが厳しくも前向きに仕事を楽しみながら、組織やチーム活動を通じて人が育ち成長する喜びが継続して実感できる環境を創り、組織能力を高められなければ生き残れない。

地道に日本の持ち味を活かしながら、多様性を育んでいくことが肝要である。

コラム バックナンバー

経営の羅針盤28

〜グローバル人材〜 『海外の学修で人材基盤を豊かに』

経営の羅針盤27

〜醸成されつつある新たな市場〜 『「提供する価値」から「関わる価値」へ』

経営の羅針盤26

熱冷めやまぬワールドカップ観戦に思う 『ビジネスリーダーの認識力』

経営の羅針盤25

GOOD FACTORYに学ぶ(1) 『工場の一体化、安全教育、人を大切に』

経営の羅針盤24

ブラジル・ワールドカップに寄せて 『日本の競争力とは何か――』

経営の羅針盤23

これからの人と組織(4) 『変化する企業活動における成長と個人の成長』

経営の羅針盤22

社会人1年目調査にみる事務系社員の揺れる心 『ブラックかホワイトかの議論の前に――若者よ、“額に汗して働こう!”』

経営の羅針盤21

市場創造のヒント 『中国でスパイラル・アップする日本企業経営』

経営の羅針盤20

組織、顧客、社会に向けて誠実な企業を目指して 『行動を問う戦略』

経営の羅針盤19

アジアの優良企業に学ぶ!!(3) 『新興国での工場立ち上げの苦労話』

経営の羅針盤18

これからの人と組織(3) 『「日本企業の経営課題2013」調査からの考察』

経営の羅針盤17

言葉と思考 『イメージをつくる言葉』

経営の羅針盤16

都市生活の未来 『"ハードウェア"から"ハートウェア"へ』

経営の羅針盤15

ラストフロンティアが持つ2つの素顔 『民主化と開発の裏で―ミャンマー・レポート』

経営の羅針盤14

"Measurement"の世界を超える 『シンガポール・ヒューマンキャピタルサミットからの考察』

経営の羅針盤13

組織内時計 『組織の「常識」を疑うことが新たな発見と気づきにつながる』

経営の羅針盤12

日本の強みについて(2) 『続・伊勢遷宮に寄せて』

経営の羅針盤11

ドキュメンタリー映画『もったいない!』を観て 『顧客ニーズと社会問題解決の関係を考える』

経営の羅針盤10

アジアの優良工場に学ぶ(2)!! 『2013 GOOD FACTORY賞5社6工場に決定』

経営の羅針盤09

アジア《共・進化》に向けて 『「借景」でアジア事業を描く』

経営の羅針盤08

これからの人と組織を考える(2) 『変化する「個人と組織・社会」の関係性』

経営の羅針盤07

たくさんの「花が開く」を目指して 『キャリアの「引き出し」を増やす動き』

経営の羅針盤06

組織の存在意義とは 『「である」ことと「する」こと、「し続ける」こと』

経営の羅針盤05

新入社員調査にみる「成長させてほしい」若者たち 『AKB48が次代のイノベーター!?』

経営の羅針盤04

アジアの優良工場に学ぶ!! 『2013 GOOD FACTORY賞審査 いよいよ始まる』

経営の羅針盤03

日本の強みについて 『伊勢遷宮に寄せて』

経営の羅針盤02

日本企業、存立への道 『アジアと共に進化する』

経営の羅針盤01

これからの人と組織を考える 『多様性を受容し、育む』

シナプスな考察07

できるビジネスパーソンの「To doリスト」活用術

シナプスな考察07

別添資料 週間To Do リスト(Excelデータ)
※zip形式の圧縮データを解凍してください。

シナプスな考察06

「グローバル」意識の変化を見る

シナプスな考察05

気づくために「学ぶ」

シナプスな考察04

「社会」と「企業」をどのように捉えるか

シナプスな考察03

社会が求める企業像―日本に安定した雇用を供給しての「日本企業」

シナプスな考察02

グローバルで戦える人材とは

シナプスな考察01

就職活動の準備に際して持っておきたい視点〜自己分析と企業研究を始める前に〜