JIS Q 27001(ISO/IEC 27001)情報セキュリティマネジメントシステム:ISMS

マイナンバー制開始に伴い、情報セキュリティ対策がますます求められています!!

今ならお見積りを
ご依頼いただいた方全員に
改定版対応 最新書籍をプレゼント!!

審査の見積り依頼はこちら

お問合せ
03-3434-1446
9:00〜17:00(月〜金・祝日除く)

改定版対応  最新書籍

ITは今や私たちの生活に欠かすことのできない重要なインフラとなっていますが、その利便性の向上とともに、個人情報の大量流出、外部からの不正アクセスなどの事件・事故が多発し、情報セキュリティ対策は喫緊の課題となっています。様々なリスクに対する技術的対策の強化を施すだけでなく、それを扱う社員の運用面・管理面でのルールづくりを整備することが重要です。
JIS Q 27001(ISO/IEC 27001)は、組織が自社で保護すべき情報資産を洗い出し、各情報資産に対して機密性(Confidentiality)、完全性(Integrity)、可用性(Availability)をバランスよく維持し、改善していくことを可能にする仕組みを構築することを目的とした規格です。

■情報セキュリティの3要素(機密性、完全性、可用性)

情報セキュリティ
機密性 許可されていない個人、エンティティ又はプロセスに対して、
情報を使用させず、また、開示しない特性
完全性 正確さ及び完全さの特性
可用性 認可されたエンティティが要求したときに、アクセス及び使用が可能である特性

*「ISMS適合性評価制度の概要」(JIPDEC発行)より

認証取得のメリット

  • 情報資産の取り扱いに対する対外的な信頼感を確保することができる。
  • リスクアセスメントの結果にもとづき、戦略的、重点的な情報セキュリティ対策を施すことで経営資源の適正配布、コスト削減につながる。
  • 情報システムの重大な故障や災害発生時の事業活動の中断に備え、自社の事業継続性を確保する体制を整備できる。
  • 自社に関連する情報セキュリティ関連法令を明確化し、教育を実施することで法令遵守の風土が根付く。
  • 目的の設定、セキュリティ対策への責任と権限を明確化し、社員一人ひとりの責任感が醸成される。
資料請求/見積り依頼はこちら

お問合せ先

一般社団法人日本能率協会 審査登録センター(JMAQA) CS・マーケティング部

[東京(本部)]
TEL:03-3434-1446   FAX:03-3434-2086
E-mail:
[関西事務所]
TEL:06-4797-2247   FAX:06-4797-2248
E-mail:

ページの先頭へ