JMACCの環境経営サービス

HOME > JMACCの環境経営サービス|CSR報告書検証

CSR報告書検証

JMACCのCSR報告書検証

CSR報告書の信頼性を高めるため、検証機関として独立した立場でCSR報告書の記載情報の整合性・妥当性を確認します。

  • 検証は、GRIガイドライン、環境報告ガイドライン(環境省)等の公開されている基準に基づいて行います。*事業者様が適用されているガイドラインに合わせて実施することも可能ですので、ご相談ください。
  • CSR報告書の一部の情報のみを検証対象とすることも可能です。(例;GHG排出量のみの検証など)



なぜ今、CSR報告書の検証なのか?

近年、CSR報告書やCarbon Disclosure Project(CDP)など、企業の情報開示に対する要求が高まってきています。開示する情報に第三者の目を通すことで信頼性が高まり、以下の利点があると考えます。

  • 開示された情報により、投資先決定の判断理由になる流れが生まれています。第三者検証により情報開示の信頼性が高まり、ステークホルダーからの信頼向上、企業評価の向上につながります。
  • 特に、CSR活動で一定の水準を満たしたとみなされた企業はSRI(社会的責任投資)インデックスに銘柄選定され、世界のさまざまなSRIファンドにも組み込まれます。


CSR報告書検証のプロセス

検証プロセスは以下のようになります。また、ご要望に応じて検証報告書以外に、推奨事項等を記載した調査レポート作成も可能ですので、詳しくはお問い合わせください。


お問い合わせ 検証内容についてはこちらにお問い合わせください。
 
事前お打合せ・仕様の確認 検証内容の説明をさせていただきます。また、見積作成が必要な場合は仕様の確認をいたします。
 
見積書作成 見積内容で不明な点がございましたらご連絡ください。※見積書作成までは費用は発生しません。
ご契約 見積書・仕様書の情報をもとに契約締結いたします。
 
検証チームの決定/検証計画作成 担当させていただく検証チームを編成し、併せて検証全体のスケジュールを確認します。
 
CSR報告書・関連資料のご提供 発行予定のCSR報告書(案)及び関連する資料を事前にご提供いただきます。
 
文書審査 CSR報告書の内容について、ガイドライン*に基づいて審査します。審査結果は審査項目ごとにチェックリスト形式でご提示、ご説明します。 *GRIサステナビリティ・レポーティング・ガイドライン等あるいは事業者様が用いているガイドライン
現地審査 事業者様を訪問させていただき、資料確認及びインタビューを行います。
 
CSR報告書の記載内容訂正等のご対応 文書審査、現地審査での指摘事項へのご対応状況を確認します。
 
第三者検証報告書の発行 第三者検証報告書を発行します。


関連リンク

CSR報告書のガイドラインを知りたいかたはこちら

なぜ、企業は温室効果ガス情報を開示?

検証のお問い合わせ・お見積りはこちら

検証審査員募集

PAGETOP