病院・福祉給食セミナー

講演会・セミナーの聴講登録Registration

下記講演会・セミナーを聴講するには該当枠の事前登録が必要です。
すでにセミナー登録・来場事前登録がお済でセミナー追加登録希望の方は、来場者マイページより追加登録をお願いいたします。

プログラムProgram

主催:一般社団法人日本能率協会

対象:管理栄養士・栄養士・調理士向け

  • 聴講無料(一部有料)
  • 事前登録制
  • 定員120名
  • 会場D

※以下プログラムは予定です。発表者の都合により、セミナーの中止またはテーマが変更になる場合がありますのでご了承ください。セミナーは事前登録制となります。来場登録と併せてお申込み下さい。 また、セミナーは重複する時間帯での登録は不可となっており、 一部を除き1日2セッションまでお申込み頂けます。 2セッション以上のお申込みをご希望の場合、 空席がある場合は当日登録にてご参加下さい。 (敬称略)

無 料
11月20日(水)
10:30

11:30
「給食経営の危機」
〜生産性向上及びコスト削減の方策とは
株式会社ミールシステム取締役会長
窪田 伸
窪田 伸 氏
概要を見る

現在のヘルスケア(病院/介護)給食部門を取り巻く環境はとても厳しい状況にある。食事料収入は停滞の中、極度の人手不足、「働き方改革」人件費と食材費の上昇消費税率UP等コスト増を招き給食経営は悪化の一途を辿っている。
一方現場では患者入所者に対する食事提供は個別対応が増加、多品種少量生産により生産性はは更に低下傾向にある。こうした状況を打破するには運営の基本からの見直しが急務であることを進言したい。

11:50

12:50
「法人グループ内コンパクトセントラルキッチン
(1,200食/日)CK事例」
株式会社ミールシステム代表取締役副社長
牧内 早苗
牧内 早苗 氏
13:10

14:10
「外国人技能実習生を活用した厨房運営」
社会福祉法人緑山会セントラルキッチン 周南高原 事業部長
稗田 悟
稗田 悟 氏
概要・講演者プロフィールを見る

セミナー概要 現在、多くの病院福祉施設厨房では食材料費や人件費の高騰で頭を悩ませています。しかし、未曾有の人手不足により、厨房運営の効率化や新しい取組みを実施する事での改善を行う事が出来る状況にありません。そこで、セントラルキッチン・サテライトキッチン双方において、今注目されている外国人技能実習制度を活用し、外国人の方々の元気な力を借りることで、厨房運営の問題点を積極的に改善している事例をご紹介いたします。
講師プロフィール 2012年社会福祉法人 緑山会入社。
セントラルキッチン周南高原事業部長として厨房運営に携わる。

14:30

15:30
「厨房を持たない給食システム」
セントラルシティ病院理事長・院長
木林 速雄
木林 速雄 氏
概要・講演者プロフィールを見る

セミナー概要 病院の給食はその中身、内容は勿論大事だがその部に従事する人、従事する時間などもかなり重要で頭が痛い問題である。朝食の為の早朝の準備の時間、夕食の最後の片付けの時間など他の部署より大変に思われることも多い。病院給食は患者さんの食事への期待も大きいことも充分考慮しながら、最近の労働人口の減少や働き方を考えてみても、厨房、給食をどう改革すべきかは早急に何らかの新しい方策を考えざるをえない現状といえる。
私共は、昭和54年開設で今年満40年となる小病院ですが、早い時期から給食の大変さに危機感を感じ、院内での給食外注化、そして16年前から院外ニュウセントラルキッチン化とした熟慮、決断した道のりを述べたい。
講師プロフィール 東京都城東区(現在の江東区)北砂町で出生
昭和19/4 空襲激化のため東京深川出身の母、姉、本人の3人で知人を頼って岡山の総社へ疎開
昭和20/3/10 の東京大空襲にて父戦災死
そのまま東京へ帰京出来ず、岡山県の総社市にて小、中、高校まで生活。
昭和35/4 岡山大学医学部へ入学
昭和41/4 岡山大学医学部卒業しインターン
昭和42/4 岡山大学医学部第1外科教室入局
昭和43/1 岡山済生会総合病院へ
その後関連病院で修練
昭和46 から岡山大学付属病院
昭和50 医学博士
昭和54/10 岡山市南区築港栄町の現在地に天翔会セントラルシティ病院開設
現在に至り、満40年となる。

PAGE TOP

無 料
11月21日(木)
10:30

11:30
「コンパクト施設のコスト削減を目指す」
〜ニュークックサーブシステム〜
株式会社食域改良研究所 管理栄養士
燒リ 祐香
燒リ 祐香 氏
概要・講演者プロフィールを見る

セミナー概要 「ニュークックサーブシステム」とは、生食材から自動調理をする無駄を省いた画期的な新調理システムです。このシステムでは正確な計量と自動加熱調理により、調理工程が標準化され、調理従事者に専門の知識や技術が無くとも、高品質で再現性のある食事を提供できます。
さらに、食材は一般市場に流通しているものを使用し、厨房機器も少なく済む為、食材費や厨房維持費も抑えられ、コスト削減に繋がります。当日は導入事例を用いながらご紹介します。
講師プロフィール 株式会社食域改良研究所の顧問管理栄養士という立場で、ニュークックサーブシステムを用いたメニュー開発や文献作成の補助等、ニュークックサーブシステムの普及活動に努めている。

11:50

12:50
「安価で良質な食品購入システム」
〜元スーパーマーケットバイヤーに聞く〜
有限会社トルティーノ 代表取締役
中村 徹
中村 徹 氏
概要・講演者プロフィールを見る

セミナー概要 ・身の丈に合った商品調達
 どこから調達することが最も生産性が高いか?
・カミサリー機能の考え方
 どこでどの加工をするか
・食品事故から考えるHACCP
 過去の食品事故から考える
 安かろう悪かろうからの脱却
・商品調達における役割分担
 商社や問屋自社での調達における役割分担を考える
 実際の商品調達例
講師プロフィール 1986年 岐阜大学 農学研究科大学院修了
1986年 ジャスコ株式会社(現イオン株式会社)入社 店舗担当
1992年 兵庫岡山地区商品部乳製品バイヤー
1997年 本社デイリー商品部マネージャー
2004年 スーパーセンター事業商品部フード統括マネージャー
2005年 有限会社トルティーノ設立 代表取締役就任

13:20

14:00
「HACCP制度化と病院/介護給食」
厚生労働省医薬生活衛生局食品監視安全課
HACCP国内対策専門官
岡崎 隆之
14:30

15:30
《パネルディスカッション》
「病院/介護給食経営が危ない」 〜これからの方策〜
【コーディネーター】
株式会社ミールシステム取締役会長 窪田 伸
【パネラー】
セントラルシティ病院 理事長・院長 木林 速雄
聖路加国際病院 栄養科マネージャー 岩間 達子
一般社団法人FOOD&HEALTH 協会ククルテ 代表理事 大部 正代
公益社団法人日本メディカル給食協会 会長 山本 裕康
概要・講演者プロフィールを見る

パネルディスカッション【抄録】 近年医療や福祉の給食現場の人手不足は深刻である。20〜30年前と違い3K (きつい、危険、汚い)の職場改善はかなり進んでいると考える。しかし、女性の雇用率が高い職場であり、産休・育休制度を利用の代替要員の確保も十分でないことも人員不足に拍車をかけている。給食の運営の現状から将来の人・もの・システムの方策を考えてみたい。
木林 速雄 プロフィール 東京都城東区(現在の江東区)北砂町で出生
昭和19/4 空襲激化のため東京深川出身の母、姉、本人の3人で知人を頼って岡山の総社へ疎開
昭和20/3/10 の東京大空襲にて父戦災死
そのまま東京へ帰京出来ず、岡山県の総社市にて小、中、高校まで生活。
昭和35/4 岡山大学医学部へ入学
昭和41/4 岡山大学医学部卒業しインターン
昭和42/4 岡山大学医学部第1外科教室入局
昭和43/1 岡山済生会総合病院へ
その後関連病院で修練
昭和46 から岡山大学付属病院
昭和50 医学博士
昭和54/10 岡山市南区築港栄町の現在地に天翔会セントラルシテイ病院開設
現在に至り、満40年となる。
岩間 達子 ディスカッション概要 現在、当院の病院給食は全面委託ですが、人手不足による管理費の値上げがあった。入院患者からの個人対応のニーズも多く、より給食業務が複雑になっている。今後の病院給食を継続するため、コンサルト、病院事務部門も加わり、給食業務改善プロジェクトを立ち上げた。
「心と身体が癒される食事」をコンセプトに患者さんに喜んで頂け、働く側もやりがいのある病院給食を目指し、模索している最中である。
岩間 達子 プロフィール 実践女子大学家政学部食物学科卒業、聖路加国際病院栄養科入職、8年目栄養科主任。11年目退職。専業主婦、戸塚ロイヤルクリニック非常勤勤務後、聖路加国際病院栄養科に復職。マネジャーに就任。
大部 正代 プロフィール 35年間の病院勤務、その後10年間、大学において管理栄養士の教育に携わり実務に強い管理栄養士の必要性が求められていることを肌で感じるが、フードマネジメントに強い管理栄養士・栄養士の育成には現状のカリキュラムでは限界があることを痛感している。経験を生かしバランスのとれた管理栄養士・栄養士の育成に力を注ぎたい。

PAGE TOP

有料
ご賞味会ご参加費用込み 5,000円

(1部・2部・3部合計の参加費となります。)
※42名様限定

セミナーのみ参加費用 3,000円

(1部と3部のみの参加費となります。)

※事前登録後、新調理システム推進協会事務局より請求書が届きます。
11月22日(金)
新調理システム推進協会企画セミナー
「最新のニュー・クックチルシステムによる、HACCP導入と美味しく省人化対策」
11:00

12:20
【講演】
「HACCP+省人化=感染症食中毒予防対策=令和のニュー・クックチルシステム」
一般社団法人新調理システム推進協会 事務局長
ニチワ電機株式会社 専務取締役
コンサルティング部長
西 耕平
西 耕平 氏
概要を見る

平成のニュー・クックチルシステムから令和の新時代へ。
HACCP制度化と省人化対策について、調理科学の視点で新しく誕生した新技術により、感染症食中毒予防対策の下で、給食運営を力強くサポートする「令和のニュー・クックチルシステム」について解説致します。

12:20

13:20
《ご賞味会・限定42名様》
「近未来食器と、全ての料理に対応する、スチコン式再加熱カートによる、
令和のニュー・クックチルご賞味会」
松花堂弁当(メニューは一部変更します)
ご飯、煮物、焼き物、揚げ物、介護食、汁椀
新調理システムによる料理レシピ(SOP)冊子付
 松花堂弁当
13:20

15:30
《パネルディスカッション》
「ニュー・クックチルを活かし、病院経営を健全化するポイントとは」
社会医療法人 鴻仁会 最高経営責任者
岡山中央病院 副院長 兼 医療安全管理室 室長
渡邉 伸作
渡邉 伸作 氏
順天堂大学医学部腎臓内科学講座特任教授
順天堂大学医学部附属順天堂医院栄養部長
堀越 哲
堀越 啓 氏
日本給食経営管理学会 常任理事
日本女子大学家政学部食物学科 教授
松月 弘恵
松月 弘恵 氏
一般財団法人竹田健康財団 竹田綜合病院
栄養課管理栄養士 給食管理マネジメント室 室長
黒岩 敏
黒岩 敏 氏
株式会社第一食品 専務取締役
小宮 仁
 小宮 仁 氏
司会:西 耕平

PAGE TOP

PAGE TOP